ツール・ド・フランス閉幕 - オヤジローディのヘタレ奮闘記

ツール・ド・フランス閉幕



ツール・ド・フランス2018が閉幕しました。今年は初めてJSPORTSでリアルタイムで観てました。

仕事もあるので毎日とはいきませんし、最後まではなかなか観れませんでしたが見ごたえがありました。特にサッシャと解説陣の掛け合いや裏話は面白かった。

今年もフルームが優勝して5勝クラブ入りするかと予想していたんですが、優勝はチームメイトのゲラント・トーマスでした。フルームは初日に落車するし、途中のステージでも苦しげな表情が多くいつものフルームらしくなかった感じ。自分としてはサルブタモール問題で喘息の薬を若干抑えていたんじゃないか、と思っています。それでも結局表彰台に登ったのでさすがです。あと、トム・デュムランも安定した強さだったし、ペテル・サガンも当たり前のようにポイント賞。

次はブエルタ・ア・エスパーニャ。フルームは出るのか? 流石に3大ツールを同年に全部出るのは辛いだろうなあ。


押していただけるとありがたいですm(_ _)m

ロードバイクランキング


sponserd link


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー