OPUS ALLEGROについて - オヤジローディのヘタレ奮闘記

OPUS ALLEGROについて

スポンサードリンク
   


OPUS ALLEGROですが、前回も書きましたがOPUS(オーパス)はカナダのビッグブランドで2011年に日本に入ってきて2014年に出ていきましたw

あまり売れ行きが芳しくなかったのか代理店とのトラブルかはわかりませんが、いい自転車が多いのに残念です。個人的にはブランド化に失敗したんだと思います。

ところで何でOPUS ALLEGROを手に入れたのかというと、今中大介氏と山本健一氏でおなじみの「ロードバイクインプレッション」の2014年版でかなりの高評価だったからです。


2014年に撤退したとあって在庫処分品が半値で買えました。ALLEGROにはコンポ、ホイール別に4タイプあります。自分のは一番下のALLEGRO4.0。クランクはFSA GOSSAMER、コンポはティアグラ4600、ホイールはシマノWH-R500。これが定価25万弱が12万で手に入りました。

クランク、コンポ、ホイール、サドルとブレーキキャリパーは不要だったので速攻でヤフオク出品。合計で26000円ほどで売れたので、買ったときの送料も含めるとおよそ10万でALLEGROのフレームを手に入れたことになりました。

インプレッションはまた別の機会で書きますが予想以上に良かった。自分の中ではNEILPRYDE ZEPHYR以来の衝撃でしたw

OPUS ALLEGRO
デザインもオーソドックスでかっこいい。カラーリングもパッと見には黒にゴールドですが実際は濃いブラウン(チョコレート色に近い)にゴールドで意外と映えて見えます。重量はペダル込み、アクセサリーなしで7.5kgです。ホイールはVittoria Elusion。



押していただけるとありがたいですm(_ _)m




【ALLEGROの最新記事】
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー