気になるバイク ハイエンドモデル - オヤジローディのヘタレ奮闘記

FELT FRシリーズ

スポンサードリンク
   


FELTから従来の人気のFシリーズの後継機種のFRシリーズが出ます。スタイリングは相変わらずのシンプルなデザイン。とてもオーソドックスでかえって小気味良くてかっこいいです。

従来のFに比べて「剛性と軽量化を徹底した」そうです。より強くより軽く。昨今のブランド全般がエアロと同様に力を入れている部分ですね。

一番の変更点はリア下に移動したダイレクトマウントブレーキ。個人的には調整が面倒くさそうで嫌いなんですが・・・・。その代わりに乗り心地がよくなってるとか。元々FELTのFシリーズはヒルクライム向けのオールラウンダーなんだけど乗り心地がかなり良かった。更に良くなっているとしたらロングライドにも持って来いでしょう。試乗してみたいもんです。

FELT FR1



CANYON ULTIMATE CF SLX

スポンサードリンク
   


CANYON ULTIMATE CF SLXが欲しい。昨年のサイクルモードで試乗してとても気に入った。絶妙なしなりで快適に走れるし加速はいいし乗り心地も最高でこれほどのロードバイクがあるんだと感動してしまった。

キャニオンはネット販売のみで中間マージンを省いてとても魅力的な価格で提供してくれる。今気になってるのがULTIMATE CF SLX 8.0。構成はアルテグラ6800にホイールがMAVIC KSYRIUM PRO EXALITH SL WTS。このULTIMATE CF SLX 8.0はフレーム価格¥307,000にアルテグラコンポにホイールがMAVIC KSYRIUM PRO EXALITH SL WTSと豪華な構成にも関わらず定価が税抜きでナント¥405,000とめちゃくちゃお買い得なプライス。本当にこれは欲しい。



MERIDA SCULTURA CF4 2016

スポンサードリンク
   


MERIDA SCULTURAの2016年モデル。超軽量タイプのCF5とプロが使うCF4。CF5では軽すぎるので若干重いCF4がランプレ・メリダの使用バイクとなる。

これかっこいい。それにMERIDA SCULTURAは一度乗ったことがあるが、軽くて加速感が半端ない。それでいて乗り心地もよい。それまでメリダには興味なかったのだが、SCULTURAに乗っている知り合いとサイクリング中に山の中でばったりあってちょっと貸してもらってからずっと気になっていた。

次のバイク(といってもいつになるやらわからないけど)候補にリストアップしている。うーん、欲しいw

MERIDA SCULTURA 2016

KEMO KE-R8

スポンサードリンク
   


久しぶりに気になるロードバイクとしてイタリアの新興ブランドのKEMOのハイエンドモデルKE-R8のご紹介。

KEMOは昨年の2014年にフランスUCIプロコンチネンタルチームのブルターニュ・セシェへの供給で日本でも名が知られはじめた。

このKE-R8は実物を昨年のサイクルモードで見たがかなりかっこいい。しかもカラーリングが豊富でしかもカラフル。自転車雑誌によるとかなり快適性が高く加速性の良いモデルだそうだ。登り性能も高いという。

試乗車が無かったので実際に乗ってないのでなんとも言えないが見た目の良さだけでもちょっと惹かれるなw

KE-R8



FELT Z2 DISC

スポンサードリンク
   


FELT Z2 DISCです。前回の記事に引き続きグラフィックにおもしろみのないドイツブランドですw

FELT Z2 DISCは前回ご紹介のCENTURION GIGADRIVE DISC4000によく似てるようです。高剛性で加速がよくスタビリティ、ハンドリングともよくコンフォート性はそこそこ。そっくりです。お国柄なんでしょうかw

冗談はさておき、FELTのZシリーズといえばコンフォート系(エンデュランス系)ロードとして知られてますが、実際良く目にする評価は剛性が高くコーナーリングはシャープでヒルクライムもいけて、乗り心地はまずまずといった評価です。オヤジローディはFELT F5に乗っていたことがありますが、F5はとても乗り心地がよくてコンフォートバイクと言っても通るほどでした。その他のFシリーズもレースモデルながらプロが使うトップモデルのFRD以外は結構な乗り心地がいいようです。

そう考えるとオールラウンダーのFシリーズに対してZシリーズは存在意義がどうなんだろうかと思ってましたら、ラインナップがずいぶん減って今やカーボンだとZ2 DISCとZ5だけになりました。対するFシリーズはFRD、F1、F2、F4、F5、F7とあります。Zシリーズはそのうちディスク搭載モデル専用になるかもしれませんね。

ただ、Z DISCのフレームは税抜き168,000円と驚きの価格です。コスパがいいです。
画像はこちら
FELT Z2 DISC



CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD ULTEGRA DISC

スポンサードリンク
   


ロードバイクインプレッション2015の中で高評価&気になったロードバイクをご紹介していきます。

一発目はディスクブレーキ搭載モデルのCANNONDALE SYNAPSE HI-MOD ULTEGRA DISCです。オヤジローディも乗っているCANNONDALE SYNAPSE。オヤジローディのは2013年モデルですが、このSYNAPSEはとにかく乗り心地がよくヒルクライムも平坦路も速い。全てにバランスがいい最高のロードバイクと思ってます。

CANNONDALE SYNAPSEは昨年、更に高性能になったSYNAPSE HI-MODが発表され、春先にはペーター・サガンがクラシックレースで大活躍したモデル。そして今年からそのSYNAPSE HI-MODにディスクブレーキが搭載されました。しかも HI-MODはディスクモデルのみになったという潔さ(その他のSYNAPSEはSYNAPSE CARBONとしてラインナップされてます)。

写真はこちら
CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD ULTEGRA DISC

さて、ブレーキをキャリパータイプからディスクタイプに変えるのは簡単そうで意外と大変なようです。剛性やハンドリングが大きく変化するそうで、最適化するのが難しいということです。そんな中このCANNONDALE SYNAPSE HI-MOD DISCは相当にいいらしく、このロードバイクインプレッション以外でも素晴らしい評価です。元々、高評価なところに持ってきてディスク化が上手にできてるようですね。

快適さは言うに及ばず、反応性、加速性、スタビリティ、ハンドリング等々ハイレベルにバランスよく整っているバイクです。一度試乗してみたいもんです。

オヤジローディのSYNAPSEです。DURA-ACEのホイールと相性ばっちりです。
CANNONDALE SYNAPSE



TIME IZON(タイム アイゾン)

スポンサードリンク
   


TIME IZON(タイム アイゾン)はスカイロンに続くセカンドグレードのロードバイク。TIMEにしては剛性が若干低くしてあるそうでレースにもロングライドにも使える万能バイクという立ち位置だそうです。

TIMEと言えばやっぱり憧れますね。このIZONはまずデザインがかっこいい。シートステイのつなげ方は特徴あるラグ方式。このフレームの製造方法はRTM(レジントランスファーモールディング)という製法で精度と強度の両方が高い次元で求められる航空機の主翼や、F1のシャーシ等の製造にも採用された実績を持つそうで、MRJ(三菱・リージョナル・ジェット)の尾翼部材でも採用されています。

TIME IZON

お値段もそれなりでフレーム価格は税込みで43万也Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
ま、さすがTIMEですw


YONEX CARBONEX

スポンサードリンク
   


YONEX CARBONEX(ヨネックスカーボネックス)のご紹介です。これはフレームセットのみの販売です。YONEXと言えばラケットが思い浮かびますが、カーボンの成形技術を活かして自転車にも参入しました。

このカーボネックスはフレーム重量約650g(Sサイズ)と超軽量です。すごく軽いですね。インプレなどを読むと軽量フレームにありがちな重心の高さからくる不安定さはないようです。フォークやフロント側の剛性は高いようですが、リアバックの剛性がちょっと足りないとの意見がありますが、インプレを行っている人はプロかそれに準ずる脚力の持ち主です。つまり、一般人の脚力では剛性不足は感じないと思います。中級者くらいまでにいいみたいですよ。

軽さを活かしたヒルクライム、適度な剛性としなりでロングライドにも向いているとか。

YONEX CARBONEX



GARNEAU(ガノー) GENNIX E1

スポンサードリンク
   


GARNEAU GENNIX E1です。GARNEAUは日本で人気のルイガノの上位ブランドです。本格的なロードなどを出しいてそのうちの1台がこのGENNIX E1です。GENNIXにはレースモデルのRシリーズとコンフォート系のEシリーズがあります。

以前、GENNIX R1に試乗したことがあるのですが、バランスが悪くあまりいいイメージがありません。このE1は試乗してませんからどんな風かわかりませんがフレーム形状を見る限りとてもかっこよく乗り心地も良さそうです。



GARNEAUのロードバイクのインプレ記事が殆ど見当たらず情報がないです。どこかで試乗できないかな(^^;)



FELT F1

スポンサードリンク
   


今回はFELT F1のご紹介です。FELT F1はFELT社のレーシングモデルのFシリーズのトップモデル、でした。今はFRDというモデルがあってセカンドグレードになってます。

FRDはプロも使用している生粋のトップグレード。その下とは言え、FRDが出る前まではプロも使ってたので高性能なフレームです。


これはF5ですが形は全く同じです。

自分はF5に乗っていたことがありますが、基本的FELT Fシリーズは癖のない乗りやすいラインです。全ての性能のバランスがよく、誰にでも合うと思います。F5は柔らか目で乗り心地もかなりよくてコンフォートモデルにも引けをとらない乗り心地でした。

F1は雑誌のインプレ等をみるとこれでセカンドグレードとは思えない性能だそうです。ただ高剛性なので乗り心地はF5とはいかないでしょうけどね。値段も結構お値打ちです。デザインはシンプルでスッキリとしていて色も地味目でドイツブランドらしい質実剛健という言葉がぴったりのモデルです。一度試乗してみたいもんです。


フレーム価格が税抜きで268,000円。安いと思います。




ORCA OMP

スポンサードリンク
   


ORCA OMPのご紹介です。ORCAシリーズはORCA GOLD,ORCA SILVER,ORCA BRONZでしたが、2015年からはトップモデルのORCA OMRとコンフォート系のORCA OMPになります。

ORCA OMP

デザインがいいですね〜。フレームカラーも4種類あっていいです。元々、高性能なORCAシリーズですが新型になってOMRとOMPで味付けを変えてきました。よりレース志向ならOMRですが、ロングライドを好むホビーライダーならORCA OMPです。

今まではORCAには興味が全くなかったんですが、今回のモデルチェンジで一度乗ってみたくなりました。どっかで試乗会やってないかなあw



LAPIEERE AIRCODE(ラピエール エアーコード)

スポンサードリンク
   


LAPIEERE AIRCODE(ラピエール エアーコード)です。これもかなり気になってます。これはデザインもいいですがそれよりもその性能に惹かれます。

実際は試乗もしたことがないので分かりませんが、雑誌やネットでのインプレでは軒並み高評価ですし、ドグマやマドンのハイエンドと比べても安いのに性能は同等と言っているサイクルショップのオーナーもいます。

LAPIEERE AIRCODE(ラピエール エアーコード)

とにかく一度乗ってみたいロードバイクです。



CANYON Ultimate CF SLX

スポンサードリンク
   


CANYON Ultimate CF SLXのご紹介です。かなり気になってますw

CANYON Ultimate CF SLX
カッコイイ。

直線基調の好きなデザインです。CANYONは代理店を持たず、インターネット直販でのみスポーツ自転車を販売するスタイルをとっているドイツブランド。プロチームにも供給をしていて、2014年はカチューシャの他に新たにモビスターにもバイク供給しています。そしてそのモビスターのナイロ・クインターナがジロ・デ・イタリアを制しています。

ハイエンドモデルですが、値段はミドルクラスです。トッププロが使ってる割には安く、これ本当に良さげです。感じとしては平地もいけるヒルクライムマシンのようですね。うーん、欲しいwww




TREK MADONEが廃番?

スポンサードリンク
   


新ロードバイクのEMONDAを発表したばかりのTREK。まだ正式発表前ですが代わりにTREK MADONが廃番になるという話を聞きました。

ただし、MADONE7シリーズは残すそうです。

しかし、この話が本当だとしたらTREKも思い切ったことをするもんです。マドンと言えばレースシーンに燦然と輝く名車。いくら最高峰モデルを残すとはいえ、廃止にするとはねえ・・・・・。

ま、まだ正式に発表されてないので本当かどうか分かりませんけどね┐(´∀`)┌ヤレヤレ

TREK EMONTA
EMONDA



TREK EMONDAその2

スポンサードリンク
   


先日発表されたばかりのTREKの最軽量バイク「EMONDA」

MADONE(マドン) → DOMANE(ドマーネ) → EMONDA(エモンダ)

新しいロードバイクを出すたびにアルファベットを入れ替えて車名を変えてますが、どんどんかっこ悪くなっていく感じですw

日本語読みするからか?

君誰? どらエモンダw いや、今ならおかざエモンダ? くらいか?
日本人にとって「エモン」は「○○エ門」となってなんとなく笑えてしまうのではなかろうか。

いっそ「DEAMON(デーモン)」とかはだめかな、かっこよさげだがなあ。
でも、日本では「デーモン」と言えば「デーモン閣下」となって、やっぱりお笑い系っぽいなwww

ああ、ちなみに「EMONDA」の由来はフランス語の"emonder"で、「削ぎ落とす」と言う意味です。ちゃんと意味があったのね。というか、無理やりこじつけてる感じだな。




TREK EMONDA

スポンサードリンク
   


TREKから新しいロードバイクが出ました。

TREK EMONDA
TREK EMONDA
TREKのHPより


コンセプトは世界最軽量バイク、だそうです。開発してるとは全然知らず、全く情報がなかったようです。それとも自分が知らなかっただけなのか。

TREKは最近女性向けロードバイクのSilqueを発表したばかりですが、昨年のドマーネといいかなり積極的に展開してきてますね。

このEMONDAはどんな乗り味なのか全く情報がないです。重量は一番高級モデルで4.65kg(ペダルレス)で価格はは160万近くしますΣ(゚Д゚)

まあ、自転車界もバブルなんですかねー。アベノミクスの恩恵なんぞ中小企業にはほとんどなさ気なのにねえ。自称エリートサラリーマンのオヤジローディでも買えませんw

マドンもあるし、このEMONDAは売れるのかなあ。疑問です。

それにしてもTREKが重量を発表したのは初めてじゃないでしょうか。それほどの自信作ということなんでしょう。



SPECIALIZED TARMAC 2015

スポンサードリンク
   


SPECIALIZED TARMACの2015年モデルが発表されました。

ぱっと見はまったく違いがありません。しかし、大幅にリニューアルしてあるようです。今度は形状変更ではなくてサイズごとの最適化を徹底したそうです。

今までもサイズごとにジオメトリーやらカーボンに手を加えていたらしいですが、今度はどのサイズに乗っても乗り味が変わらないように工夫を施した様子。

名称はTARMAC SL5ではなくて単にTARMACになりました。今までの延長線上にはないということなのか、理由はよく分かりませんが、なんにせよDOGMAやマドンと並ぶレースマシンです。ちょっと試乗してみたいですね。ま、自分のような貧脚では良さはわからないでしょうけど・・・・( ´ ▽ ` )ノ

TARMAC 2015



Lapierre EFI ULTIMATE

スポンサードリンク
   


Lapierre EFI ULTIMATEのご紹介です。これまたかなり以前から気になっているロードバイクです。

シンプルな形状で飽きのこないデザインと言えます。今中大介氏と山本健一氏の「ロードバイクインプレッション」でもかなりの好評価を得ています。

ラピエールには乗ったことがないので余計気になるのも理由の一つですが、どんな乗り味なんでしょうか。正直、例えば気になるロードバイクがあっても試乗が必ずしも出来るわけではないので、そうなると先述の「ロードバイクインプレッション」などは参考になります。

もっとも、鵜呑みにしてるわけでもなく、自分の乗っているロードバイクの評価と自分の感覚とを比べて、差を考慮しています。ま、それでも完全ではないんですけどね。だから、試乗会があればなるべく行くようにはしてるんですけどね。

Lapierre EFI ULTIMATE
Lapierre EFI ULTIMATE


かっこええですなあ( ´ ▽ ` )




ピナレロ DOGMA F8

スポンサードリンク
   


ピナレロ DOGMA F8が出ましたね。あの名機DOGMA 65.1の後継車。

あのDOGMAのアイコンであるオンダフォークの形状が変わり、一目見てかっこいいと思いました。そして昨年のツール・ド・フランスの覇者クリス・フルームをして感嘆させたらしいです。

欲しいと思いましたが、フレーム価格を見てびっくり。しかし、どのブランドも年々高くなってきてないか?
本当に円安だけのせいか? 便乗っぽい感じもするけどなあw

ピナレロ ドグマF8
存在感あるねえ。



BOMA RASOR(ボーマ ラソア)

スポンサードリンク
   


BOMA RASOR(ボーマ ラソア)のご紹介です。2014年版のロードバイクインプレッションを読んで最も気に入ったのがこのBOMAのRASOR(ラソア)



ルックスとカラーリングがかっこいい。昨年のサイクルモード大阪に出てたかなあ、とその時の写真を見なおしたら、BOMAブースに出てましたw

その時は何故かあまり気にならなかったのは何故だろうか(^^;
BOMA RASOR(ボーマ ラソア)

かっこえー(^o^)丿
フレーム形状もいいし、何よりグラフィックが抜群。色使いも良ければ幾何学模様も目を引く。ロードバイクインプレッションでの評価はロングライドで満点の6点。これはなかなかないです。しかもTREKのDOMANEと同等以上との評。

これにアルテ6870di2とハイト50mmくらいのカーボンホイールで組んだら最高ですね。次のロードバイクの候補に上げました。