オヤジローディのヘタレ奮闘記

ZEPHYRのヒルクライム性能

スポンサードリンク
   


6月20日は前回諦めた御前崎までライドをやった。

出発前に降水確率を確認すると最高でも30%だった。しかし、空は雨雲で今にも降り出しそうな気配濃厚。行こうかどうか迷ったが、天気予報を信じてZEPHYRで出発。

さて、距離を考えて多米峠はちょっと抑え気味。前回のゼファーでのアタックはかなりいいタイムだったのだが、今回は平均以下のタイム。その代わり気持よくダウンヒルを味わい浜名湖まで走ってT字路を右折。

降水確率は低いのだが空を見るとどうにも雨が振りそうな気配。このまま行こうかどうしようか迷っていたら降ってきたw

雨の中のライドは嫌なので諦めて帰ることにしたが、走り始めてまだ15km程。だから疲れは全くない。なので久しぶりに多米峠を反対側から本気でアタック。ZEPHYRはトルクが掛かりやすく登りには本当に向いているようだ。しなりを活かしながらグイグイと踏み込むと気持ちよく登る。

多米峠を反対側から登るときはロングライドをした後が多く、だから疲れた状態で登ることがほとんど。だからかなりタレたヒルクライムになる。しかし、今回は元気な状態でのアタック。タイムは過去最高を大幅に更新してベストを記録。しばらくはこの記録を破れそうにもないが、今度は元気な状態でBURA-SLでやってみたい。さらに良いタイムが出ると思う。

それにしてもZEPHYRはロングライド向けだが、平坦でも速いし(当社比w)登りはBURA-SLにせまる性能。オールラウンドに使える本当にいいバイクで、現在最もお気に入り。

150613秋葉ダムIMG_6360.jpg