オヤジローディのヘタレ奮闘記

浜名湖大試乗会&ハマイチ

スポンサードリンク
   


3/26は浜名湖大試乗会に行くため自宅からクロスバイクのCENTURION CLOSSLINEで出かけました。試乗会はあまり人がいなくてほとんどのロードバイクにすぐに乗れて良かった。

合計で7台に試乗しました。順番に
1.EDDY MERCKX sallanches64(サランシュ64)
2.DEROSA KING XS
3.DEROSA ピニンファリーナSK
4.ANCHOR RL8
5.DARE MR-1(ディアMR-1)
6.FARNA700(ファーナ700)
7.MERIDA SCULTURA 5000

中でも気に入ったのが、メリダのSCULTURAと台湾の新興ブランドのDAREのMR1。どちらも軽量バイクらしく出足が軽く加速性は抜群。加速性がいいということはヒルクライムにも向いています。そして乗り心地も良かった。この2台はかなり良かったです。

次によかったのはDEROSAのピニンファリーナSK。デザインもよく乗りやすい。全体にそつのないロードバイクに感じました。これは同じくDEROSA KING XSでも感じました。

結局7台に試乗したが最近は乗り慣れてきたのか、あるいは以前ほどのめり込んでいないのか、どれに乗っても以前ほどは差を感じない。どれもこれもいい。アルミのFARNA 700(コンポは105、ホイールはアルテ6800で16万円台 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ )も出足こそ若干もたつく感じがあるものの乗り心地がとてもよく、ロングライドにはもってこいでこれで充分だと思いました。どのブランドもレベルが高くなったということか。

その後はのんびりと浜名湖を一周。ここのところハマイチと言えば何分で走れるか、ばかりだったのでたまにはのんびりと走るのもいいもんだなあw

DEROSA KING XS
DEROSA KING XS

DEROSA ピニンファリーナSK
DEROSA ピニンファリーナSK

DARE MR-1
DARE MR-1

MERIDA SCULTURA
MERIDA SCULTURA

気比の関所
気比の関所

ハマイチ
奥浜名湖

ハマイチ
CENTURION CLOSSLINE


DIABLOで蔵王山ヒルクライム

スポンサードリンク
   


3/19はDIABLOで田原市の蔵王山でヒルクライムをやりました。昨年の9月にREFALEでやった以来。平均車度8%、2.8km。距離は短いが10%超えの上りも多く結構ハード。ホイールはSHAMAL ULTRA。ヒルクライムに強いと言われているホイールですが、REFALEよりも1分遅かった・・・・orz

その後は適当に走ったのだが工業団地のあたりの広くて空いている道を走ってる時は30km/hオーバーでしばらく走れた。もう少しトレーニングを積んだら速くなれるのかも。

まだ2回めの走行なのでよくは分からないがSHAMALはどうなんだろう。ZONDAの時と同じようにイマイチ楽しくない。やっぱりWH9000-C24-CLが一番合うかもなあ。

IMG_8539.JPG

IMG_8542.JPG

IMG_8548.JPG



DIABLOで天竜川北上

スポンサードリンク
   


3/12はDIABLOで天竜川の堤防沿いを河口から北上して船明ダムあたりを走ってきました。今回は今までのVITTORIA ELUSIONからCAMPGNOLO SHAMAL ULTRAに変更。メガG3がとっても美しいw
とはいえ、1年近く前にZONDAを使ってみたがどうにも合わなくてやめてしまっているのでこのSHAMALもひょっとしたら・・・・。

当日は車で浜名湖レークサイドウェイ沿いの遊覧船乗り場までDIABLOを運んでここから南下。中田島砂丘のあたりの車と信号の少ない一本道を走る。毎年やっている御前崎ライドでいつも通る道。快適。このあたりは30km/h巡航でいけた。

天竜川に出て東側の堤防をひたすら北上。一昨年の夏にALIZEでここを走った時は32km/hくらいでずっと走れたんですが、DIABLOでは27km/hほどでした。季節が違うとはいえちょっとお寒い結果です。

天竜二俣のあたりまで来てコンビニで昼食兼小休止。そして船明ダムまで走り、疲れてきたので車のところまではのんびりと走った。

ここの建物内に浜名湖自転車ミュージアムができていた。こじんまりとしているが珍しい自転車が飾ってあった。エディ・メルクスのロードバイクもあった。自転車好きの自分には楽しかった。

それにしても何度も言うがDIABLOはスピードが乗らないし結構疲れが出やすい。合わないのかねえ。

160312天竜川北上IMG_8505.jpg

160312天竜川北上IMG_8506.jpg

160312天竜川北上IMG_8507.jpg

160312天竜川北上IMG_8510.jpg

EDDY MERCKX
EDDY MERCKX

モールトン
モールトン

ブリヂストンロード
ブリヂストン





DIABLOで渋川方面ヒルクライム

スポンサードリンク
   


3/5は1ヶ月半振りの実走となりました。ディアブロで浜名湖から渋川方面の山道を走りましたが、相変わらず何かこうディアブロはしっくりこない。しなりが少ないせいかなんかスピードが乗ってこない。脚力があるタイプの方が向いてるのか。DIABLOはデザイン的には非常に気に入っているだけになんとかしたいんだけどね。

当日は早々と桜が咲いていました。渋川方面はヒルクライムが多くDIABLOにはいいはずなんだけどw
まあ、それでも淡々と登れたんで良しとしよう。

おちばの里親水公園
久しぶりのおちばの里親水公園。のんびりしていて良かった。

NEILPRYDE DIABLO
かっこいいよなあ。

浜松市北区引佐町渋川

浜松市北区引佐町渋川





CIPPOLINI BONDのインプレ

スポンサードリンク
   


名古屋サイクルトレンド2016の試乗の最後はなんとCIPPOLINIのBOND。まさかCIPPOLINIに乗れるなんてねー。これはメーカー出展によるものではなくてY'Sロードさんが出してました。

期待が高かったのですが予想以上にもっさりしてました。Y'Sロードさんはフレームの良さを感じ取ってもらいたいということでホイールをかなり低グレードのものにしてました。どうもこれが足を引っ張ったようで良くなかったですねえ。デザインは良いのですが・・・・・。自転車部の他の面々も同様にイマイチと言ってました。

CIPOLLINI BOND



SCOTT ADDICTのインプレ

スポンサードリンク
   


SCOTT ADDICTのインプレです。乗る気はなかったですがFOILの試乗の後に人が少なくてすぐに乗れました。

FOIL同様これも良かった。こちらは軽くてFOILよりも更に加速がよくヒルクライムには持って来い、という感じでした。乗り心地も悪くなくてロングライドもいけそうです。ただしちょっと軽いがゆえに高速巡航は苦手そう。もっともホイールを変えればそれも問題無いでしょう。SCOTTはこのADDICTもFOILもどちらも良かった。おすすめです。

SCOTT ADDICT



PTA総会

スポンサードリンク
   


4月18日は中学のPTA総会でした。副会長、会長と2年やらせてもらいました(会計監査としてもう一年ありますがおまけみたいなもん)が、これが会長としての最後の行事となりました。

PTAは結局小学校で3年、中学で2年やりましたが、面倒くさがり屋の自分がまさかこういったことをやるとは夢にも思っていなかった。しかも計5年もw

それでもやってみると意外と思い白くいい経験となったな。終わってみると少し寂しい気持ちも・・・・w




SCOTT FOILのインプレ

スポンサードリンク
   


SCOTT FOILのインプレです。SCOTTのFOILといえばエアロ形状の定番のカムテールを最初に取り入れたエアロロードです。そのFOILがフルモデルチェンジをしてデザインが大幅に変わりました。個人的には前のデザインのほうがすっきりしていてカッコ良かった。

さて乗った感じはこれがまたごついデザインに反して振動吸収性はいいし加速はいいし高速巡航もよさ気だし、いいエアロロードバイクです。

SCOTT FOIL

BH G6 PROのインプレ

スポンサードリンク
   


BHのG6 PROのインプレです。インプレ記事を読むとかなりの高評価ですが、個人的にはちょっと硬くて振動を拾いやすいなあと感じた以外、特に感想もなくフツーに思えましたw

デザインは骨太でかっこ良かったです。

BH G6 PRO



TREK MADONE9.2のインプレ

スポンサードリンク
   


TREK MADONE9.2のインプレです。TREKは人が多いだろうと予想して避けてましたが、近くを通ったら意外と少なかったので試乗しました。新型のMADONEです。今までのオールラウンダーから完全にエアロに移行しました。

このMADONE9.2はH2フィットです。すなわちヘッドチューブが長めで乗りやすくしてあります。値段も他のモデルより安いですが、それでもアルテグラで65万と結構いってますw
フレームセットでも55万。ちなみにハイエンドモデルは165万です。かなりいいオートバイが買えますねwww

乗った感想はと言うとこれがまたいいです。普通エアロって縦剛性が高くなりがちで下からの突き上げが結構来るものなんですが、このMADONEはDOMANEのISOスピードを組み込んでいて乗り心地はすこぶる快適。それでいて速い。扱いやすいし個人的には骨太な感じで好きなデザイン。うーん、いいです。

MADONE9.2



FELT Z5のインプレ

スポンサードリンク
   


FELT Z5のインプレです。FELTのZシリーズはオールラウンダーのレースモデルのFシリーズに対して乗り心地を高めたロングライド向けの位置づけです。以前から一度乗ってみたいと思ってましたがようやく乗ることができました。

さて、のった感じはFシリーズに負ける劣らずよく走ります。十分レースにも使えそうですし何より上りはこのZシリーズのほうが行けそうな感じでした。そのことをスタッフに方に言ったら、その方はヒルクライムレースはZで走ります、と言ってました。やっぱりね。個人的にはZ5はオールラウンダーだと感じました。良いバイクです。

FELT Z5



FELT F5 インプレ

スポンサードリンク
   


FELTのF5です。エントリーモデルにおいて優れたコストパフォーマンスを発揮している定番中の定番のエントリーモデル。自分も一番最初のロードバイクがこのF5でした。

相変わらずの乗り心地の良さ。そしてカラーリングのかっこよさ。改めて良いバイクだと思いました。加速性はやっぱりハイエンドモデルと比べるとイマイチですが、ロングライドにはもってこいです。全体にバランスの取れた良いロードバイクです。

FELT F5

ANCHOR RS9のインプレ

スポンサードリンク
   


ANCHOR RS9のインプレです。ANCHOR RS9は最新解析技術「PROFORMAT」(プロフォーマット)を使って開発されたモデルです。「PROFORMAT」(プロフォーマット)はなんだかよくわかりませんが、推進力を最大化するそうです。

のった感想は素直な乗り味で乗り心地もよく加速もよく非常に扱いやすい良いモデルです。デザインもシンプルで飽きが来ない感じです。値段もフレーム価格35万と他のブランドのハイエンドと比べても高くありません。まして日本人に合うジオメトリーですので結構狙い目だと思いました。かなり気に入りました。

名古屋サイクルトレンド2016



NEILPRYDE BURA-SL(2016年モデル)のインプレ

スポンサードリンク
   


NEILPRYDE BURA-SL 2016年モデルのインプレです。これは自分も乗っているBURA-SLの新型です。フレームの応力を見なおして重量を増やさずに剛性をアップし、フォークをわずかながらベントして乗り心地の向上を図ってます。

乗ってびっくり。これは今回の名古屋サイクルトレンドの試した試乗車の中で一番良かった。今持っているモデルよりも更に良くなって加速はさほど変わりませんが乗り心地がよくなってました。なんというか今までのBURA-SLにZEPHYRのしなりが組み合わさった感じです。しなりを上手に使うとかなり走ります。欲しくなりましたw

NEILPRYDE BURA-SL



FUJI SL1.1のインプレ

スポンサードリンク
   


FUJI SL1.1はオールラウンダーのハイエンドモデルです。フレーム重量695gと超軽量。

ALTAMIRAの評判が良かったのでかなり期待してました。やはり軽さからくる加速の良さが特徴。ALTAMIRAは乗り心地が良かったようですが、SL1.1は良いには良いですがちょっとコツコツと来ます。よく考えれば道路の状況をしっかりと教えてくれると言えます。

特筆すべきはその値段。フレームセットで26万。他のブランドでこれほど軽量なフレームなら恐らく35万はするはずです。驚愕のプライスです。コストパフォーマンスはかなり優れているといえますね。

FUJI SL1.1

FUJI SL2.5

スポンサードリンク
   


FUJI SL2.5はハイエンドのSL1.1に次ぐセカンドモデル。見た目はSL1.1と殆ど変わりません。

加速性は若干もっさり。乗り心地はまずまずでしたが、特に記憶に残るものは感じずちょっと期待はずれ。

FUJI 2.5SL