オヤジローディのヘタレ奮闘記

秋葉ダムライド by ZEPHYR

スポンサードリンク
   


去る6月13日、ZEPHYRで久しぶりに秋葉ダムまで走った。ホイールは前回の佐久間ダムの時はCAMPAGNOLO ZONDAでしたが、今回は久しぶりにNOVATEC JETFLYを使いました。

ZONDAもいいホイールですが、このNOVATEC JETFLYが自分には合ってるようで気持ち良い走りが出来ました。以前はBURA-SLで使ってました。自分のホームコースの多米峠では最短タイムを出してます。そしてこのZEPHYRでの多米峠のタイムはBURA-SLを除けば次に良いタイムでした。ZEPHYR自体登り向きですが、このJETFLYもリム重量はある程度あると思うのですが登りやすいです。

予定では秋葉ダムからは天竜川沿いに南に下って御前崎まで行くつもりでしたが、あまりに暑くて途中で頭が痛くなってしまいあっさりと予定変更。1号線まで南下して帰宅というヘタレルートになりましたw
それでも155kmだったから、まあいいかな。

150613秋葉ダムIMG_6355.jpg

150613秋葉ダムIMG_6359.jpg

150613秋葉ダムIMG_6364.jpg

150613秋葉ダムIMG_6360.jpg






CAMPAGNOLO ZONDA インプレ

スポンサードリンク
   


5/23のハマイチでシェイクダウンしたカンパのゾンダのインプレです。その翌週の5/30に自転車部のノッチさんと佐久間ダムまでハマイチ同様ZEPHYRにZONDAで100kmほど走りました。佐久間ダム近辺では結構なアップダウンがあります。

さて、ZONDAですが前回同様、想像してたほどではない、という感想です。しかし平地では巡航性が高く、登りではトルクが掛かりやすくて登りやすい、いいホイールです。アップダウンがあった割にはアベレージが良かった。更に言えば下りの安定感は最高です。この価格帯のホイールとしたら抜群のコストパフォーマンスです。

ですが、自分にとっては正直楽しいホイールではない。速さや乗り心地とは別に体感的な楽しさがない。踏み出しの軽やかさがないせいか漕いでて楽しくない。安定感が高いせいかスピードがそこそこ出てるのに速さを感じない。ゾンダのちょっと前に手に入れたWH-7900-C35-TUで走った時(この時はALIZE)は速さだけでなく、本当に楽しく感じた。

もちろんこれは個人差が大きいところだと思います。もう少し乗り込んだらハブの回転が良くなって感じが変わるかもしれません。でも買って絶対に損はないと言えます。値段と性能で見たら最高のホイールでしょう。




KEMO KE-R8

スポンサードリンク
   


久しぶりに気になるロードバイクとしてイタリアの新興ブランドのKEMOのハイエンドモデルKE-R8のご紹介。

KEMOは昨年の2014年にフランスUCIプロコンチネンタルチームのブルターニュ・セシェへの供給で日本でも名が知られはじめた。

このKE-R8は実物を昨年のサイクルモードで見たがかなりかっこいい。しかもカラーリングが豊富でしかもカラフル。自転車雑誌によるとかなり快適性が高く加速性の良いモデルだそうだ。登り性能も高いという。

試乗車が無かったので実際に乗ってないのでなんとも言えないが見た目の良さだけでもちょっと惹かれるなw

KE-R8