自転車いじり - オヤジローディのヘタレ奮闘記

XELIUS EFI ULTIMATEとOPUS ALLEGROの組み立て

スポンサードリンク
   


前回の記事でXELIUS EFI ULTIMATEを手に入れたことを書きました。実はもう一台、OPUS ALLEGROも安く購入してました。

OPUSは知らない人も多いんじゃないかと思う。OPUS(オーパスと読みます)はカナダのビッグブランドで2011年に日本に上陸しました。自分は若い頃はランドナーによく乗ってましたが社会人になってからはたまにしか乗ってなく、ちょうどまた本格的に乗ろうと思ったときに最初に買おうとしたのがこのOPUSのMTBでした。当時はまずはMTBを手に入れようとネットで調べていたら安くてかっこいいMTBを発見。それがこのOPUSでした。しかし、買おうと思ったそのちょっと前に売り切れてしまい、結局今も乗っているCENTURIONのCLOSSLINE ULTIMATEというMTB風クロスバイクになりました。

ちなみにOPUSは2014年に撤退してます。はやっw

さて組み立てですが写真を撮っておりません。そんな余裕はなかったですw
何と言っても苦労したのはBB。外すのも大変でしたが、はめるのはもっと大変でした。専用工具があればよかったですが、ネットで他の方の組付けなんかも調べてたら結構自作の工具でやっていたので自分も真似ました。しかし、かんたんにハマるかと思いきやこれが固くて、はめている最中に「バキッ」とか音がするもんだからビビりまくりw ゆっくりゆっくりはめ込みました。

次に大変だったのがワイヤリング、と思ったのですがさほど苦労せずにフレームに通せました。それよりもFDの調整のほうが手間取りました。市販のメンテナンス本を見ながらやったのですがうまく変速せず苦労しました。もっともシマノのマニュアルをちゃんと読んでやり直したら一発でしたw 基本は大切ですね。

なんだかんだでそれぞれ半日ずつ費やしましたが初めてにしてはうまく行ったと思います。変速もスパスパ決まります。

161030ポタリング_IMG_0524.jpg

OPUS ALLEGRO
ALLEGROは元々ティアグラ4600が半組付け状態だったのでTCR ADVANCED SEからアルテグラ6800を外して組み付けました。

AQUADROP(アクアドロップ)でガラスコーティング

スポンサードリンク
   


ついにDIABLOを手放すことにしました。先月のビワイチで過去最速(当者比)で走れたのですがどうにも楽しくない。自分には合ってなさそうなのでEMONDA SLフレームにコンポ等を載せ換えることにしました。

そこで新しいEMONDA SLフレーム(中古ですが)にAQUADROP(アクアドロップ)でガラスコーティングしてみました。施工前後で写真を撮ればよかったんですが忘れましたw

方法はいたって簡単でまずフレームの油分や汚れを予めとった後にアクアドロップをスポンジに少量づつつけてフレームに塗布して引き伸ばしすぐに乾いた柔らかい布等で拭くだけ。全体をやったら2時間後にもう一度やるとされに強化されます。光沢が出て綺麗になります。良かったらお試しあれ。





CANNONDALE SYNAPSEの嫁入り

スポンサードリンク
   


CANNONDALE SYNAPSEを会社の自転車部の部員に安く譲った。

ロードバイクが5台もあって部屋も狭苦しいし、今後あまり出番がなさそうなので思い切って手放すことにした。当初はヤフオクに出品しようと思ったのだが、この部員自転車部に入りたてでちゃんとしたロードバイクを持っていなくて、しかも予算も少ない。ということでなるべく安くするからどうかと確認したら是非欲しいとのこと。

このCANNONDALE SYNAPSEの構成は2013年モデルのフレームにハイト38mmの中華カーボンクリンチャーホイール。このホイールは前後で1300gと軽量でしかもセラミックベアリング。当時9万円以上した。しかもよく回る。コンポはアルテグラ6700でブレーキは105。CANNONDALEはBB30なのでクランクはFSAのSL-Kライト。あとはカーボンハンドルにカーボンポスト。サドルはスパイダーツインテールもどき(性能は本物と余り違いを感じられない)。ペダルはエックスプレッソ2。

この構成で重量は7kgジャストと軽量に仕上がっている。乗り心地は最高でヒルクライムもお手の物。はっきりいってコンフォート系のエンデュランスロードの範疇に入っているが、オールラウンダーと言っていい。自分で言うのも何だがお買い得だと思うなあw

CANNONDALE SYNAPSE
ホイールは変更前の写真。





パーツ組み換え

スポンサードリンク
   


現在手持ちのロードバイクは5台。BOMA REFALE、NEILPRYDEのBURA-SL、ALIZE、ZEPHYRとCANNONDALE SYNAPSE。その中でALIZEは2013年の1月、REFALEは3月に手に入れたのですでに2年以上になる。自分はすべてのロードバイクで必ず走ると決めているコースが7つあって、この2台はすでにクリアしている。

150425ハマイチIMG_6047.jpg

そこでALIZEは今後も乗るつもりがあるのだが、問題はREFALE。デザインは気に入っているし特に走りに不足もなく問題はないのだが、これから先を考えると恐らくあまり乗ることはないだろう。他の4台と比べるとどうにも特徴がないのだ。登りも平坦もそつなくこなす。それ故に若干面白みに欠ける気がする。積極的に乗ろうという気にならないのだ。

御前崎ライド

このREFALEのコンポはDURA-ACE 9000でホイールはBOMAのカーボンチューブラーのTH-9。カーボンホイールにしては安かったがよく回るいいホイール。乗らないのにこのまま付けておくのは勿体無いのでZEPHYRにDURA9000を載せ換え、TH-9ホイールとZEPHYRのアルテ6800コンポをALIZEに載せ換えようかと思っている。

ZEPHYRはコンフォートロードにカテゴライズされているが実際乗ってみるとオールラウンダーで登りも結構いける。DURA9000にすることで300gほど軽量化できるし、ホイールは11速化するWH-7900-C35-TUにすればかなり戦闘力の高いロードになる、はず。まあ、自分の貧脚では大した違いはなかろうがw

組み換えが自分でできればいいのだが、そんなスキルはないし工具もない。サイクルショップに頼まないとダメなんだが先立つモノが・・・・・。ホイールも欲しいしなあ。



チューブレスレディ

スポンサードリンク
   


先日、IRCのチューブレスタイヤ、ロードライトを購入しました。それを手持ちのNOVATEC JETFLYにつけようとしたんですが、JETFLYは専用のリムテープが必要ということを知らなかったので用意してなくて、今回は断念。

代わりに中華カーボンホイールでチューブレスレディタイプがあるのでそちらにつけることに。石鹸水をたっぷり塗って装着してみました。そりゃもう硬いのなんのw
最後はIRCチューブレスタイヤ専用のタイヤレバーを使ってはめ込みました。そしてエアー注入・・・・。

しかし、何度やってもどうやってもエアーが漏れる。CO2ガスを使って瞬間的に入れてみてもだめ。結局諦めてJETFLYの専用リムテープを購入してそちらにつけることにしました。でも、このNOVATEC専用リムテープがネット上で見つからない。ドコで手に入るんだろ(-_-;)



FELT F5のクランク調整

スポンサードリンク
   


久しぶりにFELT F5のクランクをいじった。このFELT F5は自分の最初のロードバイクで、今は会社の若手社員の愛車です。

そいつ曰く、「何かペダルが重くてこぎにくい。僕が遅いのはそのせいだと思います」と己の実力不足を棚に上げて、あっけらかんとのたまうw

開いた口が塞がらないとはこのことなのだが、優しい上司でもある自分は口には出さない。その分態度で示しましたけどねwww

FELT F5を会社まで持ってこさせて自宅に持ち帰って診たところクランクの左側のネジが緩んでいたので、クランクをばらしてまずは掃除。FELT F5はBB30だからクランクを外すだけなら簡単。ばらしてみたところ、スペーサーの入れ方の順番がなんかおかしい。ベアリングは問題なさそうなので、汚れをきれいに拭きとってスペーサーをグリスを塗りながら、順番通りに入れなおし組み付け直した。

3本ローラーで試しに漕いでみると、何か左のペダルがカクカクする。ペダルの軸がおかしいのかと思ったが、なんともない。

結局、クランクを締め増しして、何度か締めては3本ローラーで漕いだりして程良い所をさぐった。何とか様になったので今度はディレイラーの調整。この時点で大分嫌気が差してきていたw

前後のディレイラー調整に1時間位かかったがなんとか調整できた、と思う。段々面倒くさくなってきたので適当なところで終わりw

翌日、本人に乗ってもらって感想を聞いたら「軽くなりました」。自分で調整しといてなんだが、それってプラシーボ効果じゃないの? 
まー、長距離走れば治ったかどうか分かるだろうwww






ロードバイク4台乗り比べ

スポンサードリンク
   


8/4(日)に少し時間が出来たので、全く同じコースで手持ちのロードバイクBURA-SL、ALIZE、REFALE、TCR ADVANCED SEの4台の乗り比べをしてみました。


正直、このところ自分が不感症というか贅沢というかどれに乗っても満足せず不満がでます。とにかく楽して速く走りたい、という気持ちが強くてあれこれと気に入らないところばかりに目がいってました。自分の脚力を差し置いてw


というわけで、実際初めて乗った時に感じた各ロードバイクの性能差をもう一度比べなおしてみようと思ったわけです。


それぞれに良さや細かな違いがあります。例えばBURA-SLならヒルクライムが楽、ALIZEは快適で巡航性が高く、REFALEは安定感があってコーナーワークが楽しく、TCR ADVANCED SEは万能です。


しかし、結果はアベレージスピードはどれも殆ど変わらず、という結果でしたwww
結論はやっぱりエンジンを鍛えるのが先ですね。それにそれぞれの持ち味をもっと楽しむべきですね。


