パーツ類 - オヤジローディのヘタレ奮闘記

ミノウラV130のワイヤー交換

スポンサードリンク
   


固定ローラーのミノウラV130のワイヤー交換をしました。3年位前に抵抗の切り替えレバーが汗で錆びついて動かなくなったのと、丁度3本ローラーを手に入れたのでずっと放置して3本ローラーのみやってました。

しかし、ヒルクライムの練習には固定ローラーがよろしかろうということで修理することに。ネットで調べたらミノウラに直接パーツを注文することが出来ることが判明。すぐに送ってくれました。しかもかなり高いかと思っていたら随分と安かった。

交換は結構めんどくさかった。というのも強力な磁石があってこれがパーツを引き寄せてしまって思うようにバーツがはめられない。四苦八苦してなんとかはめて無事修理完了。

しかし、結局使ってないw


ミノウラV130



中華カーボンホイール(QSL38)のテンションアップ

スポンサードリンク
   


さて完成したNEILPRYDE DIABLO。とりあえず38mmハイトの中華カーボンクリンチャーホイールをつけてある。試しに走ってみたら全く進まないw

あまりに走らないので帰ってからホイールのスポークテンションを見てみたら、ご覧のとおり4kgf〜8kgf。これでは少しテンションが足りない。

s-IMG_7430.jpg

そこでテンションアップ。10kgf〜14kgfにあげてみた。
s-IMG_7431.jpg

これで走ってみたら、見事に走りがよくなった、ら良かったんだけどねw
多少良くなったくらいだった。

今年の春頃に10速タイプの中華カーボンクリンチャーホイールをテンションアップしたら見違えるように走りが変わった。それをイメージしていたんだけどそこまでにはならなかった。でもやる前よりは良くなったので、まあよしとするか。


ホイール欲しい病w

スポンサードリンク
   


さて、またまた物欲全開です。ホイールが欲しくなってきました。とはいっても、今年に入ってDURA-ACE WH-7900-C35-TU(ヤフオクで中古を購入)、DURA-ACE WH-9000-C24-CL、CAMPAGNOLO ZONDA(コレは後ほど売却)、FULCRUM RACING ZERO NITE(ヤフオクで中古を購入)と4本も購入している(書いてみて改めて知ったw)。

それでも欲しくなる。それにしても業の深いことよ ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

今回は固めでロープロファイルのいわゆるヒルクライム向けに分類されるホイールが欲しい。候補というか気になってるのがGIANT P-SLR1、EASTON EA90SL、VITTORIA ELUSION、CAMPAGNOLO NEWTRON ULTRAの4つ。ちなみにGIANT P-SLR1はヤフオクで知って購入意欲が湧いた。スカンジウムとアルミニウムの合金リムにDT-SWISSのハブ。GIANTは値段的に言えば1ランク上のものが手に入る。EASTON EA90SLとVITTORIA ELUSIONは自転車雑誌でのインプレで絶賛されていたから。ロードバイクそのものを試乗する機会が少ないので、いわんやホイールならもっと試す機会がない。だから、自転車雑誌等の評価は参考にせざるを得ない。最後のCAMPAGNOLO NEWTRON ULTRAはwiggleで安く出てるので候補にした。

他にはBORA ONE 35なども気になるがこちらは高い。

ヤフオクの結果

スポンサードリンク
   


1週間ほど前に出品した3種類のホイール。

・カンパニョーロ ゾンダ(CAMPAGNOLO ZONDA)
・中華カーボンチューブラーホイール
・ノーブランドの軽量アルミホイール(前後で1300g)

の3種類。さていくらで落ちたか結果はというと全て即決価格で早く決まりました。これは予想以上の結果です。すべて購入価格に近い値段で落札されて、レーシングゼロナイトの金額に近いです。これはありがたい結果でした。

