サイクルモード - オヤジローディのヘタレ奮闘記

COLNAGO C-RS試乗インプレ in 2017浜名湖大試乗会

スポンサードリンク
   


最後は初めて乗るCOLNAGOのC-RSという2017年からのモデルです。

COLNAGOと言えばイタリア3大ブランドのひとつです。しかし、今まで全く乗る気がしなかったので今回初試乗です。世間で言われてるいるように本当にいいのか? あまり期待せずに乗ってみましたw

COLNAGO C-RS

見た目は直線基調のデザインで好みです。カラーリングもさわやかで気に入りました。
さて、試乗した感想ですが・・・・・ん? (; ̄ェ ̄)

いい!超絶いいw
このCOLNAGO C-RSですがネットで調べたら初心者から中級者向けのモデルとなってますが、ほんとか?上級者が乗っても大丈夫だろ、と思うほどよかったです。加速はいいし、巡航も得意そうだし、上りもいけそうだし、スタッフはレースモデルと言っていたけど乗り心地もいい。ステアリングがほんのりと弱アンダーステアに感じられたくらいでこれは慣れの範疇です。いやいや、さすがCOLNAGOと思っちゃいました。これほどよくて105モデルで27万とは。この間の名古屋サイクルトレンドでCANNONDALE SUPERSIX EVO Hi-modがかなり気に入りましたが、これはそれを上回りました。本当に欲しくなりました。

さて、会場に着いた時間が遅かったのと天気も悪いし肌寒くなってきたので試乗はここまでにしました。スタート地点からこの浜名湖ガーデンパークまで27キロ。浜名湖を一周すると50キロなのでハマイチコースで帰りました。

それにしても最近のロードバイクはどれも当たりが多いです。自分がロードバイクに乗り始めた2011年頃のハイエンドが今のセカンドグレードくらいに思えます。正直最後のCOLNAGO C-RSは本当に気に入りましたが、他の3台と比べるとその差は微々たるものです。もちろん個人の好みがありますから人によって感想は様々ですけどね。以前は試乗をするとがっかりするのも有りましたが最近はほとんどないですね。どれを選んでも後悔はなさそうです。

参考試乗インプレ:
COLNAGO C-RS試乗インプレ


SCOTT FOIL30試乗インプレ in 2017浜名湖大試乗会

スポンサードリンク
   


SCOTT FOIL30の試乗インプレです。
これは昨年の名古屋サイクルトレンドで乗りましたので2回目です。前回同様、伸びのある加速でエアロロードらしさを感じます。その上乗り心地もいいです。ただし、ステアリングは弱アンダーステアです。今回のU字コーナーはどのコーナーでも狙ったラインより膨らみました。その代わり直進性は良さそうです。

伸びのある加速感が気持ちよく平坦路は楽しいと思います。今回試乗した4台の中でも加速は一番良かった。上りもいけそうな感じです。これもいいロードバイクでした。

SCOTT FOIL30



GUERCIOTTI SX50(グエルチョッティSX50)試乗インプレ in 浜名湖大試乗会

スポンサードリンク
   


お次はGUERCIOTTI SX50の試乗インプレです。GUERCIOTTIそのものに初めて乗ります。

GUERCIOTTI SX50
このGUERCIOTTI SX50はロングライド向けモデル。正直なところ GUERCIOTTI には全く興味がなく車種すら知らないのでスタッフにロングライド向けのものを頼んだらこのSX50を勧められました。サイズ的にもピッタリだし。

試乗した感想はこれまたよかった。RL9に似た感じで加速がよく乗り心地もいい。ただし推進力という点ではRL9に若干劣る感じがしたし、ステアリングも弱アンダーステアです。

フレーム価格が\230,000とRL9とほぼ同額で、スタイリングもいいし、それにGUERCIOTTIのロードバイクは見かけたことがないので他人とかぶるのが嫌な人にはいいかも。自分としては同じコンセプトなのでRL9を選ぶけど。でもほとんど性能差はない感じがした。これまたおすすめです。





2017浜名湖大試乗会 ANCHOR RL9試乗インプレ&ハマイチ

スポンサードリンク
   


去る3月25日は午前中は娘の高校入学の用意でつぶれたが、午後からは浜名湖ガーデンパークで昨年に続き開催された2017浜名湖大試乗会に出かけた。

その前に会社へちょっと寄って蜜蜂と花壇のお世話。そして車で浜名湖と猪鼻湖のドライブインみたいなところへ行き、そこで車を止めてクロモリロードのSCHENEIZER MU01で大試乗会の会場へ出発。

