FELT F5 - オヤジローディのヘタレ奮闘記

FELT F5はやっぱり人気?

スポンサードリンク
   


自分のブログの記事の人気ランキングを見てみました。

そうしたらですね、上位5記事のうちFELT F5関連の記事が3つも入ってました。ヤッパリFELT F5は人気なようですね。実際、FELT F5って非常にバランスのとれたオールラウンドなロードバイクで性能はもよくて、安くてコストパフォーマンスは抜群。入門機としては最高と言っていいでしょう。

恐らく、FELTの屋台骨を支える孝行息子って感じでしょうね。



個人的にはFELT Z5の方がかっこよく思います




FELT F5のクランクとディレイラー調整

スポンサードリンク
   


FELT F5の調整を久しぶりにやった。久しぶりというのは、FELT F5は自転車部の若手のK.Y君にあげたから。

そのK.Y君曰く、「何かペダルが重い」という。で、会社まで持ってこさせて診たところクランクの左側のネジが緩んでいた。汚れもひどかったので、クランクをばらしてみたら、スペーサーの入れ方の順番も悪いようだ。ベアリングは問題ない。

汚れた油を拭きとってスペーサーを順番通りに入れなおし、左クランクのネジ止めをした。3本ローラーで漕いでみると、何か左のペダルがカクカクする。

ペダルが悪いのかと思い、たまたま同じペダルを持ってたので付け替えてみた。が、やっぱりカクカクする。どうもペダルではないようだ。あー、めんどくせー(−_−;)

自転車にのるのは好きだが、メンテや機械いじりは好きじゃない。といって、全くわからないわけじゃないのでたまにやるんだけどね。

結局、クランクが微妙にガタつく。なので再度締め直した。しかし締めすぎるとクランクが重くなる。何度か3本ローラーで漕いだりして程良い所をさぐった。何とか様になったので今度はディレイラー調整。

このディレイラー調整がまた手間なんだよねー。ネットで105のFD,RDの調整マニュアルをダウンロードしてそれを見ながら調整。1時間位かかったがなんとか調整できた、と思う。もー、疲れたから適当なところで終わりヾ(*`Д´*)ノ"

翌日、K.Y君に乗ってもらって感想を聞いたら「軽くなりました」。自分で調整しといてなんだが、それってプラシーボ効果じゃないの? と、心でつぶやくオヤジローディでした。まー、長距離走れば治ったかどうか分かるだろwww



FELT F5のイメチェン

スポンサードリンク
   


前回の記事に書いたように、結局ALIZEを電動化して余ったコンポをBOMA REFALEに移植することになったのでFELT F5はそのまま乗ることになった。

ただし、サドルとペダルははFELT F5からREFALEに移すので、サドルを白のスパイダーツインテールから元々ALIZEについていた黒のSela Italia SLに交換。ペダルはアルテグラカーボンを外してアルテグラにした。ついでにハンドルをアナトミックタイプに交換してバーテープもサドルに合わせて黒にした。これがなかなか精悍な感じでかっこ良い

FELT F5 ブラック

中々良い感じだと思う。サドル、ペダルが重くなったので重量がペダル込みで7.3kgほどに増えた。ちょっとメタボ?になったw





お気に召したらポチッとな




FELT F5のホイールを変更

スポンサードリンク
   


FELT F5のホイールをDURA-ACEのWH-7900-C24-CLからTOKENのC30Aに変更した。WH-7900-C24-CLは若干柔らか目のように感じるので、ちょっと固めの感じのホイールにしたくてTOKEN C30Aにしてみた。安かったしw

タイヤの違いもあるので単純に比較は出来ないが、それなりにコツコツ来る感じだ。滑らかさではWH-7900-C24-CLのほうがいいのだが、C30Aはラチェット音が比較的大きくて乗っているという感じが良い。

軽さはあまり違いを感じられない。FELT F5にはこちらの方があってるような気がするが、以前もFELT F5に最初についていたMAVIC CXP22という鉄下駄ホイールからWH-7900-C24-CLに変えた時も滑らかさ以外違いを感じることが出来ない上に、多米峠のタイムが全く変わらなかったことがある。ニブイにもホドがあると思うのだが・・・・・(;´Д`)

TOKEN
DURA-ACE WH-7900-C24-CL

TOKEN
TOKEN C30A

見た目はちょっと派手になって良い感じだ(^^)





ニューFELT F5

スポンサードリンク
   


FELT F5をリニューアル。パーツの付け替えによる軽量化がようやく済んで自転車屋から戻ってきた。


今回はTCR ADVANCED SEからクランクを除くSRAM FORCEのコンポを移植し、ホイールをまたDURA-ACE C24-CLに戻した。

そしてペダルとサドルもTCR ADVANCED SEに付けていたアルテグラのカーボンペダルとスパイダーツインテールのサドルにしたので、重量はペダル込みで7.2kgまでになった。結構軽い、はずなんだが持つとそうでもないような。体重計で測ってみたらやっぱり7.2kg。それにしては持つと重い気がするのは何故だろう。重量バランスが悪いのかもしれない。


FELT F5

FELT F5


日曜日に昼から35kmほど走ってみたが、フラットでの乗り心地は今まで通りで問題なし。久しぶりにホームコースの多米峠を登ったが、FELT F5では最高記録。TCR ADVANCED SEと同じくらいのタイムなので早速軽量化の効果が出たみたい。

しかし、問題は下り。下りになったら安定感がイマイチしっくりしなくて、なんかふらつくような感じでスピードが出せなくてちょっと怖かった。いつもよりも車が多く走っていたから、気を使って走っていたのでそれも影響してるかもしれない。ちょっと改善の必要がありそうだ。

Madone5.2とANCHOR RL8が気になるが、しばらくFELT F5で十分かな。暖かくなったらまた200kmほど走ってみるか。




FELT F5のお色直しw

スポンサードリンク
   


FELT F5のシートクランプとヘッドパーツをメタル調の赤にしてみた。

FELT F5

FELT F5

持ち主以外全く分からないがw、本人としては非常に気に入っている(^^)


豊橋市表浜

スポンサードリンク
   


昨日は雨の予報だったので、サイクリングはあきらめてFELT F5の掃除をしていた。


しかし、空模様を眺めていると降りそうな、もちそうなw


というわけで、4,50kmなら行けそうと判断して適当にポタリング。とりあえず豊橋の南方面に向かう。



表浜
なんだかよくわからないけど、大きな建造物。観音様が祀ってある。


もっと南に下って行ったら
表浜
のどかな田園風景。暑いのと草いきれで夏を感じる。ここから
表浜
ちょっと先に海が見え出した。


更に下ると
表浜
表浜
表浜に到着。ここはウミガメが産卵に来るところ。当然車は進入禁止。というより、そもそも砂浜に車を乗り入れること自体おかしいと思うけどね。


あとは適当に走って大体40kmくらいだった。暑くなってくると、どうしても走りながら熱中症っぽくなってきて頭が痛くなってしまう。夏はあまり走れないな。



Google マップ URL: http://maps.google.co.jp/?q=http://share.abvio.com/03e8/48b4/4eab/0c70/Cyclemeter-Cycle-20120715-1012.kml
インポート URL: http://share.abvio.com/03e8/48b4/4eab/0c70/Cyclemeter-Cycle-20120715-1012.kml
バイクタイム: 1:47:02
停止時間: 26:52
距離: 41.34 km
平均: 時速 23.17 km
最高スピード: 時速 45.23 km
登り: 211 メートル
降り: 205 メートル
カロリー: 939


ヒルクライム三昧

スポンサードリンク
   


6/9はあいにくの天気。晴れてたら車に自転車を積んで琵琶湖まで行って、ビワイチ(琵琶湖一周)をやろうと思ってたんだけど、この天気じゃしょうがないな。今日は自転車に乗るのは諦めよう、と思ってたら徐々にいい天気になってきた。

それじゃ、自転車に乗りましょう、ということでそそくさと用意してFELT F5でレッツゴー。FELT F5のハンドル位置を下げたので、ポジション確認も兼ねて適当に出発。

まずはいつもの多米峠。FELT F5では久しぶりに登った。最近、なるべくヒルクライムをやるようにしていたせいか、FELT F5では最高記録の5:45。しかもかなり楽な感じで登れてこのタイム。今まではどんなに頑張ってもFELT F5では5:50切れなかったのに、ちょっとは努力の成果が出てきたかな。

その後は普通は浜名湖まで出て、浜名湖に沿って走るが、今日は大知波というところから本坂へ抜ける峠道をヒルクライム。以前車で行ったときは随分と長くて急な坂のイメージがあったのだが、実際は割と緩やか。しかし、途中からへ10%越えもあったりしてちょっとハードだった。
多米峠・大知波・本坂・石巻山
大知波の辺り

その後は本坂を登り、最後は石巻山を初めて登った。これがまた距離は短いが斜度が結構あるのと、道が悪くて登りがいがあったなw
多米峠・大知波・本坂・石巻山
石巻山頂上

多米峠・大知波・本坂・石巻山
豊橋市街遠景

多米峠・大知波・本坂・石巻山
何故かウサギw ほのぼの



FELT F5の新しいハンドルポジションは自分にあってるようで、乗りやすかったしヒルクライムしやすかった。今後はコレでいこう。

不思議なもので、あれだけヒルクライムは嫌いでサイクリングの時は極力平坦路を選んでいたのに、本宮山を登れたことで今じゃ好んでヒルクライムしてる自分がいる。驚きw。乗り方や漕ぎ方もうまくなってきてるのか、ちょっとずつタイムが短縮されてきて楽しい。




ルート: サイクリング
アクティビティー: FELT F5
Google マップ URL: http://maps.google.co.jp/?q=http://share.abvio.com/03e8/48b4/4eab/0c70/Cyclemeter-Cycle-20120609-1222.kml
ルートラボマップ URL: http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=0295a1409ad8fa31b591b87a7fb2838b
インポート URL: http://share.abvio.com/03e8/48b4/4eab/0c70/Cyclemeter-Cycle-20120609-1222.kml
スタート: 2012/06/09 12:22:45
バイクタイム: 2:02:50
停止時間: 23:33
距離: 44.15 km
平均スピード: 時速 21.57 km
最高スピード: 時速 64.76 km
登り: 626 メートル
降り: 648 メートル
カロリー: 957

FELT F5のハンドル位置を下げた

スポンサードリンク
   


久しぶりのFELT F5ネタ。

昨日、FELT F5を眺めていて、ハンドル位置を変えようと急に思い立った。どうもヘッド周りが間が抜けて見えるw

FELT F5はフレームサイズが大きいほうが格好がよくて、自分の様な小さいフレームサイズ(480サイズ)はどうもヘッド周りが貧弱に見えてしまう。写真は560サイズ




自分のFELT F5のハンドルまわりはこんな感じ。
FELT F5


そこで、ステムをひっくり返し、スペーサーを一枚抜いてハンドル位置を下げました。
FELT F5

うん、若干しまった感じがしてちょっと見た目がよくなったか。もっとも、誰も気付きもしなけりゃ、気にもならない。完全な自己満足の世界w

しかも、腰への負担が増えそうだ。腰痛持ちの自分には合わないポジションかもなあwww


FELT F5が初パンク

スポンサードリンク
   


この間の日曜日の4/15に久しぶりにFELT F5に乗ることにした。

サドルをTIOGAのスパイダーツインテールに変えてからサイクルパンツを履いた状態で乗ってなかったので、どんなものか試したかった。

で、早朝にいそいそとFELT F5を用意して空気を入れ、他の必要な物も用意して、さあでかけようと思ったら。

あらら、何もしてないのに前輪がパンクしてる。おかしい。何したんだろう。でもずっと室内保管だったし思い当たるフシがないが、時間もなくなっていくことだし結局TCR ADVANCED SEに乗ることに。

まだ、前輪を外してないので原因はわからないが、不思議だ (・・;


TIOGAスパイダーツインテール

スポンサードリンク
   


TIOGAスパイダーツインテールをFELT F5に付けてみた。

こんな感じ
ノーマル状態

FELT F5サドル

TIOGAスパイダーツインテール

なかなかサマになっている。

さて、このTIOGAスパイダーツインテールを付けて、多米峠をクライムしてみた。ちょっと固いが、悪くない。今日はちょい乗りだったので、サイクルウエアもパッド入りのインナーも履かずにジャージのみだったので、これでパッド入りならもっと乗りやすいだろう。

