オヤジローディのヘタレ奮闘記

DIABLOの完成

スポンサードリンク
   


DIABLOが出来上がった。このDIABLOはフレームをヤフオクで見つけ速攻で購入。
コンポはDURA9000、ホイールはとりあえず中華カーボンクリンチャーホイール。このホイールは前後で1250gと軽量。この構成でペダル込みで6.75kgとまずまずの重量。

シートポストはスペシャライズドのルーベに使われているコブルゴブラーだが、これはそのうちZEPHYRにつけようと思っている。

s-IMG_7433.jpg

s-IMG_7432.jpg

まだ乗ってないのになんだが、思ったよりビジュアルがいけてないなw
走りには期待してるんだけどね。でも多分ホイールをロープロファイルのアルミの方が切れのある走りができるだろうなあ。なんにしても楽しみだ。



ホイール欲しい病w

スポンサードリンク
   


さて、またまた物欲全開です。ホイールが欲しくなってきました。とはいっても、今年に入ってDURA-ACE WH-7900-C35-TU(ヤフオクで中古を購入)、DURA-ACE WH-9000-C24-CL、CAMPAGNOLO ZONDA(コレは後ほど売却)、FULCRUM RACING ZERO NITE(ヤフオクで中古を購入)と4本も購入している(書いてみて改めて知ったw)。

それでも欲しくなる。それにしても業の深いことよ ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

今回は固めでロープロファイルのいわゆるヒルクライム向けに分類されるホイールが欲しい。候補というか気になってるのがGIANT P-SLR1、EASTON EA90SL、VITTORIA ELUSION、CAMPAGNOLO NEWTRON ULTRAの4つ。ちなみにGIANT P-SLR1はヤフオクで知って購入意欲が湧いた。スカンジウムとアルミニウムの合金リムにDT-SWISSのハブ。GIANTは値段的に言えば1ランク上のものが手に入る。EASTON EA90SLとVITTORIA ELUSIONは自転車雑誌でのインプレで絶賛されていたから。ロードバイクそのものを試乗する機会が少ないので、いわんやホイールならもっと試す機会がない。だから、自転車雑誌等の評価は参考にせざるを得ない。最後のCAMPAGNOLO NEWTRON ULTRAはwiggleで安く出てるので候補にした。

他にはBORA ONE 35なども気になるがこちらは高い。

GIANT TCR ADVANCED PRO1 2016モデル試乗

スポンサードリンク
   


GIANT TCR ADVANCED PRO1の試乗をした。娘が大須へ行きたいというので連れて行ったのだが自分はやることがない。なので名古屋市長久手のGIANT STOREへ2016年モデルのGIANT TCR ADVANCED PRO1の試乗に行ってきた。

一言。硬いw

道路のギャップを拾ってコツコツくる。フレームが固く、多分ホイールもそこそこ硬いのだろう。GIANTらしい硬さで反応性は高い。生粋のレースモデルだ。自分はかつて2011年モデルのTCR ADVANCED SEに乗っていたが、こんな感じだった。

実はこのGIANT TCR ADVANCED PR1を買う気が満々だった。しかし、今日の試乗でちょっとトーンダウン。自分には若干硬すぎるようで、これならフルクラムレーシングゼロナイトを履かせたBURA-SLの方が楽しい。でも、やっぱりGIANTらしいキビキビした反応性とコスパは魅力だと思う。

第三回自転車部ビワイチ

TCR ADVANCED PRO1のお値段は税抜きで35万円。構成はコンポがアルテグラ。ホイールがカーボンクリンチャーのGIANT SLR1。このSLR1の販売価格は前後で15万。ちなみにフレーム価格が22万円。フレームセットとコンポとホイールセットですでに45万を超える。それが35万円 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ 