ところで秋には自転車部でビワイチをやることに決定しました。参加予定人数は8人、そのうち6人がほぼ素人。琵琶湖一周が約180km。180kmはおろか、100kmも走ったことがない連中ばかりで大丈夫なのかw? まあ、なんとかなるっしょ(^^)b


リタイヤは許さんぞーヾ(*`Д´*)ノ"






BOMAのREFALEフレームセット落札 その2

スポンサードリンク
   


実はREFALEを落札するとき、同じ人が同じBOMAのVELNO(ヴェルノ)のフレームセットも出していた。値段もほぼ同じ。こちらも捨てがたく、フレームの性格から言えばこちらの方が自分の使い勝手にあってそうだが、かっこ良さと色でREFALEにした。


さてさて、落札したはいいけどどうしようか。今のところ案としては3つある。ホイールやハンドル、ステムなんかは在庫があるのでこれを流用すればいい。


1つ目の案はALIZEのコンポが機械式アルテグラなのでこれをDi2にするか、7900系デュラにして、余ったコンポをREFALEに移植する。これだとお金が結構かかるしFELT F5もあわせてロードが3台になって置き場所に困るw


2つ目はFELT F5のコンポ(SRAM FORCE)をREFALEに移植する。これだと一番安く済んで、ロードも2台体制のままでいいのだが、正直SRAMのコンポはイマイチ好きになれない。手が小さいと押しこむのに苦労する。デザインはカッコいいんだけどね。


3つ目の案はREFALEにそのまま新しくアルテグラコンポを付ける。コストは1,2案の中間くらいで済む。ただし3台になるから置き場所を考えないと。


自転車は昔から乗っていたけど、ロードに乗ってからはお金がかかる、かかる。ロードバイクって金食い虫ですなあ。さてさて金策をどうしよう(−_−;)


ああ、そうそうBOMAは日本のメーカーで漢字で「望馬」と書くそうだよ。



BOMA(望馬)のREFALE(リファール)フレームセット落札

スポンサードリンク
   


先日、ヤフオクでBOMAのREFALEのフレームセットを購入した。


2週間ほど前にヤフオクでパーツを探していた時にたまたま見つけてウォッチリストに登録。BOMAは大阪のサイクルモードフェスタでDe'fira(デフィーラ)とVide(ヴァイド)に試乗して好きになったメーカー。


BOMAはお値打価格で高品質のフレームを作っていて、かなりおすすめできるメーカーだと思う。このREFALEのフレームセットは定価\178,500だが、ケーブルをフレーム内部に通す入口付近に若干の傷があるということでお値打ちに出されていた。

完成イメージ図はこんな感じでかっこいい(^^)




正直なところ、欲しくはあったがALIZEとFELT F5があって特に必要はないんだけど、落札されずにいたので誘惑に負けてついポチってしまった(^_^;)
欲深きオヤジローディですw




ANCHORのRL8に試乗しました

スポンサードリンク
   


1月28日は東京に出張だったので、前から気になっていた青山フォーラムというANCHORのショールームにおじゃました。青山フォーラムではANCHORの自転車が試乗できる。というわけで、ALIZEを購入するときに候補に上げていたRL8に試乗。

これ。


RL8にはDURA-ACE仕様のRL8、アルテグラ仕様のRL8 ELITE、105仕様のRL8 EQUIPがあってフレーム販売もしている。DURA-ACEとアルテグラには電動モデルへのアップグレードもあり、またホイールも選択肢は少しだけど選べるし、カラーも沢山の色から選ぶことが出来るセミオーダーシステムになっていて自分なりのセミオリジナルロードが手に入るのが魅力。

写真で見ると最近のカーボンロードにしては線が細い感じだが、実車はそうでもなく意外と迫力がある。試乗したのはEQIUPで重量はペダル込みで8.3kg、写真と同じレーシングレッドが鮮やかでかっこいい。

さて、試乗時間は30分ももらえる。誓約書にサインしてレッツゴー(^ ^)

漕ぎ出しは軽い。アップライトなのでポジションが楽でとても乗りやすく、乗り心地はまずまずマイルド。ただしフレーム形状から想像されるほどではなく、意外としっかりしている。こういうのを芯がある、とでも言うのだろうか。そして何と言っても登りがすごく楽でスイスイと進む感じ。全体のバランスがよくて、こうなんていうのか体に馴染むというのか、収まりがいいというか・・。

さすがにANCHOR史上最も売れたRFX8の後継車だけのことはあってRL8はいいなあ。ALIZEを買ったばかりなんだがRL8のDURA-ACE仕様が欲しくなった(^ ^;)

問題は納期。2ヶ月待ちだそうで、さすがにちょっと長すぎだろう。特にレーシングカラー仕様は大人気だそうだ。わかる気がする(^^)

ところで試乗時間は30分もあったが、なんせ東京は人と車が多くて走りにくい上にこちらは道に不案内だし生来の極度の方向音痴。途中でどこにいるのかわからなくなって楽しむどころではなくなってしまったのが残念だorz