でも、発送手続きが面倒くさかった。お金を稼ぐということは大変なことですね。今更ながら思いますw




ホイール3種のヤフオク出品

スポンサードリンク
   


さて、予想に反して落札出来てしまったフルクラム レーシングゼロナイト。予想外だけに懐が痛い。をいうわけで、ホイールを整理して3種類ヤフオクに出品することにした。

何を出すかというと
・カンパニョーロ ゾンダ(CAMPAGNOLO ZONDA)
・中華カーボンチューブラーホイール
・ノーブランドの軽量アルミホイール(前後で1300g)

iPhoneで写真を撮り、早速ヤフオクに出品投稿。何度かやったことがあるのでそれほど時間はかからずに出来た。期間は1週間。さて、いくらで落ちるだろうか。



FULCRUM RACING ZERO NITE ポチっとなw

スポンサードリンク
   


FULCRUM RACING ZERO NITEを手に入れました。中古でですが。

ヤフオクで出品されてて、この金額では落ちないだろうと冗談半分で入札。朝起きて確認したら落札してましたw
何となく嬉しいような嬉しくないような。思わぬ出費と相成りました。まさか落ちるとはねー。

ま、ラッキーでしたけどね。欲しいことは欲しかったし、かといってホイールセットが色々含めて8セットもあるから贅沢だし、自転車基金もそこを尽きかけてるし、とフクザツな心境の中踏ん切りがつきましたwww

それに余り使わないホイールをヤフオクに出す気になったしね。ただでさえ狭い部屋にロード5台にクロス1台。ホイールがこれで9セットになるから前々からそろそろ室内も整理せねばと思っていた。しかし、ヤフオクって発送準備が結構面倒くさいからやる気でなかったんだよね。でも、まあ先立つものもなくなったことだし幾ばくかは懐を温めてくれるだろう。さて出品準備にとりかかるか。



そういえば、レーシングゼロナイトってブレーキシューが専用品だった。変えるのめんどくせーなー・・・orz



カンパニョーロ ZONDA到着

スポンサードリンク
   


CAMPAGNOLO ZONDAが到着しました。G3がかっこいい(^^)

さて、お決まりの計量。
カンパニョーロ ゾンダ
リヤは930g

カンパニョーロ ゾンダ
フロントは685g

合計1615g。ZONDAのカタログ重量は大体1550g。しかし、これはフリーボディがカンパ用の場合。シマノ用は1600gくらいです。で、自分のはシマノ用。だから誤差の範囲です。ただ、MoMag加工なのでリムにスポーク用の穴があいてません。つまり、リムテープが不要。その分タイヤ自体も含めた重量では若干軽く出来ます。

さて、まずはZEPHYRに付けて試してみるかな。楽しみだ。



NEWホイール CAMPAGNOLO ZONDA

スポンサードリンク
   


前からほしいと思っていたNEWホイール。候補はVITTORIA ELUSION、EASTON EA90 SL、CAMPAGNOLO ZONDAのどれか。

その中で買ったのは かむぱぐのろ ゾンダ。大英帝国のネットショップWiggleでクリンチャータイプがかなり安かった。既に発送されてただいまこちらへ向かってるそうです。

本当はVITTORIAのELUSIONが欲しかったのですが、なかなか見かけない。EASTONはちょっと高い。という訳でインプレ評価も高く値段もそこそこのカンパニョーロのZONDAに決定。コンポーネントも含めて初カンパです。まずはZEPHYRかALIZEで試してみる予定。早く届かないかなあ。



MEGA G3が美しいw



中華カーボンホイールのスポークテンションアップ

スポンサードリンク
   


ALIZEで去る4/25ハマイチ(浜名湖一周)をやった。ヤフオクでWH-9000と勘違いして落札したWH-7900-C35-TUの試走だったのだが、これが踏み出しがとても軽く走行中も良く回って本当に気持よかった。

今までALIZEには中華カーボンのクリンチャータイプをつけていたのだが、タイヤをHUTCHINSON ATOM COMPからPANARACER RACE A EVO2にしてからちょっと重い感じがしていた。タイヤのせいもあるのだろうが、試しにスポークテンションを調べてみたらフロントは問題なし。しかし、リヤの反フリー側のテンションが低い。スポークによってはテンションメーターのメモリがほぼ0。高くても4程度。

テンションメーター

テンションメーター

そこでテンションメーターで10程度まで上げてみた。フレ取り器にセットしてフレに注意しながら反フリー側のテンションを順次上げていった。全部一旦テンションを上げてみてフレ取りをし、再度テンションを測ってる。これを繰り返して終了。フレ取りも上手くいき、まずまずの出来栄えだと思う。

早速ALIZEに付け直して3本ローラーをやってみた。違いはというと・・・・・。うーん、若干回転が軽くなったような、そうでもないようなw

実走してみないと分かりませんね。



WH-7900-C35-TUを11速化

スポンサードリンク
   


先日手に入れたWH-7900-C35-TU。元々はWH-9000のつもりでヤフオクで手に入れたのだが、大間違いであったw

Facebookでそのことをアップしたらアルテグラ6800のカセットをWH-7900で使えるようにする加工方法があることを教えてもらった。ネットで調べたら加工済のCS6800が販売されてた。

早速購入したら5/1に届いた。まだ付けてないが近々試すつもり。ちゃんと使えたらWH-7900とWH-9000で使い回しできて便利だ。




ホイール買おうかな(^_^;)

スポンサードリンク
   


最近また物欲があああ・・・
ホイールが欲しいんだよヽ(`Д´)ノプンプン

って、別に怒ってるわけではありませんw
しかし、自転車雑誌のCYCLE SPORTS誌で3月号と5月号でホイール特集をやっていて、読んだら欲しくなってきた。というのも、この間のALIZEでの佐久間ダムライドがあまりにきつくしかも遅い感じがしたから。

これはきっとホイールが悪いんだ、そうなんだ、そうに違いないと自分を棚に上げて(実際この中華カーボンクリンチャーホイールで昨年の夏にやった天竜川堤防北上ランでは結構速かったw)ホイールを買う理由にしてます。

現在手持ちのロードバイクが5台。これだけ聞くと凄くセレブチックに聞こえますが、もちろん違います。事故によるにわか成り金をきっかけにヤフオクで安くフレームやらパーツやらを買って組み上げていったら増えていた、だけです。

で、ホイールは中華カーボンクリンチャーホイールが2本(意外とよく回ります)、中華カーボンチューブラーホイール、WH-7900-C24-CL、WH-9000-C24-CL、BOMA TH-9、NOVATEC JETFLY(これがまたよく走る)、無名ブランドの軽量アルミホイール(1300g)、WH-RS31があります。

今候補に上がっているのは剛性感が高く加速がいいと評判のフルクラム レーシングゼロとイーストンEA90 SL。それに雑誌インプレで剛性が高く加速、高速巡航ともにハイレベルと評価の高いヴィットリア イリュージョン。あとはロングライドに向いているカンパニョーロ ゾンダ。この4本にノバテック スプリント辺りを狙ってます。

レーシングゼロ


イーストンEA90 SL


カンパニョーロ ゾンダ


ノバテック スプリント

レーシングゼロとEA90SLはちょっと高いのが難点。ヴィットリア イリュージョンは値段は安くて使ってる人もあまりいなさそうで狙い目ですが重量がちょっと重いのと、乗り心地がかなり悪そう。ゾンダは手持ちのホイールが比較的柔らか目が多いのでかぶりそう。ノバテックスプリントはノバテックジェットフライを持ってるからちょっとためらうなあ。実売価格は安くていいけどね。

うーん、悩む。というかそもそも必要かというと今あるホイールでも何ら問題はないw
単なる物欲とも言えるし。どうしたもんか。お金が余ってるなら迷わずレーシングゼロなんだけどなあ。



STAGES POWERというパワーメーター

スポンサードリンク
   


少し前の記事で書いたパワーメーターは「STAGES POWER」という名前でした。

非ドライブ側のクランクの内側にセットされてますが、センサー単体では販売しておらずクランクに取り付けた状態で売ってます。つまりクランクごと交換ということになります。それでも安い。しかもこの「STAGES POWER」はチームスカイが採用しています。

Stages Powerは片側のクランクアームのひずみゲージで測定された値を仮想的に左右のパワーとして算出しているそうで、仮想出力計算式は次のような計算式です。

P2*((Fav*9.8*L)*(R*0.1047)

