BURA-SL - オヤジローディのヘタレ奮闘記

永源寺湖から野洲川ダムライド

スポンサードリンク
   


ちょっと前の6/11のライドだが、永源寺湖から野洲川ダムを走ってきた。ヒルクライムとしては大したことなかろうとタカをくくってたけど大変しんどかったw

景色が良くて楽しく走ったんだが、トンネルが長く(4km!)てしかもかなり細いので仕方なく歩道を走った。しかしこの歩道がまた狭くて車道との段差が結構あって落ちたらこけて車に轢かれそうでマジ怖かった。

160611永源寺湖〜野洲川ダムIMG_9310.jpg

160611永源寺湖〜野洲川ダムIMG_9316.jpg

160611永源寺湖〜野洲川ダムIMG_9318.jpg

160611永源寺湖〜野洲川ダムIMG_9324.jpg

160611永源寺湖〜野洲川ダムIMG_9327.jpg

160611永源寺湖〜野洲川ダムIMG_9345.jpg

160611永源寺湖〜野洲川ダムIMG_9346.jpg

野洲川ダムの斜面には燕がたくさんいて日向ぼっこしていた。道中も結構燕がいて雛の巣立ちの時期なのかな。

そんな燕にいやされながらも結構ハードな一日だったwww


BURA-SL完了: 2016/06/11 15:37:49
ルート: サイクリング
エクスプローラーリンク: http://cyclemeter.com/03e848b44eab0c70/Cycle-20160611-0901
インポートリンク: http://share.abvio.com/03e848b44eab0c70/Cyclemeter-Cycle-20160611-0901.kml
バイクタイム: 4:37:40
距離: 100.59 km
平均: 時速 21.74 km
最高スピード: 時速 62.28 km
合計時間: 6:32:17
停止時間: 1:54:37
登り: 1513
降り: 1476
カロリー: 2197


FULCRUM RACING ZERO NITEのインプレ

スポンサードリンク
   


ビワイチで使ったBURA-SLとFULCRUM RACING ZERO NITE。バッチリの相性ですごく気持ちよく回せた。とにかく軽くてよく回る。登りもするするといった感じ(当者比w)で、回してなきゃ損という気持ちになる。

さすがにアルミホイール最強と言われるだけのことはあると思った。硬いと言われるレーゼロなんだがNITEのおかげか乗り心地は想像以上によく疲れにくい。タイヤはクリンチャーホイール全てで使っている愛用のHUTCHINSON ATOM COMPなのでタイヤによる違いはない。うーん、BURA-SLが滅茶苦茶楽しくなった(^^)b

第三回自転車部ビワイチ

第三回自転車部ビワイチ



第三回自転車部ビワイチVol.2

スポンサードリンク
   


豊公園をスタートして左回りコースで走行。最初の休憩ポイントの湖北のローソン目指して走る。が、すぐにバラけるw かなりゆっくり目だったんだがなあ。

第三回自転車部ビワイチ

一人だけ最初から遅れたので理由を聞くと両足の内ももが痛いと言う。自転車を見たらサドルが左方向を向いている。そりゃ痛いわなあ、というより気づかないってどうなのよwww
コイツ去年も同じようなことやってたな。サドルが一番下まで下がっているのに気付かず平然と乗っていたw

気を取り直して再出発。しかし、その後もコイツともう一人がトンネルは怖いとか言ってのんびりと歩いてくるしで遅れがち。とりあえずローソンに着いてカロリーを補給して少し休憩。次のポイントへ出発。

第三回自転車部ビワイチ

ここからすぐのところに琵琶一最大の激坂(と言っても10%ないくらいw)が500mほどあるw
しかし、坂嫌いな連中ばかりでここでもすぐにバラける。分岐点で途中途中で遅れるメンバーを待ちながら次のポイントまで一本道になったところでレーゼロナイトを試してみた。

これが面白い面白い。よく進む。雑誌なんかで見かける後ろから押されるような、とか前から引っ張られるようなという表現がよくわかった。レーシングゼロナイトは前から引っ張られるような感覚。グイグイ進む。第2休憩ポイントまでの8km程を33〜34km/でいけた。いや〜、これマジでいいわ。

さて、ここで10分ほど全員集合まで待って次の第3ポイントのふうしゃ村へ。ここへも結構なスピードで気持よく走った。ここでまったり組と合流予定で休憩。おにぎりやおはぎでみんなカロリー補給も済ます。しかし、なかなかまったり組が来ないので次の休憩ポイントのびわ湖大橋米プラザへ。




第三回自転車部ビワイチVol.1

スポンサードリンク
   


9月26日は毎年恒例の第三回自転車部ビワイチ。総勢12名の参加。新規参加が1名。前日まで雨でしたが当日は好天気に恵まれ楽しく走た。ちなみに自分は晴れ男。企画した走行会では全て晴れている。今回は1週間前からずっと雨の予報だったのだが見事に晴れた。

さて今回連れ出したのはFULCRUM RACING ZERO NITEを履かせたBURA-SL。結論から言えばとても良かった。

当日は5:30に長浜城のある豊公園駐車場集合。毎年ここからトラブルがあってスタートが遅れるのだが今年は予定通り6:00すぎには出発。そうは言っても何らかトラブルが有るのがわが自転車部。今年はどうかなw

第三回自転車部ビワイチ

第三回自転車部ビワイチ



第三回自転車部ビワイチ

スポンサードリンク
   


明日はいよいよビワイチ。パートナーはBURA-SLにしました。BURA-SLでは初ビワイチとなります。フルクラムレーシングゼロナイトを履かせてます。コレでロングライドは初めてですがどんな感じかな?
楽しみです。

フルクラムレーシングゼロナイト



FULCRUM RACING ZERO NITE

スポンサードリンク
   


FULCRUM RACING ZERO NITEをBURA-SLに装着完了。マットブラックなフレームにこれまたマットブラックなレーシングゼロナイト。タイヤも今回は差し色なしの真っ黒。とても精悍な感じで見るからに速そうだw

おもいっきり見掛け倒しになるな、コレwww



ビワイチ2015

スポンサードリンク
   


今年の自転車部のビワイチは9月26日の土曜日に決定。今年は10月に会社のイベントが目白押しなので初の9月開催となった。

メンバーは総勢12名の予定。今年こそはトラブルなくすんなりと走りたいw

今回のビワイチで自分が使うロードバイクはビワイチ初走行になるBURA-SL。現在BURA-SLにはDURA-ACE WH-9000-C24-CLを履かせているが、どうにもBURAには合わない感じ。なのでビワイチではフルクラムレーシングゼロナイトで走るつもり。硬いフレームに近々のレーゼロ。すぐ疲れそうだが楽しみだ。



BURA-SLとWH-9000-C24-CL

スポンサードリンク
   


お盆最終日の8月16日にBURA-SLにWH-9000-C24-CLを履かせて秋葉ダム周辺を走ってきた。
BURA-SLは結構固めなのでホイールを柔らか目のDURA-ACEにすることで疲れにくくならないかと思っての組み合わせだが、結論的にはやっぱ固めのフレームには固めのホイールで走ったほうが気持ちよさそうだw

平地での巡航は変わらない。確かに足への疲れは軽減されたようだが、どうもBURAの特徴であるヒルクライム性能が若干スポイルされてるような気がする。WH-9000-C24-CLはヒルクライム向きと言われるけど自分としてはさほど感じない。ノバテックのジェットフライの方がヒルクライムは速い。

というわけで9月下旬に行う予定の自転車部ビワイチではフルクラムレーシングゼロナイトで走ってみよう。


BURA-SL

BURA-SL

BURA-SL

BURA-SL完了: 2015/08/16 12:35:58
ルート: サイクリング
エクスプローラーリンク: http://cyclemeter.com/03e848b44eab0c70/Cycle-20150816-0913
インポートリンク: http://share.abvio.com/03e848b44eab0c70/Cyclemeter-Cycle-20150816-0913.kml
バイクタイム: 2:35:32
距離: 70.35 km
平均: 時速 27.14 km
最高スピード: 時速 65.90 km
合計時間: 3:22:02
停止時間: 46:31
登り: 366
降り: 337
カロリー: 1596




BURA-SLと奥三河

スポンサードリンク
   


5月9日は中学校の資源回収だったのでPTA会長としてほぼ1日お手伝い。日頃の訓練の賜物か、幸いにこういうことをしても翌日体が痛くなることはないw

翌日の10日は日曜日にもかかわらずロードに乗ることが出来いつもの体調で佐久間ダムへ。

相棒はBURA-SL。これだけの長距離はほぼ1年ぶり。ホイールは中華カーボンチューブラーで24mmのローハイト、ハブはノバテック。タイヤはコンチネンタルスプリンター。このコンチネンタルスプリンターだがなんか粘っこい感じがして軽やかさに欠けるのだが、長距離を走ったことがないのでひょっとしたら違う感想を持つかも、と試してみた。

少し前にALIZEで佐久間ダムまで走った時は本当に疲れたのだが、今回はそうでもなく割と快調に走れたと思う。

さて前回同様、佐久間ダムまであと少しのところで通行止め。まだ通れないみたいで開通はいつになるのやら。前回の時はHPで調べたところ前回の走行日の次の日には工事が終了予定とあったけどねw

150510佐久間ダムIMG_6130.jpg

150510佐久間ダムIMG_6132.jpg

150510佐久間ダムIMG_6130.jpg

スマホのマップを調べたらもう少し先にみどり湖があったので、行き先をそちらに変更。ところがすぐにまた通行止め。落石の恐れ有りで道が柵で進めないようになっていた。どうも去年の大雨からずっと天龍・奥三河はこんな感じだ。

この間、ニュースで空気中のCO2濃度の平均がついに400ppmを越したそうだ。30年ほど前は350ppmほどで、産業革命前は280ppmほどだったそうだ。5月だというのに早々と台風が発生して日本にやってきたのも地球温暖化の影響か。

さて、久しぶりのBURA-SLはどうかというと、登りは楽。いつもどおりだね。今回のホイールは前後で1280gの中華カーボンチューブラー。タイヤはコンチネンタルスプリンターの組み合わせだが意外とよく走った。乗り心地も悪くないし、足への疲れも少ないし、安かった割にはよく回る。それにコンチネンタルスプリンターは一皮むけたのだろうか今までのイメージと異なって軽快な転がり。値段もそれほどしないし、これはいいな。

必ず走ると決めている7つのコースはBURA-SLでは残すところビワイチのみ。完遂はREFALE,ALIZEに次いで3台目となる。今年中には走るぞ。

バイクタイム: 4:45:42
距離: 120.39 km
平均: 時速 25.28 km
最高スピード: 時速 53.62 km
合計時間: 5:41:19
停止時間: 55:37
登り: 604
降り: 593
カロリー: 2761



呪われたBURA-SL

スポンサードリンク
   


公開をし忘れたので載せます。1年前の話ですw

9/14の土曜日はBURA-SLでちょいと走ろうと出かけました。午前中は用事があったので昼からの走行。夜は飲み会でしたので往復で100kmほどの天竜川下流の竜洋海洋公園まで。

走りだして毎度の多米峠アタック。距離にして1.6km、斜度が6%くらいの手頃な登りです。毎回タイムを測ってますが、今回はジャスト5分。過去最高です。あと少しで念願の5分切りが出来そうです。さすがBURA-SLです。登りはとにかく楽ですねー。

そして多米トンネルを越えて下りです。正直一度下りのコーナーでコケてからはちょっとビビリが入りますw
そのまま下らずに車の殆ど来ない道にルート変更してのんびりと下りました。だからBURA-SLの下り性能はわかりませんwww。悪くはなさそうですけどね(^^)

そしてまた若干のヒルクライムをしたところで、サドルが動き出したのでネジ締めしようと止まって降りたら、サングラスの左目レンズがポロッと落ちたあΣ(゚Д゚)

えええ〜、何故に???

