オヤジローディのヘタレ奮闘記

2011年の8月の終わりにFELT F5を手に入れ、ロードバイクを始めました。

自転車歴は長いのですが、のんびり走るのが好きなのでクロスバイクやランドナーに乗ってましたが、急にロードバイクに目覚めてオヤジローディに変身(/^o^)/

現在所有の自転車
NEILPRYDE BURA-SL
NEILPRYDE BURA-SL
NEILPRYDE ALIZE(ニールプライド アリーゼ)
NEILPRYDE ALIZE
NEILPRYDE ZEPHYR(ニールプライド ゼファー)
NEILPRYDE ZEPHYR
LAPIERRE XELIUS
XELIUS EFI ULTIMATE
OPUS ALLEGRO
OPUS ALLEGRO
CENTURION
CENTUION CLOSSLINE
SCHNEIZER MU01
SCHNEIZER MU01
ミルク&琥珀
ミルクと琥珀

最長距離は260km/日。300km/日が目標です。そのうちブルベに挑戦したいと思ってます。

適度に更新しますのでよろしくです(^^)

CUBEはドイツの自転車ブランド

スポンサードリンク
   


CUBEという自転車メーカーを知ってるでしょうか。ドイツのバイクメーカーです。ドイツといえばFELTが有名ですが最近ではCANYONもかなり知名度が上がってます。

ところでこのCUBEのHPを調べましたが日本語サイトはありますが、なんか様子がおかしいんですよね。日本では塩野自転車が輸入代理店のようで本社は大阪府堺市にあります。塩野自転車を調べたらスポーツ事業部というのがあって、CUBE以外ではKEMOも取り扱ってるようです。でもサイトが日本語ではなく英語。なんともよくわからない状態ですが自転車そのものは良さそうに見えました。なのでちょっと気になってます。




SCHNEIZER MU01で蒲郡ライド

スポンサードリンク
   


12/11はSCHNEIZER MU01で蒲郡の辺りをのんびりとサイクリング。多分今年はこれが最後のライドになるだろうな。

ヤフオクでかなりお安く手に入れたSCHNEIZER MU01。しかし、値段から考えたら十二分すぎるほどの楽しさが味わえる。軽やかなペダリング。体感スピードの高さ。とにかく楽しい。

さて、まずは蒲郡のラグーナテンボスを目指して走るのだがここまでの道がとにかく走りにくい。特にラグーナテンボスの手前5kmくらいは交通量が激しい上に道が狭くまた舗装もかなり傷んでいてはっきり言って嫌いな道である。

なるべく裏道を行くようにしてラグーナテンボスまで来た。
蒲郡ライド
ラグーナテンボス前の臨海公園。整備がかなり進んできれいな公園になっていた。
蒲郡ライド
ラグーナテンボスの観覧車が後ろに見える。

ラグーナテンボスからは幡豆のこどもの国目指して走行。それにしてもSCHNEIZER MU01は車重は結構あるのに(ペダル込みで11.5kg)ペダリングが楽で軽やかに進む。実際のスピードは大したことはないのだが体感的には結構なスピードに感じて楽しい。乗り心地もクロモリらしくしなやかさを感じる。何よりもカーボンのロードバイクのように速く走らねば、という強迫観念にも似た感情を感じずに済むのがとても楽w

こどもの国をぐるりと廻るように走って西浦まで行き後は道なり戻るコースに。
蒲郡ライド
西浦にて
蒲郡ライド
蒲郡ライド
トビが気持ちよさそう。その後も目の前1mくらいのところまで迫ってきて迫力。気持ちよさそうに飛んでいる。

蒲郡ライド
蒲郡ライド
帰り道中に立ち寄った伊奈城跡。

行きは向かい風だったので帰りは追い風。時に30km/h位で走って家に無事到着。80kmほどののんびりライドだがこの程度が自分には向いてるかなあ。楽しかった。





ナチュラルレーシングのPENNAROLA RC-3

スポンサードリンク
   


さて、久しぶりの気になるロードバイクの記事を書く。今回の気になるロードバイクはPENNAROLA RC-3。
これ↓

NEILPRYDE BURA-SL
画像元:cyclessports.jp

試乗したことはおろか街中で見かけたこともないロードバイクだがペンナローラの名前は知っている。デザイン的にかっこいいロードバイクを送り出しているブランドである。実際にRC-3もかっこいい。直線基調のシンプルなデザインで現在乗っているOPUS ALLEGROに何となく似ている。

ナチュラルレーシングというだけあって乗りやすいそうだ。どっかに試乗車がないかな。