P(w):ワット
Fav(kg):回転毎の平均力
9.8:重力加速度
L(m):クランク長
0.1047:定数


ま、こんな小難しい計算式は覚えなくてもいいですがちょっと気になります。ブルートゥース4.0とANT+で通信できます。スマホやANT+対応のサイコンでゼロリセットできるそうです。電池もCR2032。重量はセンサー単体で20gと軽量です。

気になるお値段は
デュラエース(9000/7900) 99,000円
アルテグラ(6800/6700) 89,000円
105(5800/5700) 79,000円
FSA BB30/BB386EVO 79,000円

他のパワーメーターと比べると安いですね。しかし、このSTAGES POWERは左右のバランスやそれぞれの出力は計測できないようです。ロングライドメインでレースには気まぐれで出ている自分には出力の大きさがどうかよりペダリング効率の方が気になるから、パイオニアペダリングモニターのほうがやっぱりいいかな。






中華軽量アルミホイール

スポンサードリンク
   


先日の自転車部伊良湖岬ライドに乗ったCANNONDALE SYNAPSEに履かせているのはノーブランドの中華軽量アルミクリンチャーホイール。22mmハイトで前後で1300g。ハブはPOWER WAY。

普段、長距離ライドにはWH-7900-C24-CLを使ってますが、今回は前回のポタリングに続きこの中華アルミクリンチャーホイール。前回が良かったので結構気に入ってます。

CANNONDALE SYNAPSE

CANNONDALE SYNAPSE

これがよく回るし、登りも楽だし、送料も含めて4万円とコスパが抜群。固めだけど振動吸収性が高いシナプスとの相性もいい。シナプスはアルテグラ6700なので10速だけど、もちろん11速対応。自分でステッカーを作って貼ったので知らない人にはちゃんとしたメーカーのホイールに見える。無論ローディにはバレバレだけど(^_^;)

でも、ブランドに拘る人ならともかく自分は性能が良ければあまりこだわらないのでこれは大正解だった。
以前買った中華カーボンフレームもよかったし、現在BURA-SLで使っている中華カーボンチューブラーホイールもなかなかいいし、中華恐るべし。



パワーメーター

スポンサードリンク
   


最近新しいパワーメーターが出たそうですね。クランクの裏側にセットされていて左側のクランクそのものを交換します。DURAを始めとしていろんなクランクがあるようです。

特筆すべきなのが値段。今人気のパイオニアパワーメーターの半値くらいです。もうちょっと詳しく調べてみますが、パワーメーターの欠点は高いことですね。安いパイオニアのパワーメーターでも15万くらいしますし、セットするためにクランクを外してパイオニアに送らなければなりません。それに対して新パワーメーターは左側クランクを交換するだけ。しかも安い。コレ流行りそうです。



Kabuto ゼナード

スポンサードリンク
   


KabutoのゼナードはKabutoの新しいヘルメット。エアインテーク面積がレジモスに比べ15%アップしてよりクーリング効果を高めてます。

Kabutoのヘルメットは日本人の頭の形に合わせて開発されているだけあってかぶってる時のシルエットが海外メーカーのヘルメットよりはかっこ良く見えますw

あとはどのモデルも軽くて扱いやすい。しかし、KOOFUのWG-1を購入した直後にゼナードが出てしまい、なんか損した気分ですw






WH-9000-C24-CL入手(^^)v

スポンサードリンク
   


WH-9000-C24-CLをヤフオクでポチッとなw

現在BURA-SLには中華カーボンホイールがついてます。1280gでノバテックのハブのチューブラータイプ。値段の割に非常によく回るいいホイールです。が、物欲に負けて思わずポチってしまいました。

BURA-SL用にそれなりのホイールが欲しかったのもあるんですが、自分の脚力ではBURA-SLはやはり固い。すぐに足に疲れがきます、だから剛性がありながら乗り心地もいいWH-9000-C24-CLはBURA-SLにバッチリのような気がします。ヒルクライムにも使えて、意外と高速巡航も出来る万能ホイール。BURA-SLに付けるとどんな感じになるか楽しみです。