よく見るとフレームの中央左側がフレームが割れてる。サングラスといえど度入りなので無しでは走れない。だから引き返すことに・・・・・orz

なーんか、BURA-SLに乗るとなんだかんだあって100km以上のロングライドが一度もできてない。呪われてるのかwww




BURA-SLで250km その4

スポンサードリンク
   


御前崎を出発して一路伊良湖岬へ。しかし、強烈な向かい風に悩まされ、一向に距離が稼げない。疲れも溜まってくるし、脚は痛むし。

かなり疲れたので、諦めてしばし休憩をとることにした。

140614御前崎

運良く近くに白砂公園という大きな公園があって、さらに東屋もあり40分ほど横になることが出来た。

休憩して若干楽にはなったが、相変わらずの向かい風で全然スピードが上がらない。それでも淡々と漕ぎ続けて、ちょくちょく来る竜洋海洋公園まできた。この辺りまで来ると気が楽になる。しかし、時間的にもう300kmは無理なので(夜間走行はやらないので)諦めて家に向かう。

あとはえっちらおっちらとひたすら漕ぎ続けて、ようやく家に到着 ε-(´∀`*)フウ

結局251km。残念だが仕方ない。次回リベンジだ。それでも自分の今までの最高記録は240kmだから記録更新。

しかし、今回ほど疲れたことはない。BURAじゃ150kmがイイトコだなあ。もっと鍛えないと乗りこなせないな。


バイクリンク: http://cyclemeter.com/03e848b44eab0c70/Cycle-20140614-0457
バイクタイム: 10:06:10
停止時間: 7:39:13
距離: 250.99 km
平均: 時速 23.75 km
最高スピード: 時速 58.00 km
登り: 950 メートル
降り: 935 メートル
カロリー: 5311



BURA-SLで250km その3

スポンサードリンク
   


さてさて、道に迷いながら、向かい風に悩ませながら、予想以上のアップダウンに挫けそうになりながら、ようやく御前崎に到着です。予定よりも1時間30分遅い。しかも股関節から太ももの裏側辺りが若干痛む。すねの辺りにも痛みがある。腰も痛けりゃ、首も痛いw

脚が痛いというのはこのBURA-SLだけに起きる現象。多分自分にはBURA-SLは硬すぎるのだろう。

140614御前崎

少し休憩して、今度は伊良湖岬に向けて出発。向かい風を心配したが、さほどでもなく意外とスピードを出して走りだした。と思ったら、やはり強烈な向かい風。20km/hも出ない。こりゃあ伊良湖岬に着くのは夜中くらいかw

御前崎から伊良湖岬までは120km。考えるのもいやになったwww


to be continued・・・・・



BURA-SLで250km その2

スポンサードリンク
   


秋葉ダムまでは非常に順調に走れた。若干の追い風もあって時には平坦路で40km/hで走行。気持ちいいですなw

さて、問題はここから御前崎までの道。天竜川の東岸をずっと南下して右手に船明ダムを見ながらとにかく南下。

140614御前崎
景色が良かったので一枚

この辺りまではほぼ一本道だから迷うことなく行けた。ここからが分かりにくい、というか道が多いのでどうとでも行ける。しかし調子こいて走ってるととんでもないとこに行ってしまう。

iPhoneのマップで道を確認しながら走るのだが、この区間は意外と向かい風。とにかくかなりのペースダウン。しかも以前から感じていたのだが、BURA-SLは70kmを越えたくらいから、脚が結構疲れだす。今回も100kmあたりから脚に来始めた・・・・ orz

