オヤジローディのヘタレ奮闘記

2011年の8月の終わりにFELT F5を手に入れ、ロードバイクを始めました。

自転車歴は長いのですが、のんびり走るのが好きなのでクロスバイクやランドナーに乗ってましたが、急にロードバイクに目覚めてオヤジローディに変身(/^o^)/

現在所有の自転車
今じゃ増えに増えてロードバイク完成車が6台、フレームが2台、MTBっぽいクロスバイクが1台。体は一つしか無いのにねえw
NEILPRYDE BURA-SL
NEILPRYDE BURA-SL
NEILPRYDE ALIZE(ニールプライド アリーゼ)
NEILPRYDE ALIZE
NEILPRYDE ZEPHYR(ニールプライド ゼファー)
NEILPRYDE ZEPHYR
LAPIERRE XELIUS
XELIUS EFI ULTIMATE
OPUS ALLEGRO
OPUS ALLEGRO
SUPERSIX EVO
SUPERSIX EVO
BASSO VENTA
BASSO VENTA
COLNAGO ACE
COLNAGO ACE
CENTURION
CENTUION CLOSSLINE
ミルク&琥珀
ミルクと琥珀

最長距離は260km/日。300km/日が目標です。そのうちブルベに挑戦したいと思ってます。

適度に更新しますのでよろしくです(^^)

鈴鹿8hエンデューロ

スポンサードリンク
   


去る11/23に今年2回目のレースに出ました。1回目は7月のツール・ド・新城 3時間エンデューロ。この時は2人と3人の2チームで参加。自分は2人チームだったので約1時間半走った。

そして今回は初の鈴鹿。以前から一度は出てみたいと思っていたがツール・ド・新城で一緒に走ったヒロト君からのお誘いでヒロト君の知り合いグループの一員としての3人チームでの参加。

171123鈴鹿8hエンデューロ_IMG_7297.jpg

鈴鹿サーキットは車とは逆向きで走るのだがホームストレートは見た目は平坦だが走ってみると5%くらいの上り坂。その他にも結構アップダウンがあってハード。特に自分はどうも5、6%の上り坂が苦手のようでホームストレートでは大失速w。 8%以上の上りはそんなに抜かれることはないのだが・・・・。

171123鈴鹿8hエンデューロ_IMG_7301.jpg

結局一人で3時間位走って15周。1周5.8kmだから約87km走った。最初の4周はAVG 30.5km/hだったが徐々に失速。最後の3周は23km/hと全然走れなかった。風は強いし、寒いしで一緒に走った方たちもこれほどの悪コンディションは初めてと言っていた。

まあ、出張や取引先との会食が続いて体は重いし練習は足りてないしで仕方がないのだが、それでもやっぱりに遅いよなあ・・・・orz
でもまあ、きつかったけど楽しかった。来年も出てみたい。ちなみにバイクはキャノンデールスーパーシックズエボ。

こういうイベントは他人のロードバイクが見れて楽しい。多かったのはアメリカ3大ブランドのトレック、スペシャライズド、キャノンデール。そしてピナレロ、ジャイアントなども多かった。意外と見なかったのがフェルトかな。今回は乗らなかったけど自分のお気に入りのニールプライドは全く見なかった。

そういえばママチャリ部門もあったけどママチャリでも速い人は速いんだね。結構抜かれたよwww

171123鈴鹿8hエンデューロ_IMG_7305.jpg
鈴鹿8hエンデューロ




BOMA Ciel(シエル)の試乗インプレ

スポンサードリンク
   


お次はニューカマーのBOMA シエル。BOMA史上最軽量とのこと。480mmのフレームセットで1135gだそうだ。

うーん、ボーマらしく尖ったところがなく可もなく不可もなくと言った感じ。図抜けていいところは無いがかといって駄目なところもない。

以前、BOMAのREFALEに乗ってたけどよく似た感じで乗りやすいが特に良いというところもない。けなしているわけではない。全体的にバランスが取れているということ。

但し軽いだけあって加速はよい。もちろん上りも軽量さを活かして結構行けるだろう。しかしその分高速域での伸びがいまいちない感じ。もっともこれはホイールでなんとかなると思う。適度な硬さで乗り心地は試乗一台目のCHAPTER2 BIKEのTEREに似ている。感想としては前述したように全体的にバランスが取れていて扱いやすい。芯がしっかりとした感じで乗りやすいバイクだ。

BOMA シエル
BOMA シエル




CHAPTER2 BIKE TERE(テレ) 試乗インプレ

スポンサードリンク
   


試乗一発目はCHAPTER2 BIKE TERE(テレ) 。知らない人もまだまだ多いようだけどブースは結構人がいた。

CHAPTER2 BIKE
CHAPTER2 BIKE TERE(テレ)


CHAPTER2 BIKEはもとNEILPRYDE BIKEの創業者のマイク・プライドがニールプライドを手放して新しく起ち上げた新ブランド。ブースには本人とニールプライド創業者のニール・プライド(マイク・プライドのお父さん)とニールプライドのエピックライダーを務めていたマイキーことマイケル・ライスさんと元気なお姉さんのグレンさんがいてニールプライド時代と同じ布陣w

Tシャツにマイク・プライドとニール・プライド氏のサインをしてもらった。私ニールプライドのバイクを3台持ってるほどのニールプライド好き。だからこのCHAPTER2 BIKEのTERE(テレ)はすごく気になっていた。

なのでマイケル・ライスさんとは知り合いで少し話をしたら売れ行きは好調みたい。早速乗ってみたけどフレーム重量はイマドキのロードにしては重め。でも走りは軽やかで快適。BURA-SLより出足の加速は劣るが伸びは鋭い。ペダリングが軽いので上りも行けそう。試乗コースは室内半分、屋外半分という設定で屋外に出た時に若干の向かい風だったが向かい風には強い感じがした。他の市場したバイクと比べても屋外の向かい風は走りやすかったしね。乗り心地はコンフォートバイクとまでは言えないがまずまず。

マイキーいわくトライアスロンで90km走ったときは平均42km/hで走りきれたそうだ。ニールプライドのバイアモよりも速かったと言っていた。なかなかいいバイクです。デザインは好み。BURA-SLとALIZEを足して2で割ったようなバイクだった。いいね、これ。

CHAPTER2 BIKE
こちらが自分が乗ったTERE。デザイン、カラーともに好み。