2017浜名湖大試乗会

2017浜名湖大試乗会
いつもの撮影スポットでそそくさと写真を撮り、時間もあまりないので浜名湖ガーデンパークへ急ぐ。ところでこのSCHENEIZER MU01は重量が11.5kgもある。そのせいか乗り心地はクロモリらしさを感じられて気持ちいいが平坦路ではカーボンロードのように軽快には走らない。上りにいたってはさらに重さがものをいって厳しい。というわけではなく、何故か上りは軽快。スルスルと登っていく感じでこんな感覚は所有している他のロードバイクで味わったことがない。実際、道中でカーボンロードに簡単に抜かれたのだが上りで追いついてしまい、抜いていったカーボンロードのお兄ちゃんがびっくりしていた。なんか悪い気がしたので抜き返すのをやめたw
もっとも下りになったらあっという間に引き離されたけどね。

会場に到着〜。試乗の誓約書にそそくさとサインをして、いざ試乗へ
2017浜名湖大試乗会

2017浜名湖大試乗会
試乗コース。

ANCHOR RL9
まずは名古屋サイクルトレンドで乗らなかったANCHOR RL9。これがまたRL8からかなり進化していると感じた。昨年のRS9から導入したPROFORMAT技術をこのRL9にも使っているとのことだが、本当によく進む。入力した力がそのまま損なわれることなく推進力に変わっている。気持ちいい加速と走行感。これRL8から進化したというより新しく開発された新ラインという感じ。このコースはかなりタイトなカーブというかU字コーナーが連続しているのだが、狙ったとおりに回れる。ステアリングが素直で安定していてコーナーリングがかなり楽しい。このRL9は本当にいい。フレーム価格\220,000。すごくお買い得だと思う。

あと、試乗したのはGUERCIOTTI SX50、SCOTT FOIL、COLNAGO C-RSの計4台。他のロードバイクの試乗インプレは次回以降に・・・(^_^)/~



FUJI TRANSONIC ELITE試乗インプレ

スポンサードリンク
   


試乗インプレ第四弾はFUJI TRANSONIC ELITEです。2台続けてFUJIです。
エアロらしい伸びやかな加速感が味わえます。と同時にこれまたエアロらしく縦に剛性が高くて最近のロードバイクの中では割りと縦に振動が来ます。大きなギャップには弱いです。平坦の高速巡航は得意でしょう。フレーム価格が\240,000とかなりお値打ちです。コスパはかなり優れてます。形状が好みなら買いだと思います。

FUJI TRANSONIC ELITE
FUJI TRANSONIC ELITE


参考試乗インプレです。
FUJI TRANSONIC ELITE試乗インプレ



FUJI SL ELITE試乗インプレ

スポンサードリンク
   


FUJI SL ELITEの試乗インプレです。自分の中ではFUJIと言えばALTAMIRAがお気に入りです。そのALTAMIRAの流れを組むSL ELITE。

踏み出しが軽くて加速がいい、乗り心地もよくてギャップのいなしも中々にいいが自分としてはCANNONDALE SUPERSIX EVO Hi-modの方が上に思えた。ま、値段もあちらのほうが上なんでね、FUJI SL ELITEはフレーム価格が\250,000とお値打ち。これほどのフレームが20万円台なんてねえ。FUJIのコスパはGIANT並ですな。

個人的にはCANNONDALE SUPERSIX EVOが好みですがこのSL ELITEもかなりいいです。デザインはかなり気に入ってます。

FUJI SL ELITE
FUJI SL ELITE


参考インプレ:
FUJI SL ELITE インプレ



CANNONDALE SUPER SIX EVO Hi-modの試乗インプレ

スポンサードリンク
   


2台目はCANNONDALE SUPER SIX EVO Hi-modです。実は以前Synapseは乗っていたのですがSUPER SIX EVOは初めてです。Synapseは乗り心地が抜群でした。自分が乗った中でも一番良かった。しなりを活かしてヒュンヒュン進む感じでとても乗りやすかった。

さて、Hi-modが2016年にモデルチェンジしたので今年のEvoはSTD-modがモデルチェンジしてます。ネット上のインプレを見るとぱっと乗った感じではHi-modとSTD-modの違いがあまりなくて、STD-modの出来がとても良いとの話だったのでSTD-modに試乗したかったのですが、なかったのでHi-modに乗りました。

名古屋サイクルトレンド

乗ってΣ( ̄。 ̄ノ)ノですわw
これ今まで乗った中でも自分にとっては最高の1台です。軽やかなペダリングと加速、そしてエンデュランスでは無いのに抜群の乗り心地。まさに地を這うようなスタビリティ。これは本当に気に入った。もちろんHi-modとSTD-modに違いはあるでしょうが、恐らく自分にはどちらでも大差ないでしょう。スタッフの人に聞いたらロングライドメインならSTD-modの方が乗り心地がいいのでこちらで十分と言ってました。