それに御前崎までの道も分かりにくい上に向かい風でけっこうアップダウンがある。休憩時間も増えだした。こんなんで大丈夫かあw



to be continued・・・・・




BURA-SLで250km その1

スポンサードリンク
   


BURA-SLで6月14日に自宅から天竜川上流の秋葉ダム〜御前崎〜自宅の250kmを走りました。本当は御前崎から伊良湖岬まで行って自宅への予定でした。このコースだと300kmだったんですが、出来ませんでした(T_T)

さて、当日は快晴。毎年恒例の梅雨入り宣言した後の晴天続きでございますw
本当に湿度は低いし、天気はいいしで最高のコンディション。

140614秋葉ダム
出発前にパチリ

朝5時に秋葉ダムに向けて出発。予定では8時半に着くつもり。まずはウォームアップも兼ねて多米峠までのんびりと走る。一応タイムは5:39。BURAにしては遅いけど、他のロードバイクのタイムとほぼ同等。相変わらずBURAは登りに強い。

多米峠を下って浜名湖の西岸を北上して、浜名湖と猪鼻湖の間の浜名湖レークサイドウェイを通ってR362に合流。若干のフォローに乗って快調。

R362を東に走る。ここでも追い風で35km/hを越えるペースで走った。やっぱり35km/h以上出てると気持ちいいねえ\(^o^)/

140614秋葉ダム
いつもの撮影スポット

ずっと東に向かって浜北区のフルーツパークを抜けていつもの場所でパチリ。ここを走る時は必ず撮る撮影スポット。特に意味は無いw

140614秋葉ダム

140614秋葉ダム

「あらたまの湯」の前の急坂を登って(ここ結構キツイ)、森林公園前を走って船明ダムまで気持ちよく走る。車が少ないし道はいいし、快適な道です。

140614秋葉ダム

船明ダムを後にして、ここからは更に気持ちのいい道が続きます。自分の中では一番お気に入りのコース。最高です。

140614秋葉ダム
白滝不動尊

白滝不動尊を越えてしばらくアップダウンを繰り返すと第一目的地の秋葉ダム。予定より30分早い8時に到着。ここまで70kmです。ここまでは至って快調。

140614秋葉ダム

140614秋葉ダム

140614秋葉ダム

小休止をしたら次の目的地の御前崎に向かってしゅっぱ〜つ。

to be continued・・・











BURA-sl in 福津峠

スポンサードリンク
   


BURA-slのコンポがSRAM FORCEからDURA9000に変更となりました。ただしブレーキは変わってません。お金がなかったので。それにSRAM FORCEのブレーキはかっこいいし。

早速翌日に試乗です。新城市の大原調整池の方へスタート。さてSRAM FORCEからどう変わったかというと、変速性能はいいはずなのに調整が甘いのかイマイチシャキッとしない(−_−;)

REFALEのコンポをアルテ6700からDURA9000に変更した時のような劇的な変化はありません。まあ、この日は相当な強風で、追い風の時は50km/h以上出るし向かい風や突風が吹いた時はふらついて走ることさえままならない状況だったからなんとも言えませんけどね。

BURA-sl in 福津峠

新城の大原調整池の辺りからは適当に流して、福津峠に出た。ここは久しぶり。T字路を右折して三ヶ日IC方面へ向かう。
BURA-sl in 福津峠

この後三ヶ日ICまで出て浜名湖の東側を走って帰宅。するつもりだったのだが、あまりのすごい風に煽られまくって危なかったので、最短で帰ることにした。走りがどうこういう状況ではなかったですw

それでもDURAに変更したというのは気分的にいいもので満足はしてます。もう少し暖かくなったら距離の長いヒルクライムもやってみたいです。BOMAのTH-9のカーボンホイールの性能もはっきり掴んでないしね。巡航はどうなのか、ヒルクライムはどうなのか。この先色々試してみないと。

BURA-sl in 福津峠




REFALEで初伊良湖岬

スポンサードリンク
   


2月1日はREFALEで伊良湖岬へ。年に数回伊良湖岬へ行きますがREFALEでは初。

DURA9000にしてからのREFALEは、ダイレクト感があってよく走ります。発進加速自体は大した違いはありませんが、アベレージが若干上がって、30km/h巡航が随分と楽になりました。