ただし、ポジションはもう少しサドルを前に出した方がしっくり来るかも。

そう言えば、この後は多米峠を静岡側に抜けて、いつも通らない道をダウンヒルしたら前方にシェパードの野犬を2匹発見。坂も下ってた登り坂が待ち受けている最悪のタイミング。さすがにシェパード2匹じゃ襲われたらたまらん。とはいえ、進んでも戻っても登り坂。追いかけられたらすぐに追いつかれる。

前方の坂はあまり長くなさそうだったので、意を決して前に進むことに。シェパードの目を睨みながら動き出したらシェパードの方からどっか行ってくれた。ホッ。あ〜怖かった。



TIOGA スパイダーツインテール

スポンサードリンク
   


TIOGAのサドル、スパイダーツインテールを購入しました。白です。




これをFELT F5のサドルと交換するつもり。現在のFELT F5のサドルが235g。TIOGAスパイダーツインテールは140g。およそ100g近い軽量化となる。




ただし、触った感じはかなり固い。もろプラスチック(笑)




まだ、付けてません。近いうちに付けて走ってみたいと思います。その時は乗り心地などを書きますね。











FELT F5改造計画 ホイール編

スポンサードリンク
   


自分の愛車は現在FELT F5。ロードバイク以外ならクロスバイクの「CENTURION CROSS LINE ULTIMATE XT-V」と9年前に手に入れたルイガノのフロント3枚のアルミロード。そして、13年前に手に入れたブリヂストンの「トラベゾーン ランドナー」の計4台。


CENTURION ルイガノ アルミロード bridgestone



今はもっぱらFELT F5に乗ることが多い。


さて、そのFELT F5を選んだのはカーボンフレームで手頃な値段、コンポがフロントのクランクを除けばフル105。非常にコストパフォーマンスが高いのと、かっこ良かったから。


でも、写真で見かけたFELT F5はフレームサイズが540mm。自分は背が低いので480mm。見た目がなんか変(笑)


FELT F5


まあ、しょうがないか。こればっかりは。しかし、買った後に色々FELT F5について調べたら、フレームが非常に軽い。フレーム単体で900g程だそうだ。というわけで、思った以上に性能がよさそうなのでぼちぼちと改造をしようかと。


で、手始めに走りに最も影響すると言われているホイールをシマノのDURA-ACE WH-7900-C24-CLに交換。貧脚ゆえにあまりスピードに変化は感じられなかったが、回転音と道路とタイヤからの音と乗り心地が良くなった。満足している。FELT F5に付いていたホイールから800gほどの軽量化にもなった。


今後はサドルを軽量なのに交換予定。コンポもいずれはと思っているけどいつになるやら。



FELT F5ホイール交換

スポンサードリンク
   


2011年の終わりに我が愛車FELT F5のホイール交換をした。

付けたホイールはショップの人に勧められたシマノのDURA-ACE WH-7900-C24-CL。

このシマノのDURA-ACE WH-7900-C24-CLはサイクルモード大阪でも勧められたのでちょっと高いけど、思い切って交換。ま、身の丈と脚力にあってないけど(笑)

ホイール交換するためにスプロケット付け替えに挑戦。工具はこの3つを使用。上からスプロケットリムーバー(チェーンウィップ)、ロックリングはずし、モンキーレンチ。
IMG_0575.jpg

スプロケットにロックリングはずしをはめ込んでスプロケットにスプロケットリムーバーをかける。
IMG_0579.jpg

普通のネジのように緩めればOK。
IMG_0581.jpg

ロックリングと
IMG_0583.jpg

スプロケットをはずします。
IMG_0582.jpg

あとは新しく付けたいホイールにグリスをたっぷり塗って、逆の手順で締めればOK。このさい、今度はホイールの回転方向がネジの締まる方向なのであまりきつく締める必要はありません。
IMG_0584.jpg

付け替えた状態。
IMG_0587.jpg

走行感は滑らか。2-3km/hは上がったような気がします。
IMG_0588.jpg