そのSTD-modの値段を調べてみると今年からTiagraモデルがラインアップしてあり、これがなんと199,000円と驚きのプライス。しかもカラーリングも好み。これ買ってコンポとホイールを手持ちのものに変えればさぞかし気持ちの良い1台に仕上がるだろうなあ。欲しいなあ。

10点満点中10点です。



SPECIALIZED TARMAC SL4 SPORT 試乗インプレ

スポンサードリンク
   


SPECIALIZED TARMAC SL4 SPORTの試乗インプレです。
昨年(だったかな?)モデルチェンジしたTARMAC SL4。呼び名こそ変わってませんがまるで別物との評価をまま見受けます。非常に乗りやすくなったとか。

3年くらい前にSPECIALIZED TARMACを試乗しましたが固いのなんの。道路のギャップに乗り上げようもんなら脳天まで来るほどカツンと来ました。腰痛持ちの自分には腰が辛かったですw 
もっともVENGEはもっとすごかったですけどね。

名古屋サイクルトレンド
TARMAC SL4 SPORT


さてさて新型TARMAC SL4 SPORTですが乗りやすいの一言。出足は軽やか。コース上にはでこぼこした鉄板の蓋が敷いてある部分があるのですがあえてそこを走ってみました。乗り心地もいい。あまり振動が伝わってきません。そしてコード保護のカバーを乗り越してもさほどショックがありません。これはいいです。カラーリングも好みです。塗装の仕上げもいいですねえ。

構成はコンポが105 5800、ブレーキはTiagraです。クランクはPraxis Alba、ホイールはAxis Eliteです。です、と言ってもこのクランクとホイールはよく知りませんw ホイールは恐らく鉄下駄だと思いますが。

ホイールは結局交換することになるでしょうからこれでいいでしょうね。しかし、これだけのロードバイクが20万とは驚きです。とりあえずホイールとブレーキとタイヤを変えればかなり走るバイクになります。正直試乗一発目ですがこれで十分だと思いました。今はハイエンドを狙うよりセカンドグレードを買って自分好みにいじった方がいいような気がします。TARMAC SL4 SPORT 気に入りました。

10点満点中8点です。




名古屋サイクルトレンド2017

スポンサードリンク
   


名古屋サイクルトレンド2017に行ってきました。去年はロードに乗り始めてずっと行っていたサイクルモードに行きませんでした。幕張メッセまで遠いのでめんどくさかったのと名古屋サイクルトレンドが2017年も開催されることを知っていたので。

なので色々と気になるロードバイクの試乗のために名古屋サイクルトレンド2017に行ってました。今年も昨年とほぼ同じメンバーなんですが、一人痔主(ぢぬしw)になってしまって自転車に乗らなくなったので3人でした。しかもそのうちの一人ノッチさんが趣味の剣道で腕に突きをくらってヒビが入ってしまって試乗は出来ず。結局試乗はアディダスと二人だけ。年々寂しくなる自転車部ですwww

試乗インプレは次回から書きます。

名古屋サイクルトレンド
SPCIALIZEDブース


名古屋サイクルトレンド2017年
PINARELLOブース


名古屋サイクルトレンド2017年
CANNONDALEブース


名古屋サイクルトレンド2017年
SHIMANOブース




CIPPOLINI BONDのインプレ

スポンサードリンク
   


名古屋サイクルトレンド2016の試乗の最後はなんとCIPPOLINIのBOND。まさかCIPPOLINIに乗れるなんてねー。これはメーカー出展によるものではなくてY'Sロードさんが出してました。

期待が高かったのですが予想以上にもっさりしてました。Y'Sロードさんはフレームの良さを感じ取ってもらいたいということでホイールをかなり低グレードのものにしてました。どうもこれが足を引っ張ったようで良くなかったですねえ。デザインは良いのですが・・・・・。自転車部の他の面々も同様にイマイチと言ってました。

CIPOLLINI BOND



SCOTT ADDICTのインプレ

スポンサードリンク
   


SCOTT ADDICTのインプレです。乗る気はなかったですがFOILの試乗の後に人が少なくてすぐに乗れました。

FOIL同様これも良かった。こちらは軽くてFOILよりも更に加速がよくヒルクライムには持って来い、という感じでした。乗り心地も悪くなくてロングライドもいけそうです。ただしちょっと軽いがゆえに高速巡航は苦手そう。もっともホイールを変えればそれも問題無いでしょう。SCOTTはこのADDICTもFOILもどちらも良かった。おすすめです。

SCOTT ADDICT



SCOTT FOILのインプレ

スポンサードリンク
   


SCOTT FOILのインプレです。SCOTTのFOILといえばエアロ形状の定番のカムテールを最初に取り入れたエアロロードです。そのFOILがフルモデルチェンジをしてデザインが大幅に変わりました。個人的には前のデザインのほうがすっきりしていてカッコ良かった。