タイオガ スパイダーストレイタム(TIOGA spyder stratum)

スポンサードリンク
   


タイオガ スパイダーストレイタム(TIOGA spyder stratum)はプラスチック製のメッシュ構造で座り心地の良さと軽量さで人気のスパイダーシリーズの最新モデルです。メッシュが2層構造になってさらに乗り心地がアップしてるようです。


カーボンレールモデル 120g


クロモリ中空レールモデル 190g

このタイオガ スパイダーストレイタム(TIOGA spyder stratum)は2種類あってカーボンレールの120gタイプとクロモリレールの190gです。価格差はおおよそ7000円です。10g千円ですw

自分はスパイダーツインテールを愛用していてすべてのロードバイクにスパイダーツインテールを付けてます。このスパイダーツインテールにしてからはお尻の痛みがほぼなくなりました。

SYNAPSEにこのタイオガ スパイダーストレイタム(TIOGA spyder stratum)を付けてみようかと・・・。さらにコンフォート性がましてロングライドの強い味方になりそうです。


こちらはスパイダーツインテール。



チューブレスタイヤ

スポンサードリンク
   


この間、IRCのチューブレスタイヤを買って中華カーボンホイールのチューブレスレディにつけてみた。全くエアーが入らなかった・・・・・ orz

何度か試したがダメだったのでJETFLYに付け替えてみた。
ダメだった・・・・・・orz

石鹸水をたっぷり塗ってエアーを入れてみたが、あちこちから漏れる。なんといってもスポークのニップル穴から漏れるんだからなんともしようがない。結局諦めたw

で、タイヤを外そうとしたら硬いのなんの。はめるときも辛かったが外すときもきつかった。ある程度タイヤレバーで外したあとは指を中に突っ込んで外したんだが、右手の人差し指と中指の爪のあたりから血が滲んでいた。

こんな面倒臭いタイヤ二度とつけるか!ボケェ!!
( ゚д゚)ハッ! つい、汚い言葉を・・・・w

しかし、個人的に思うのだが、コレは流行らないね。間違いなく。いくら乗り心地が良かろうが、これだけめんどくさかったら自分みたいに諦める人間も多いと思う。

これつけるくらいならチューブラーのほうが何倍も楽だ。乗り心地も大差ないだろう。タイヤの値段もそれほど変わらないしね。しかし、今使ってる人はどうやってつけたんだろう。器用だなあwww




onebyEsuのブレーキ

スポンサードリンク
   


先日、ブレーキを買いました。計量でなるべく安くて、それなりに効きそうなのブレーキw

ま、そんな都合のいいものはないんでしょうが、とりあえず探しました。

で、見つけたのがこのonebyEsu。KCNCの計量ブレーキもありますが、CB6というタイプをALIZEに付けてますので、今回はこのonebyEsuにしました。見た目もかっこいいし。



効きはどうなんでしょうね。デュアルピボットではないですので、それなりでしょうか。ネットでの情報もはっきりしないし。しかし自分はあまり飛ばしてフルブレーキングするタイプではないので十分だと思います。

このonebyEsuはSCOTT FOILもどきに付ける予定です。


中華カーボンホイール到着

スポンサードリンク
   


中華カーボンホイールが到着しました。送料込みで日本円にして約33,000円。お値打ち。

さて、届いたホイールをいつものごとく計量しました。メーカーの説明には980gとある。まあ、さすがにそこまでは軽くないとは思う。何故なら、ハブはNOVATEC A271SB/F372SB でスポークはPillar1432、リム重量は280g±15gとある。ハブは前後で公称値388g、Pillar1432は1本あたり6.5gで前20本、後24変使用する。ここから計算すると恐らく230g位は重いと思う。

家庭用のはかりで測ったところ前535g、後735gの1270g。300gほど重い。ある程度は覚悟していたがちょっと重すぎるなあw

ま、でもコスパはすごいな。あとはタイヤとスプロケットを装着してヒルクライムでもやってみっか。