SYNAPSE - オヤジローディのヘタレ奮闘記

自転車部伊良湖岬

スポンサードリンク
   


1/31は自転車部の走行会。今年初のライドでした。行き先は伊良湖岬。今回は初参加が2名。そして自分とアディダスくんの計4名の小規模走行会。

白谷海浜公園に9:30に集合してそれぞれの自転車をチェック。今回のお供はCANNONDALE SYNAPSE.10:00頃に出発。今回初参加の2名の自転車は借り物。自転車部にある余剰ロードバイクで走りました。1台はGIOSのクロモリロード。もう一台はアルミフレームのカーボンバックとカーボンフォークのノーブランドロードバイク。こちらはクランクの回転がちょっと渋い。

走行距離は60km弱と少なめでしたが、風邪が強くしかも海岸に近いのでとにかく寒かった(-_-;)
そんな中クロモリロードに乗ってるH田君が速いΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

自転車部伊良湖岬
手前の激坂を登り切ると絶景(^^)

伊良湖岬手前の15%超えの坂も全く遅れず付いてくる。普段からバスケをやってるみたいで体つきは細マッチョ。速いだろうとは予想してましたがこれほどとは。現時点で同じロードバイクに乗せたら自分より速いだろうな。ついに部長交代の時がやってきたかw
それともいっそ入部は認めずに部長を続けるかwww

もう一人のH川君も体幹がしっかりしてそうで軸がぶれずにきれいなペダリングをするし、3月の豊橋の耐久ロードレースに出してみるか。こちらのH川君はロードバイクを買う気満々。メンバーが増えるというのはいいことだ。社外部員も含めてこれで16名かな。結構な大所帯になってきた。

バイクリンク: http://cyclemeter.com/03e848b44eab0c70/Cycle-20150131-0946
インポートリンク: http://share.abvio.com/03e848b44eab0c70/Cyclemeter-Cycle-20150131-0946.kml
バイクタイム: 2:37:35
停止時間: 2:58:57
距離: 59.26 km
平均: 時速 22.56 km
最高スピード: 時速 54.03 km
登り: 177 メートル
降り: 161 メートル
カロリー: 1272


SYNAPSEの振動吸収性

スポンサードリンク
   


この間自転車部のアディダス君のゼファーに乗りました。以前にも乗せてもらったことがあるんですが今回は自分のSYNAPSEとの違いを見るために乗り比べてみました。

ゼファーがヤフオクで安く出てた上に値下げ交渉もあって、ダメ元でお願いしたかなりお得な金額で購入出来ました。ただし自分のはSサイズ。アディダス君のはMサイズで自分のゼファーが届くまでにとりあえずSYNAPSEを基準に乗り比べ。

まずはアディダスくんのゼファーです。本当は同じサイズで比べないとダメなんですが、アディダス君のゼファーのフレームサイズは自分には1サイズは大きいです。

ゼファーは踏み出しか軽く相変わらずのキビキビした反応で加速性能はいいです。ですが、意外と路面状況を拾ってコツコツきます。ホイールはWH-6800、タイヤはパナレーサー RACE L EVO2です。

次にSYNAPSEです。同じ道を同じような速度で走りましたが、明らかに乗り心地が違います。SYNAPSEの方が乗り心地がかなりいい。ホイールはWH-7900-C24-CL、タイヤは一つ前のパナレーサーLです。ホイールの差もありますが、それを差し引いてもSYNAPSEの振動吸収性は高いと思います。

加速性は若干ゼファーの方がいいように思いました。ちょっとした緩斜面の坂がありましたが上り性能は大差なさそうです。どちらもいいロードバイクです。でもどちらかというとSYNAPSEはコンフォートという感じですが、ゼファーはオールラウンダーっぽい感じです。

CANNONDALE SYNAPSE

CANNONDALE SYNAPSE

ゼファーに比べると形状がシンプルなフレームです。かっこいいと思いますが、ゼファーのデザインも好きです。どちらもかっこいいです。




SYNAPSEで船明ダム

スポンサードリンク
   


9月6日はCANNONDALE SYNAPSEで船明ダムまでライド。本当は秋葉ダムから佐久間ダムまで抜けようと思ったのだが、あまりの暑さにへばってしまい途中でルート変更。

しかし、それにしてもSYNAPSEは乗り心地がいい。今回はシートポストをスペシャライズドのコブルゴブラーからノーマルのカーボンシートポストに変更して走ってみた。それでも乗り心地はいい。多分ホイールがWH-7900-C24-CLというのも大きいと思う。SYNAPSEのフレームとWH-7900-C24-CLは相性抜群のようだ。

多米峠をちょっと気合を入れて登ってみた。かなりいいタイム。上りも結構いけるのがSYNAPSEの特徴。快適にいつもの撮影スポットの引佐の清水橋まで走る。

SYNAPSEで船明ダム

撮影をしたらすぐに出発。はままつフルーツパーク前を抜けてこれまたいつもの撮影スポットの大平城址まで。なかなかいいペースだ。

SYNAPSEで船明ダム

SYNAPSEで船明ダム

ここから「あらたまの湯」へ行くのだがこの前の坂が結構キツイ。10%を超えるところもある。
SYNAPSEはこういった急な坂道は苦手なようだ。5%くらいまでなら楽にいけるのだがそれ以上の勾配になるととたんにペースダウンした。さすがにヒルクライムマシンのBURA-SLのようにはいかないねw

さて、この辺りから暑さにへばりだして失速。かなりスローペースになってしまった。えっちらおっちらと船明ダムまで。

SYNAPSEで船明ダム

SYNAPSEで船明ダム

暑くてかなりへばってきたので船明ダムから秋葉ダムへは諦めて南下して帰ることにした。あとは適当に走って休憩を何度か挟みながらのんびりと帰った。最近なーんか体力がないような。年なのかなあ。

いやいや、同じ年令の中日ドラゴンズの山本昌があれだけ頑張ってるんだから、歳だなんて言っててはダメだな。精進が足らんなwww




SYNAPSEで豊橋南部〜湖西

スポンサードリンク
   


6月28日はCANNONDALE SYNAPSEで伊良湖岬までサイクリングのつもりでしたが、10kmほど走ったら雨がぱらついてきましたので急遽ルート変更。適当に流すことに。

今年の4月12日に御前崎までの自転車部走行会に使って以来です。ロングライド向けのSYNAPSEにさらにロングライド向けのシートポスト「コブルゴブラー」、ホイールはDURA-ACE WH-7900-C24-CL。まさに隙なしのロングライド仕様です。

CANNONDALE SYNAPSE
出発前の1枚
 写真は結局この1枚だけでしたw

今回は風が強く、追い風になったり向かい風になったりと忙しかったですが、CANNONDALE SYNAPSEは追い風はもちろん速いですが、向かい風でも割りと走ります。

ベトナムで3kg増えた体重を早い段階で落としたくて走ったのでコースは適当です。本当は100kmは走りたかったのですが、天気が心配だったので早めに切り上げました。

10kmほどは伊良湖岬までの道のりでしたが、そこから湖西に向けて西進することにして、いつもとは逆回りのコースにしてみました。逆から走ると普段とは違った感じで楽しかった。

二川を抜けて湖西に出て、浜名湖沿いを北進して知波田の交差点を多米峠に向けて走る。久しぶりに多米峠を反対から上りました。こちらから上る時はいつもサイクリングの最後でしたから、疲れた状態ですが今回は大して走ってないので調子よく登れました。

タイムは自己最高の8:35。これまでの自己ベストがBURAの9:11でしたからかなりの更新です。それにしても前回のライドの時にも思いましたが、SYNAPSEは意外と上りが楽です。

前回の御前崎走行会で非常に乗り心地がよくロングライドには持って来いと思いましたが、やはりその通りで長距離走行には最高にいいロードバイクです。自分の持っているロードバイクの中でも1番ですね。

このSYNAPSESを手に入れるまではALIZEが一番ロングライド向きでしたが、CANNONDALE SYNAPSEはそれを上回ります。最もシートポストもホイールもロングライド向きですけどね。

