オヤジローディのヘタレ奮闘記

COLNAGO C-RS試乗インプレ in 2017浜名湖大試乗会

スポンサードリンク
   


最後は初めて乗るCOLNAGOのC-RSという2017年からのモデルです。

COLNAGOと言えばイタリア3大ブランドのひとつです。しかし、今まで全く乗る気がしなかったので今回初試乗です。世間で言われてるいるように本当にいいのか? あまり期待せずに乗ってみましたw

COLNAGO C-RS

見た目は直線基調のデザインで好みです。カラーリングもさわやかで気に入りました。
さて、試乗した感想ですが・・・・・ん? (; ̄ェ ̄)

いい!超絶いいw
このCOLNAGO C-RSですがネットで調べたら初心者から中級者向けのモデルとなってますが、ほんとか?上級者が乗っても大丈夫だろ、と思うほどよかったです。加速はいいし、巡航も得意そうだし、上りもいけそうだし、スタッフはレースモデルと言っていたけど乗り心地もいい。ステアリングがほんのりと弱アンダーステアに感じられたくらいでこれは慣れの範疇です。いやいや、さすがCOLNAGOと思っちゃいました。これほどよくて105モデルで27万とは。この間の名古屋サイクルトレンドでCANNONDALE SUPERSIX EVO Hi-modがかなり気に入りましたが、これはそれを上回りました。本当に欲しくなりました。

さて、会場に着いた時間が遅かったのと天気も悪いし肌寒くなってきたので試乗はここまでにしました。スタート地点からこの浜名湖ガーデンパークまで27キロ。浜名湖を一周すると50キロなのでハマイチコースで帰りました。

それにしても最近のロードバイクはどれも当たりが多いです。自分がロードバイクに乗り始めた2011年頃のハイエンドが今のセカンドグレードくらいに思えます。正直最後のCOLNAGO C-RSは本当に気に入りましたが、他の3台と比べるとその差は微々たるものです。もちろん個人の好みがありますから人によって感想は様々ですけどね。以前は試乗をするとがっかりするのも有りましたが最近はほとんどないですね。どれを選んでも後悔はなさそうです。

参考試乗インプレ:
COLNAGO C-RS試乗インプレ


SCOTT FOIL30試乗インプレ in 2017浜名湖大試乗会

スポンサードリンク
   


SCOTT FOIL30の試乗インプレです。
これは昨年の名古屋サイクルトレンドで乗りましたので2回目です。前回同様、伸びのある加速でエアロロードらしさを感じます。その上乗り心地もいいです。ただし、ステアリングは弱アンダーステアです。今回のU字コーナーはどのコーナーでも狙ったラインより膨らみました。その代わり直進性は良さそうです。

伸びのある加速感が気持ちよく平坦路は楽しいと思います。今回試乗した4台の中でも加速は一番良かった。上りもいけそうな感じです。これもいいロードバイクでした。

SCOTT FOIL30



GUERCIOTTI SX50(グエルチョッティSX50)試乗インプレ in 浜名湖大試乗会

スポンサードリンク
   


お次はGUERCIOTTI SX50の試乗インプレです。GUERCIOTTIそのものに初めて乗ります。

GUERCIOTTI SX50
このGUERCIOTTI SX50はロングライド向けモデル。正直なところ GUERCIOTTI には全く興味がなく車種すら知らないのでスタッフにロングライド向けのものを頼んだらこのSX50を勧められました。サイズ的にもピッタリだし。

試乗した感想はこれまたよかった。RL9に似た感じで加速がよく乗り心地もいい。ただし推進力という点ではRL9に若干劣る感じがしたし、ステアリングも弱アンダーステアです。

フレーム価格が\230,000とRL9とほぼ同額で、スタイリングもいいし、それにGUERCIOTTIのロードバイクは見かけたことがないので他人とかぶるのが嫌な人にはいいかも。自分としては同じコンセプトなのでRL9を選ぶけど。でもほとんど性能差はない感じがした。これまたおすすめです。





2017浜名湖大試乗会 ANCHOR RL9試乗インプレ&ハマイチ

スポンサードリンク
   


去る3月25日は午前中は娘の高校入学の用意でつぶれたが、午後からは浜名湖ガーデンパークで昨年に続き開催された2017浜名湖大試乗会に出かけた。

その前に会社へちょっと寄って蜜蜂と花壇のお世話。そして車で浜名湖と猪鼻湖のドライブインみたいなところへ行き、そこで車を止めてクロモリロードのSCHENEIZER MU01で大試乗会の会場へ出発。

2017浜名湖大試乗会

2017浜名湖大試乗会
いつもの撮影スポットでそそくさと写真を撮り、時間もあまりないので浜名湖ガーデンパークへ急ぐ。ところでこのSCHENEIZER MU01は重量が11.5kgもある。そのせいか乗り心地はクロモリらしさを感じられて気持ちいいが平坦路ではカーボンロードのように軽快には走らない。上りにいたってはさらに重さがものをいって厳しい。というわけではなく、何故か上りは軽快。スルスルと登っていく感じでこんな感覚は所有している他のロードバイクで味わったことがない。実際、道中でカーボンロードに簡単に抜かれたのだが上りで追いついてしまい、抜いていったカーボンロードのお兄ちゃんがびっくりしていた。なんか悪い気がしたので抜き返すのをやめたw
もっとも下りになったらあっという間に引き離されたけどね。

会場に到着〜。試乗の誓約書にそそくさとサインをして、いざ試乗へ
2017浜名湖大試乗会

2017浜名湖大試乗会
試乗コース。

ANCHOR RL9
まずは名古屋サイクルトレンドで乗らなかったANCHOR RL9。これがまたRL8からかなり進化していると感じた。昨年のRS9から導入したPROFORMAT技術をこのRL9にも使っているとのことだが、本当によく進む。入力した力がそのまま損なわれることなく推進力に変わっている。気持ちいい加速と走行感。これRL8から進化したというより新しく開発された新ラインという感じ。このコースはかなりタイトなカーブというかU字コーナーが連続しているのだが、狙ったとおりに回れる。ステアリングが素直で安定していてコーナーリングがかなり楽しい。このRL9は本当にいい。フレーム価格\220,000。すごくお買い得だと思う。

あと、試乗したのはGUERCIOTTI SX50、SCOTT FOIL、COLNAGO C-RSの計4台。他のロードバイクの試乗インプレは次回以降に・・・(^_^)/~