さて乗った感じはこれがまたごついデザインに反して振動吸収性はいいし加速はいいし高速巡航もよさ気だし、いいエアロロードバイクです。

SCOTT FOIL

BH G6 PROのインプレ

スポンサードリンク
   


BHのG6 PROのインプレです。インプレ記事を読むとかなりの高評価ですが、個人的にはちょっと硬くて振動を拾いやすいなあと感じた以外、特に感想もなくフツーに思えましたw

デザインは骨太でかっこ良かったです。

BH G6 PRO



TREK MADONE9.2のインプレ

スポンサードリンク
   


TREK MADONE9.2のインプレです。TREKは人が多いだろうと予想して避けてましたが、近くを通ったら意外と少なかったので試乗しました。新型のMADONEです。今までのオールラウンダーから完全にエアロに移行しました。

このMADONE9.2はH2フィットです。すなわちヘッドチューブが長めで乗りやすくしてあります。値段も他のモデルより安いですが、それでもアルテグラで65万と結構いってますw
フレームセットでも55万。ちなみにハイエンドモデルは165万です。かなりいいオートバイが買えますねwww

乗った感想はと言うとこれがまたいいです。普通エアロって縦剛性が高くなりがちで下からの突き上げが結構来るものなんですが、このMADONEはDOMANEのISOスピードを組み込んでいて乗り心地はすこぶる快適。それでいて速い。扱いやすいし個人的には骨太な感じで好きなデザイン。うーん、いいです。

MADONE9.2



FELT Z5のインプレ

スポンサードリンク
   


FELT Z5のインプレです。FELTのZシリーズはオールラウンダーのレースモデルのFシリーズに対して乗り心地を高めたロングライド向けの位置づけです。以前から一度乗ってみたいと思ってましたがようやく乗ることができました。

さて、のった感じはFシリーズに負ける劣らずよく走ります。十分レースにも使えそうですし何より上りはこのZシリーズのほうが行けそうな感じでした。そのことをスタッフに方に言ったら、その方はヒルクライムレースはZで走ります、と言ってました。やっぱりね。個人的にはZ5はオールラウンダーだと感じました。良いバイクです。

FELT Z5



FELT F5 インプレ

スポンサードリンク
   


FELTのF5です。エントリーモデルにおいて優れたコストパフォーマンスを発揮している定番中の定番のエントリーモデル。自分も一番最初のロードバイクがこのF5でした。

相変わらずの乗り心地の良さ。そしてカラーリングのかっこよさ。改めて良いバイクだと思いました。加速性はやっぱりハイエンドモデルと比べるとイマイチですが、ロングライドにはもってこいです。全体にバランスの取れた良いロードバイクです。

FELT F5

NEILPRYDE BURA-SL(2016年モデル)のインプレ

スポンサードリンク
   


NEILPRYDE BURA-SL 2016年モデルのインプレです。これは自分も乗っているBURA-SLの新型です。フレームの応力を見なおして重量を増やさずに剛性をアップし、フォークをわずかながらベントして乗り心地の向上を図ってます。

乗ってびっくり。これは今回の名古屋サイクルトレンドの試した試乗車の中で一番良かった。今持っているモデルよりも更に良くなって加速はさほど変わりませんが乗り心地がよくなってました。なんというか今までのBURA-SLにZEPHYRのしなりが組み合わさった感じです。しなりを上手に使うとかなり走ります。欲しくなりましたw

NEILPRYDE BURA-SL



FUJI SL1.1のインプレ

スポンサードリンク
   


FUJI SL1.1はオールラウンダーのハイエンドモデルです。フレーム重量695gと超軽量。

ALTAMIRAの評判が良かったのでかなり期待してました。やはり軽さからくる加速の良さが特徴。ALTAMIRAは乗り心地が良かったようですが、SL1.1は良いには良いですがちょっとコツコツと来ます。よく考えれば道路の状況をしっかりと教えてくれると言えます。

特筆すべきはその値段。フレームセットで26万。他のブランドでこれほど軽量なフレームなら恐らく35万はするはずです。驚愕のプライスです。コストパフォーマンスはかなり優れているといえますね。

FUJI SL1.1

FUJI SL2.5

スポンサードリンク
   


FUJI SL2.5はハイエンドのSL1.1に次ぐセカンドモデル。見た目はSL1.1と殆ど変わりません。

加速性は若干もっさり。乗り心地はまずまずでしたが、特に記憶に残るものは感じずちょっと期待はずれ。

FUJI 2.5SL

KHS FLITE760のインプレ

スポンサードリンク
   


KHS FLITE760のインプレです。フレーム形状が良かったので気になって乗ってみました。特に感じるものもなく至って普通で面白くなかったですw

KHS FLITE760