コブルゴブラーは振動吸収がさすがにいいです。なのでダンシング状態で暫く走ってみましたが、それでも乗り心地は抜群にいいです。ホイールのおかげもあると思うので、次回はJETFLYかSRAM S30AL RACEの固めのアルミホイールにでもして走ってみようかと思います。多分それでも乗り心地はいいと思いますけどね。

今まで試乗も含めて乗り心地が最高に良かったのはSPECIALIZEDのルーベです。これは道路の凹凸を上手くいなして、平準化してくれる感じです。路面状況の凹凸を山や谷に表すなら、この山や谷をなだらかにして平らにする感じです。ルーベを試乗した時には同じ道をベンジやターマックでも走りましたが、ベンジやターマックはまともに凹凸を拾って、手や腰にガツンと来る時がありますが、ルーベは明らかに凹凸を吸収してます。違う道路を走っている感じでした。

対してSYNAPSEは山や谷の角を丸くする感じです。道路状況はそのままと言う感じでそれがまろやかになるような感覚で、かつ収束が早いです。好みによりますが、自分はSYNAPSEの乗り心地のほうが好きです。道路状況がわかるほうが楽しい。

このSYNAPSEはフレームがヤフオクで安く出てたので購入して手持ちの余っているパーツで組み上げたものです。多分2013年モデルだと思います。コンポはアルテグラ6700ですが、いっそREFALEについているDURA-ACE 9000かALIZEについているアルテ6770 Di2に交換してみようかな。最高のエンデュランスロードになると思います。








ハンドル交換

スポンサードリンク
   


CANNONDALE SYNAPSEのハンドルを交換しました。今まで使っていたのはFELT F5についていたハンドル。形状は気に入っていましたが、なんせ380gと結構重い。

そこで、先日BURAのハンドルを交換したので余ったハンドルに変えました。重量は280g。つまり100gの軽量化。

先日FOIL風中華カーボンフレームにSYNAPSEで使っていたSRAM S30AL RACEをつけて、かわりにSYNAPSEにはDURA-ACEのWH-7900-C24-CLを履かせたので150gの軽量化をしたばかり。結局250gほど軽量化できたので、現在のSYNAPSEの重量はペダル込みで7.5kgとなりました。

正直SYNAPSEには期待してませんでしたが、予想以上によく走ります。巡行は楽だし、スピードも結構だせるしね。いや、ほんとにいいロードバイクです。

CANNONDALE SYNAPSE(キャノンデールシナプス)

スポンサードリンク
   


先日の御前崎までの走行会で感じたCANNONDALE SYNAPSE(キャノンデールシナプス)のインプレです。ま、個人的な感想ですけどね。

インプレっていうのははっきり言って個人的な見解であって、どう感じるかは人それぞれなので参考にもなりませんが、書きますね。御前崎までは自宅からおよそ100km。往復で200km乗った感じです。

SYNAPSEで長距離を走った感想は、一言「癖がない」。色んな意味で目立つところ、尖ったところがありません。

例えば、REFALEは中速域からの加速とコーナーワークが楽しいし、ALIZEならペダリングの軽さが際立ってるし、BURA-slなら突出したヒルクライム性能、などなど。

しかし、SYNAPSEはそういった際立った部分が無く、とにかくフツーに感じます。だからといって性能が劣るというわけでもありません。

シナプスは直進性が優れていて安定感が高い。発進加速はあまりよくないですね。BURAやALIZEのような軽やかさは感じません。巡行性能は高いようで、一旦スピードに乗ると、速度維持が楽に感じた。

乗り心地はいいです。が、自分のSYNAPSEはシートポストがスペシャライズドのコブルゴブラーです。それも乗り心地の良さに貢献してるでしょう。それでもやっぱり乗り心地はいいです。ヒルクライムは車重(ペダル込みで7.7kg)がある割には結構登ります。淡々とペダルをこいで、なるべく一定ペースを守るのが良さげです。

