センチュリオン クロスライン - オヤジローディのヘタレ奮闘記

浜名湖大試乗会&ハマイチ

スポンサードリンク
   


3/26は浜名湖大試乗会に行くため自宅からクロスバイクのCENTURION CLOSSLINEで出かけました。試乗会はあまり人がいなくてほとんどのロードバイクにすぐに乗れて良かった。

合計で7台に試乗しました。順番に
1.EDDY MERCKX sallanches64(サランシュ64)
2.DEROSA KING XS
3.DEROSA ピニンファリーナSK
4.ANCHOR RL8
5.DARE MR-1(ディアMR-1)
6.FARNA700(ファーナ700)
7.MERIDA SCULTURA 5000

中でも気に入ったのが、メリダのSCULTURAと台湾の新興ブランドのDAREのMR1。どちらも軽量バイクらしく出足が軽く加速性は抜群。加速性がいいということはヒルクライムにも向いています。そして乗り心地も良かった。この2台はかなり良かったです。

次によかったのはDEROSAのピニンファリーナSK。デザインもよく乗りやすい。全体にそつのないロードバイクに感じました。これは同じくDEROSA KING XSでも感じました。

結局7台に試乗したが最近は乗り慣れてきたのか、あるいは以前ほどのめり込んでいないのか、どれに乗っても以前ほどは差を感じない。どれもこれもいい。アルミのFARNA 700(コンポは105、ホイールはアルテ6800で16万円台 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ )も出足こそ若干もたつく感じがあるものの乗り心地がとてもよく、ロングライドにはもってこいでこれで充分だと思いました。どのブランドもレベルが高くなったということか。

その後はのんびりと浜名湖を一周。ここのところハマイチと言えば何分で走れるか、ばかりだったのでたまにはのんびりと走るのもいいもんだなあw

DEROSA KING XS
DEROSA KING XS

DEROSA ピニンファリーナSK
DEROSA ピニンファリーナSK

DARE MR-1
DARE MR-1

MERIDA SCULTURA
MERIDA SCULTURA

気比の関所
気比の関所

ハマイチ
奥浜名湖

ハマイチ
CENTURION CLOSSLINE


サンテパルクたはらへクロスラインでGO!

スポンサードリンク
   


新年初走りはロードバイクではなくクロスバイクのセンチュリオン クロスラインでした。本当はニールプライドのディアブロの予定だったんだが、前日名古屋で飲み会があり豊橋駅までクロスラインで行き駐輪場に止めたら、いつもなら翌日の午前1時までOKなのが正月三が日は当日の夕方5時までだったw

よって帰ってくる頃は駐輪場はすでに閉まっていて、しょうがないので翌日取りに行きがてらそのまま伊良湖岬へと走りだした。しかし前日まで暖かかったのに3日は寒かった・・・・・orz

というわけで寒いので途中であきらめて手前のサンテパルクたはらでUターン。新年早々ヘタレな走りになってしもうた。しかしクロスバイクで65kmはしったからまずまずか。

サンテパルクたはら

サンテパルクたはら

サンテパルクたはら
太平洋ロングビーチ

サンテパルクたはら
久しぶりに凧揚げを見た。人もいないし電線もないので凧揚げには絶好だ。



御油の松並木と本宿と東三河ふるさと公園

スポンサードリンク
   


12/14の土曜日に久しぶりにセンチュリオンのクロスバイクでサイクリング。目的地は安城市にある某サイクルショップ。のつもりだったんだがあまりの寒さで中間辺りの本宿(もとじゅく)であきらめて引き返したw

本宿ポタリング
御油の松並木

有名な御油の松並木。春頃にくるといい感じです。のんびりと走りたいところですが、ちょっと道が細いのと意外と交通量が多いので少し走りにくい。

本宿ポタリング
本宿
ここは本宿。昔は藤川宿(ふじかわしゅく)と呼ばれていたようです。御油にも宿(しゅく)が有り、その西に赤坂宿(あかさかしゅく)があって、そしてこの本宿へと続きます。当時はたいそう賑やかだったようですよ。

東三河ふるさと公園
東三河ふるさと公園


東三河ふるさと公園
東三河ふるさと公園


東三河ふるさと公園は県内11番目の県立公園で愛知県豊川市にあります。東三河の歴史、自然、文化を紹介するというコンセプトでいくつかのゾーンから構成されています。娘が小さいころに来たことが有ります。ちょっと懐かしい(^^)

寒いのが苦手なので冬はクロスバイクでのんびりと走ってます。しかし、最近は春秋が少なくて夏と冬が猛暑厳寒なのでローディには辛いですねえwww




気になるクロスバイク GIANT ESCAPE R3

スポンサードリンク
   


GIANT ESCAPE R3は、GIANTの主力バイクです。クロスバイクの代名詞的な存在です。

ESCAPE R3は街乗り、ジテツウ、サイクリングと幅広く使える万能クロスバイクです。



とにかくよく売れてますね。
アルミフレームで重量は11.4kg。ロードバイクではないので十分な軽さです。ギヤリングはフロントが48T/38T/28Tのトリプル。リヤが11-32Tとワイドなのでどんな道路でも対応出来ます。タイヤは700x28Cなので軽い走行感と乗り心地を両立させます。パンクもしにくいサイズですので安心してジテツウにも使えますね。(パンクすると遅刻は必至w)

フラットバーでアップライトなポジションなので操作もしやすい、だれにでも乗りやすいクロスバイクです。




GIANT ESCAPE R3のメーカーサイトはこちら



ペダルはPD-A530の片面フラット

スポンサードリンク
   


先日書いたセンチュリオンのクロスラインにはビンディングペダルを付けているが、ダートを走ってる時は何が起きるかわからないので、万が一に対応できるようにペダルからシューズを外している。

今付けているペダルはPD-A530という片面ビンディング、反対側はフラットペダルの使い勝手がいいスグレモノ。実際使いやすい。




さて、このペダルはビンディングとは言うものの、クリート部分はSPD-SLではなくてSPDというクリートと専用シューズを使う。このSPDシューズは平地でも歩きやすく、またフラットペダル側を使えば普通の靴でも乗れる結構便利なペダルだ。

もし、ロードバイクに使うSPD-SLのような大きなクリートが嫌なら(本当に歩きにくい。ペンギン状態になるw)これがオススメ。普通の靴もつかえるしね。




クロスラインでポタリング

スポンサードリンク
   


2/17は久しぶりにセンチュリオンのクロスラインというクロスバイクで近隣をポタリングした。

このセンチュリオンのクロスラインはクロスバイクと言うよりもマウンテンバイクに近い。フロントサスペンション、ハードテイルでタイヤは700✕35Cとちょっと太め。

センチュリオン クロスライン
近所を適当に走っていたら、ちょっと山あいの誰もきそうもない柿畑に出た。県道からほんのちょっと中に入っただけなのにこの状態。気を抜くと方向を間違えそうになる。ちょっとした山で道に迷う人が出るわけだ。

で、さらに適当に走ってたら堤防に出た。
センチュリオン クロスライン

自分は堤防が好きなので気持ちよく走って、堤防を降りてダートを走り、河川敷を走り24kmほど走って終了。

センチュリオン クロスライン
こんなような道も走る。


このクロスラインはマウンテンバイク寄りだけあってちょっとしたダートならまったく問題なし。ロードバイクとはまた違った良さがあって、どこでもイケるっていうのは楽しいな。







お気に召したらポチッとな

にほんブログ村