今回はいつもとは違ったルートにしてR42を走って伊良湖岬へ向かいました。写真撮影以外はノンストップです。

さてさて、早いもんでもう菜の花が咲いてます。菜の花まつりで人で賑わっていました。
BOMA REFALE in 伊良湖岬

BOMA REFALE in 伊良湖岬
赤羽根近くです。太平洋が綺麗です。

BOMA REFALE in 伊良湖岬
伊良湖岬が近いです。天気も良くて景色がきれいです。

BOMA REFALE in 伊良湖岬
日出の石門の激坂を上ったところ
日出の石門では20%近くの激坂の洗礼です(−_−;)
こちらから走ったのは初めてです。こんな凄かったっけw

BOMA REFALE in 伊良湖岬
絶景です。いいねー。

BOMA REFALE in 伊良湖岬

伊良湖の灯台のすぐそばです。しばし休憩してから出発。道中昼食のためにコンビニに寄り、その後は白谷海浜公園で一服。

BOMA REFALE in 伊良湖岬
白谷海浜公園

あとは家までノンストップ走行。風が強かった割にはなかなか速かったです。


バイクリンク: http://cyclemeter.com/03e848b44eab0c70/Cycle-20140201-0948?r=e
インポートリンク: http://share.abvio.com/03e848b44eab0c70/Cyclemeter-Cycle-20140201-0948.kml
バイクタイム: 4:23:33
停止時間: 1:54:58
距離: 112.98 km
平均: 時速 25.72 km
最高スピード: 時速 54.06 km
登り: 417 メートル
降り: 414 メートル
カロリー: 2536



自転車部初走り ハマイチ

スポンサードリンク
   


1月18日は今年初めての自転車部走行会。総勢6名でまたまた浜名湖一周(ハマイチ)です。相変わらずの天気の良さはオヤジローディのお陰ですね(`・∀・´)エッヘン!!
自分で言うのもなんですが、本当にここ数年は晴れ男です。

今回の出発地は浜名湖と猪鼻湖の間にあるドライブインみたいなところ。ここにAM10:00に集合。相棒は自転車部には初公開のニールプライド BURA-SL。ホイールはチューブラーカーボンのBOMA TH-9です。チューブラーでの長距離は初ですので、何かあった時に大勢いたほうが助かるのでこれにしました。

浜名湖左回りでの走行です。ハマイチは二度目の部員も多くて、結構みんな余裕を感じられます。前半の舘山寺まではのんびり走行でしたが、ところどころ30km/hオーバーで走りました。以前ならついてこれない部員が多かったんですが、今回はみんな割とついてきてて、それなりのレベルアップを感じた。

自転車部浜名湖一周
住宅街はのんびりです。

舘山寺で昼食。前回入ったうどん・蕎麦屋の「かど屋」でまた食べました。ここは安くて美味しくて、部員谷も評判がいいです。しかし、どう考えても消費カロリーより摂取カロリーの方が大きいなw
我が自転車部の特徴です(全然健康的じゃないなーw)

さて、舘山寺を後にして再出発ですが、ここからは道もよく車も少ないので先頭を交代しながら走りましたが、意外と速い。ところどころ35km/hオーバーで走りました。さすがに遅れだす部員もいましたが、みんな速くなったなあ、と実感。嬉しい反面、部長の座が脅かされているという危機感も抱きました。自転車部最速と部長の座は誰にも渡さんwww

浜名湖の北側はアップダウンが割と合って前回はみんなへたばってましたが、今回はすんなりと走っていきます。そしてゴール。

自転車部浜名湖一周

通りすがりの人に写真を撮ってもらって、ひとしきり談笑した後に解散。今回は休憩はのんびり取りながらでしたが、アベレージスピードは前回よりも速かったです。次回はどこ走ろうかな。