まとめると、シナプスはロングライドには持って来いです。疲れも少ないし、乗り心地はいいし、巡行性能はいいし。トレーニング用として手に入れましたが、なかなかどうして実走にも使えて満足してます。

御前崎

デザインは直線基調でシンプルな感じが気に入ってます。シートステーの形状が若干の弓反りでアワーグラス形状で、これが乗り心地の向上に役立ってるみたいです。チェーンステーもシートチューブ付近は縦長で中央で横扁平になり、また縦長になってます。中央付近で振動吸収を上げる形状です。



御前崎まで自転車部走行会4

スポンサードリンク
   


腹ごしらえも済んだので、そろそろ帰路につかねば。

みんな大分へたばっているので、帰りはのんびりと一定速度を保って淡々と漕ぐことにした。しかし、どうにもアディダス君の調子が悪しくないようだ。

行きで張り切りすぎたのか、かなりヘロヘロ。10kmほど行ってはコンビニで休憩するという、かなりの休憩頻度w スピードもいいとこ22,3km/hでゆっくり走る。

それでも、みんな無口。行きと違ってほとんど会話がないwww
とにかくひたすら漕ぐといった感じ。帰りはほぼ同じ道を通り、太平洋岸自転車道では海に近いこともあって結構寒い。竜洋海洋公園そばの海岸沿いでは、海風がかなり強い。しかも冷たい。相当体力を消耗したようでアディダス君だけでなく、ノッチさんまで急速にスピードダウン。

それでも頑張って残り20kmのところまでやってきたのだが、緊急事態発生。なんとアディダス君がハンガーノック?

自分はなったことがないので分からないのだが、体が思うように動かないと言う。しかし、あれだけ食ってたのになあ。燃費ワッリ〜w

まあ、気持ちは悪く無いと言うからそれほど申告でもなさそうだ。とりあえずコンビニを見つけて温かい飲み物と栄養補給をして暫く休憩。ちょと落ち着いたようなので、再出発。ゆっくりと走り、集合場所まであと10kmほどのところでカレー屋を発見したので、アディダス君に食事をするようにいい、我々だけ先にスタート地点までもどることにして、車で回収することにした。

3人で急いで集合場所まで戻り、とりあえず今回の走行会は無事終了、としたかったがアディダス君が乾燥できなかったのが、ちと残念。

アディダス君はノッチさんと相乗りで来たのでノッチさんが迎えに行くことに。自分は自走だし、タバティー君は遠いのでここで解散。

自分は毎年200km以上を最低一回はやることにしているので、足りない25kmを走ることにしたが、今回の御前崎は疲れた。一昨年の初めて行った時とまでは言わないが、去年と比べるときつかった。

膝は痛いし、お尻も痛い。日も暮れて暗くなってきたし。ライトを点灯して暗い山道を一人寂しく走行。適当に走って25kmを稼いでなんとか200km達成。

本当に今年は疲れた。あとはゆっくりと風呂に入って寝よう・・・・・。お休みなさい(∪。∪)。。。zzzZZ

バイクリンク: http://cyclemeter.com/03e848b44eab0c70/Cycle-20140412-0605?r=e
インポートリンク: http://share.abvio.com/03e848b44eab0c70/Cyclemeter-Cycle-20140412-0605.kml
バイクタイム: 8:44:57
停止時間: 5:01:12
距離: 200.35 km
平均: 時速 22.90 km
最高スピード: 時速 55.85 km
登り: 611 メートル
降り: 573 メートル
カロリー: 4579



御前崎まで自転車部走行会3

スポンサードリンク
   


御前崎に到着しましたが、ここに来るまでで、みんなかなりへたばってます(´・ω・`)
それでも、御前崎まで来たということでみんな満足気。

しかし、帰り道があります。まずは腹ごしらえということで「なぶら市場」に入りましたが、お店にはすごい人が並んでいて、入る気が失せましたw

そこで市場で食べられそうなものはないかと探しましたが、弁当やそういったその場で食べられるものはありません。

しかし、これだけ人が集まって(休みの日だけでしょうが)店に入れない人がいるのだから、休日だけでもいいから「なぶら市場」で簡単に海の幸が食せるようにすればいいのにね。

しかし、ソフト焼きイカを発見! 自分は速攻で買った。他の連中はまだ市場内を探していたが、結局アディダス君とタバティー君もソフト焼きイカになった。ノッチさんは近くのセブン-イレブンの弁当を食べることに。

このソフト焼きイカは美味かった(^^)
ボリュームもけっこうあって自分とタバティー君は満足できたのだが、アディダス君には足りなかったらしく、セブン-イレブンでおにぎり2個をさらに追加。しかし、このアディダス君はよく食べます。ビワイチでもかなり食べてたし・・・w

御前崎
ソフト焼きイカ


食後はやっぱりデザートでしょ、ということで「なぶら市場」名物(?)しらすアイス。
御前崎
しらすアイス


このしらすアイスはアイス自体がメチャウマ。しらすアイスというだけに、中にしらすが入ってますが、これがフニュフニュした食感で面白い。これまた満足満足。全員が食べました。

御前崎
なぶら市場の巨大マグロ



さあ、一休みしたので帰るとしますか。みんな疲れてるけど無事にたどり着けるのか?



続く




御前崎まで自転車部走行会2

スポンサードリンク
   


御前崎走行会の続きです。集合場所に6:30集合でしたが、自走で行ったら時間を読み間違えて若干遅れた。部長たるものが何たる失態www

実際は7時にはスタートできるように集合すればよかったんで、自走なら十分余裕です。ところが、みんな変速機から変な音がするとか、ホイールが振れてるとかで、診てたら出発が7:30になってもうた。こんなんで大丈夫かwww

さてさて、気を取り直して走りだした。浜名湖の西側R301を南下して2度ほどコンビニ休憩を取り、R1に出た後は少し南側の車の少ない道路をただひたすら東に走る。

浜松西部クリーンセンターから中田島砂丘までの一直線は30km/h以上で巡行。以前と比べるとみんなついてこれるようになった。見違えちゃったな。しばらくしたらアディダス君が遅れだしたので、止まって待つことに。どうも腰が痛いようだ。とりあえず遠州灘海浜公園まで走って休憩。

[遠州灘海浜公園遠州灘海浜公園

アディダス君のゼファーを見るとどうもサドルが低くて位置も後ろ気味。そこでサドル高さと位置をセッティングし直した。

ついでにKURARO乗りのタバティー君もサドルが低めなので、こちらもセッティングしなおし。

再出発してしばらく走ってからアディダス君に、どんな感じか聞いてみたら絶好調だそうな。そこで先頭をアディダス君に変わってもらった。天竜川を渡って川沿いに下流へ向かって走って、太平洋沿いを走って行く。景色が気持ちいい。

太平洋岸自転車道

ところで、絶好調のアディダス君の速いこと。35km/h以上で巡航しやがったw。ついていくのにやっとだったんだが、そんなペースでもつのかねえ? 先は長いぞw

案の定、飛ばし過ぎの反動が出てきた。そこで先頭はタバティー君に交代。太平洋岸自転車道を快調に走る。この道路は細くて小さなアップダウンが多いし、くねくねしていて面白い。対向車や散歩してる人、ジョギングしてる人に気をつけながら気持ちよく走る。

一旦自転車道が途切れたので、道案内も兼ねて先頭はまたまた自分。ここからR150に入り、適当に休憩を取りながら御前崎を目指す。

あと10kmくらいから、疲れからかみんながバラけだす。御前崎まで1本だから迷うことはなかろう。気にせず走ることにした。

そしてついに御前崎に到着。ロードバイクで3度めの御前崎。ここまで集合場所から85km。自分は自走も含めて95km。

御前崎

御前崎



そして、みんなヘロりながら順次到着。まずはよく頑張った。まだ帰りがあるけどねw

御前崎
ノッチさん

御前崎
タバティー君

御前崎
アディダス君。アディダス君はやっぱり今日も上着はアディダスジャージだったw
ウインドブレーカーの方がかさばらなくていいと思うんだけどねえ。


to be continued・・・・・




御前崎まで自転車部走行会1

スポンサードリンク
   


4月12日は今年2回めの自転車部走行会でした。当初は7名参加の予定でしたが、ミニベロ組の自転車が不調で3名が参加中止。結局4名で御前崎までサイクリングとなりました。

私、部長のオヤジローディとKUOTA KURARO乗りのタバティー君とGIANT TCR ADV SE乗りのノッチさんと新しくNEILPRYDE ZPHYRを手に入れたアディダス君の4人。一応ヘタレ揃いの自転車部の中でも速い4人です。まあ、目くそ鼻くそを笑う程度の違いでしかありませんがw

今回の相棒は、最近新しく手に入れたCANNONDALE SYNAPSE。ロングライド向けのSYNAPSEにさらにロングライド向けのシートポスト「コブルゴブラー」の組み合わせ。ホイールはDURA-ACE Wh-7900-C24-CL。まさに隙なしのロングライド仕様。さてどんな乗り心地か?

自分は集合場所まで自走ですので、多分180kmくらいは走ることになるでしょう。ちなみに、御前崎までは毎年走ってますが、一昨年はGIANT TCR ADV SE、去年はALIZEでした。

御前崎
一昨年はTCR ADVANCED SE


ALIZEで御前崎
昨年はALIZE


毎年この時期は西風が強く、行きは良い良い、帰りはなんちゃらで、行きは快適そのものですが、今年はどうかなあ。毎年一人で走ってましたが、今回は4名。どうなることやらw

to be continued


SYNAPSEの完成

スポンサードリンク
   


ようやくSYNAPSEが完成しました。今週中には完成させる、と言われ続けて4週目にして出来上がったw

コンポはアルテグラ6700。クランクのみFSA SL-Kコンパクト。ホイールはリヤがSRAM S30AL RACE。フロントも同じにしたかったのだが、事故で破損したためヤフオクで探したら同じSRAMのS27AL COMPが手に入ったのでそれにした。

シートポストはREFALEから付け替えたコブルゴブラー。完全にロングライド仕様。ペダルはTIMEのi-click racer2。重量はペダル込みで7.75kgと手持ちのバイクでは最重量。

今は主に自宅のローラー台に使ってますが、ちょっと外を走った感じではやっぱりロング向き。軽やかさは感じませんが、乗り心地はすこぶるイイです。今まで手に入れたロードバイクの中では一番いい。そのうち長距離を走ってみて感想なぞ書きます。


CANNONDALE SYNAPSE

CANNONDALE SYNAPSE



CANNONDALE SYNAPSEの2013年モデル

スポンサードリンク
   


先日ヤフオクでCANNONDALE SYNAPSEのフレームセットを落札しました。年式は2010年モデル化と思っていましたが、よく調べたら2013年モデルでした。

これに余っているFSA SL-Kクランクとアルテグラ6700のコンポ、SRAM S30AL RACEのホイールで組んでいる最中です。

完成はこんな感じになります。クランクは写真と同じFSA SL-Kです。
CANNONDALE SYNAPSE

SYNAPSEはキャノンデール初のカーボンロードです。ロングライド向けのモデルですが、本国アメリカでは人気が高いらしいです。しかし、日本ではイマイチですね。キャノンデールと言えばCAADかSUPER SIX EVOですもんね。

ネットでもシナプスに関するインプレ記事はほとんどなくどんな感じかわかりません。ただし、2014年モデルは怪童サガンがクラシックレースで使っていて、いい成績を収めてますのでひょっとしたら売れるかもしれません。

このSYNAPSEを含めてロードバイクは4台となりました。
エアロロードのALIZE、
ヒルクライムマシンのBURA-sl
レースマシンのBOMA REFALE(レースには出ませんけどね)
そしてロングライドのSYNAPSE
です。

SYNAPSEは自宅でのトレーニング用にするつもりですが、折角なんでロングライドでも使ってみたいです。今年のビワイチにはコレを使おうかな。