このTCR ADVANCED PRO1はセカンドグレードで最上級グレードのSLのフレームセット価格は30万円。これほどのフレームがこの程度の値段で買えるとはGIANTのコスパは本当に凄い。自分が買うとしたらセカンドグレードでも充分な性能。他のブランドでPRO1程度のフレームを買おうとしたら恐らくSLと同じかそれ以上じゃなかろうか。それぐらいGIANTのお値打ち度は高い。

うーん、やっぱり欲しくなってきたw



第三回自転車部ビワイチVol.3

スポンサードリンク
   


次の目的地は第4ポイントのセブン-イレブン。ここでも遅い連中を待つこと20分。各休憩ポイントの感覚は大体20キロほどなんだけど、自分が去年より少しばかり速くなってるのもあるんだろうけどそれにしても遅いヽ(`Д´)ノプンプン。

セブンイレブンでは遅い連中が着いたらしばし休憩して次の休憩ポイント「びわ湖大橋米プラザ」へは12時頃着いた。去年と比べて出発は30分ほど早かったのだが、ここへは2時間ほど早く着いた。トラブルがなかったこととなんだかんだ言ってもみんな毎年少しづつ速くなっている感じ。

ここでまったり組と合流。しばし談笑してまったり組は我々と逆コースなので「風車村」へ出発。バイバ〜イ(^.^)/~~~

さて、自転車部の社外部員が乗ってきたこのロードバイク。元々は自分が乗っていた中華カーボンフレームのSCOTT FOILもどき。昨年の末辺りに譲って欲しいというので譲ったもの。
第三回自転車部ビワイチ
現在はこんな感じでとてもオシャレ。

第三回自転車部ビワイチ
ヘッドライトも付いてるw。アルファロメオのマークがスイッチボタン。

140621多米〜三ヶ日〜富岡IMG_2951.jpg
最初はこんな感じだった。

いやまあそれにしてもなんて器用な。綺麗なホワイトに化粧カーボン。まるでプロのような仕上がり。しかもダウンチューブには写真では分かりにくいが同色のロゴが貼ってある。乗り心地も以前より向上していて本人も大満足のようで、ミニベロ乗りからロード乗りに変わるくらいの勢い。来年はビワイチを一緒にやると言ってたwww

さて、ここで皆ガッツリ食べ過ぎて後半は向かい風も手伝って失速。徐々にスピードが落ちてきた。車も多いので気をつけながら進んでくが、前半同様やっぱり遅い連中は遅いw ポイントごとに待たされながらスタート地点の長浜城を目指す。

最後の休憩ポイントからは本気で漕ごうと思っていたら、急激に失速。力が出なくなった。どうにもお腹が空いて進まない。ここまでずっと先頭だったのに二人に抜かれて三番手に。競争してる訳ではないのだがそれでも抜かれると気分は良くない。でも、まあしょうがないな。

豊公園(長浜城公園)に到着して全員が揃うまで1時間ほど待った。全員無事に集合。このまま帰る人もいるので少し談笑して解散。宿泊組及び打ち上げに出る連中はこのあとホテルに移動して着替えてから長浜駅前の「魚民」で乾杯!! 美味しく楽しいひと時を過ごした。来年もやろう、と言いながら来年はびわ湖以外にも遠征しようかと・・・・・。



FULCRUM RACING ZERO NITEのインプレ

スポンサードリンク
   


ビワイチで使ったBURA-SLとFULCRUM RACING ZERO NITE。バッチリの相性ですごく気持ちよく回せた。とにかく軽くてよく回る。登りもするするといった感じ(当者比w)で、回してなきゃ損という気持ちになる。

さすがにアルミホイール最強と言われるだけのことはあると思った。硬いと言われるレーゼロなんだがNITEのおかげか乗り心地は想像以上によく疲れにくい。タイヤはクリンチャーホイール全てで使っている愛用のHUTCHINSON ATOM COMPなのでタイヤによる違いはない。うーん、BURA-SLが滅茶苦茶楽しくなった(^^)b

第三回自転車部ビワイチ

第三回自転車部ビワイチ