BURA-SLとBOMA TH-9

スポンサードリンク
   


1/4はBURA-SLに乗って近所を徘徊w

本当は猪鼻湖と浜名湖の間を抜ける40kmほどのルートをライドする予定でしたが、寒さ対策で厚着をしすぎてかえって暑くなってしまい、走る気が失せて諦めましたw

さて、BURA-SLには昨年の終わり頃にBOMAのディープカーボンチューブラーホイールのTH-9を履かせました。その試乗も兼ねてのポタリングです。

BOMA TH-9

このBOMA TH-9はフロントのハイトが38mm、リヤが50mmと前後でハイトが違うホイール。チューブラーは初めてです。

乗り心地はクリンチャーに比べると、トレーニング用タイヤでもかなりしなやかさを感じて乗り心地はいいです。それに狙い通り巡航が少し楽になりました。その分ヒルクライムに影響が出るかも知れませんが。まだ少ししか乗ってませんのでこれから乗り込んでどんな感じか書いていきたいと思います。




BURA-SLで豊橋市白須賀ポタリング

スポンサードリンク
   


8月31日はBURA-SLで静岡県西部から豊橋市白須賀の辺りをポタリング。本当は浜名湖一周か天竜川加工の竜洋海洋公園まで走ろうかと思っていたのだが、天気が心配だったので短距離にした。


今回はBURA-SLにALIZEに履かせている38mmハイトのカーボンホイールをつけて走ってみた。若干踏み出しが軽いような気がするし、なによりも多米峠が最短記録。今までは同じBURA-SLの5分9秒だったのが今回は5分3秒ともう少しで夢の5分切りというところまできた。


カーボンホイールのおかげかどうかは微妙なところだけどねw
ただしJETFLYが前後で1520gほどでこのカーボンホイールは前後で1250gと270gも軽量だから上りには有利に働いたとは思う。

NEILPRYDE BURA-SL

タイヤは同じHUTCHINSONのATOM COMPで同じなので交換しなかった。だから色がへんちくりんな組み合わせ。端から見たらおかしなロードバイクだwww


結果的にはNOVATECのJETFLYと大きな違いを感じられなかった。もしカーボンホイールで走りが劇的に変われば購入する予定だったのだが、このままJETFLYで走ることにした。


もう少し走りこまないと分からないな。



BURA-SLで大島ダム(愛知県新城市)

スポンサードリンク
   


8/18にはBURA-SLで愛知県新城市の朝霧湖にある大島ダムまでサイクリング。


新城の嫁さんの実家に娘を送りがてら、近くの公園に車を移動してBURA-SLを降ろしてレッツゴー。新城市は車が少ない上、道も景色もよくてお気に入りのコース。特に宇連川は水がすごく綺麗で気持ちがいい。

BURA-SL
湯〜湯〜ありーなの裏。宇連川はとにかく水が綺麗。

BURA-SL
鳶が気持ちよさそう。

BURA-SL
大島ダムに到着。

大島ダムには何度も来てるのだが、上りが続いてきついイメージが強い。しかし、BURA-SLならかなり楽に登れた。やっぱりヒルクライムには持ってこい。

さて、大島ダムはいつもダムの上を渡って南側を通るのだが、今回は初めて北側のルートを走った。道が狭くて走りにくかったし、途中で通行止めの看板が。とりあえず自転車なら行けるかもと思ってそのままゲートを越えて走っていった。
BURA-SL

BURA-SL
さらに走ると大きな穴のあいた工事現場。しかし左端に板がかけてあるのでBURA-SLを担いで渡って、さらに進んだら工事とは関係なく、土砂崩れで通行止めw 結局だめじゃんか・・・・orz

130818大島ダムIMG_8535_2.jpg


手前で多くの人が湧き水を汲んでいた。並んでいる人がいっぱいいたけどボトル1本なので先に入れさせてもらえた。ありがとうございます。冷たくて美味しい〜。

帰りは頑張って飛ばしてみましたが、どうにもスピードが維持しにくい感じが拭えない。スピードはちゃんと出るんですけどね。