XELIUS EFI ULTIMATEとOPUS ALLEGROの組み立て - オヤジローディのヘタレ奮闘記

XELIUS EFI ULTIMATEとOPUS ALLEGROの組み立て

スポンサードリンク
   


前回の記事でXELIUS EFI ULTIMATEを手に入れたことを書きました。実はもう一台、OPUS ALLEGROも安く購入してました。

OPUSは知らない人も多いんじゃないかと思う。OPUS(オーパスと読みます)はカナダのビッグブランドで2011年に日本に上陸しました。自分は若い頃はランドナーによく乗ってましたが社会人になってからはたまにしか乗ってなく、ちょうどまた本格的に乗ろうと思ったときに最初に買おうとしたのがこのOPUSのMTBでした。当時はまずはMTBを手に入れようとネットで調べていたら安くてかっこいいMTBを発見。それがこのOPUSでした。しかし、買おうと思ったそのちょっと前に売り切れてしまい、結局今も乗っているCENTURIONのCLOSSLINE ULTIMATEというMTB風クロスバイクになりました。

ちなみにOPUSは2014年に撤退してます。はやっw

さて組み立てですが写真を撮っておりません。そんな余裕はなかったですw
何と言っても苦労したのはBB。外すのも大変でしたが、はめるのはもっと大変でした。専用工具があればよかったですが、ネットで他の方の組付けなんかも調べてたら結構自作の工具でやっていたので自分も真似ました。しかし、かんたんにハマるかと思いきやこれが固くて、はめている最中に「バキッ」とか音がするもんだからビビりまくりw ゆっくりゆっくりはめ込みました。

次に大変だったのがワイヤリング、と思ったのですがさほど苦労せずにフレームに通せました。それよりもFDの調整のほうが手間取りました。市販のメンテナンス本を見ながらやったのですがうまく変速せず苦労しました。もっともシマノのマニュアルをちゃんと読んでやり直したら一発でしたw 基本は大切ですね。

なんだかんだでそれぞれ半日ずつ費やしましたが初めてにしてはうまく行ったと思います。変速もスパスパ決まります。

161030ポタリング_IMG_0524.jpg

OPUS ALLEGRO
ALLEGROは元々ティアグラ4600が半組付け状態だったのでTCR ADVANCED SEからアルテグラ6800を外して組み付けました。

押していただけるとありがたいですm(_ _)m




ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー