オヤジローディのヘタレ奮闘記

BOMA REFALEでビワイチ

スポンサードリンク
   


4/18はビワイチ単独走。今回で4回めとなるが2,3回目は自転車部だったので一人ビワイチは3年ぶりだ。今回の目標は150kmを休憩時間も入れて6時間で走行すること。あまり休みも取れない。

まずは車で一昨年の自転車部ビワイチの時の集合場所の琵琶湖畔の曽根沼公園まで。朝6:00に家を出て7:50頃に到着。自転車の用意をしてたら猫が寄ってきた。トラキジと黒猫の二匹。なにかあげようと思ったのだが、残念ながら何もない。しかし、この公園に遊びに来る人に餌をもらったりかまってもらってるのだろう。妙に人懐っこい。

なんだかんだで8:20頃に出発。最初は慣らしながら抑え気味に走る。ビワイチも4度目ともなれば慣れたもので、ペース配分もわかっている。若干肌寒さを感じながら反時計回りに走る。

150418ビワイチIMG_5998.jpg
湖北は景色も道もよく程よいアップダウンで気持ちよく走れる。

150418ビワイチIMG_6002.jpg
去年も写真を撮った場所。ここで湖でカヌーのようなものに乗って遊んでいる集団を見かけたが、カヌーのように座るところはなく立って漕ぐタイプのものだった。どういう乗り物なんだろう。

さて、湖北から湖西のびわ湖の中央辺りにかけては車も少ない上に道がよくて、ビワイチで最も快適に走れる気持ちいいところ。しかし中央部を過ぎて琵琶湖大橋に近づくに連れて交通量が多くなり、道幅も狭くなって走りにくくなる。信号も多くちょくちょく止まらなければならない。

ようやく琵琶湖大橋まで来た。いつもなら道の駅「びわ湖大橋米プラザ」に寄るのだが、今回はスルーしてびわ湖大橋を登る。見た目は急に見えるが意外と勾配はない。あっさり中央まで登って小休止。ここの歩道部分には展望場所があって写真撮影。景色は最高にいい。車では止まれないのでこんな時自転車はいいね。ローディーたちも結構いて挨拶を交わして先に進んだ。
150418ビワイチIMG_6004.jpg

湖東側は道はいいのだが交通量が多いのが難点。ここらから向かい風になりそれまでの疲れも出てきて一気にペースダウン。道中はじめてのコンビニ休憩を取り、遅い昼食。再出発してスタート地点の曽根沼公園のそばで写真撮影。ここは毎回ビワイチの時に写真するポイント。特に意味があるわけでないがなんとなくw

150418ビワイチIMG_6008.jpg

ここからは数キロでゴール。のんびりと走って曽根沼公園へ。結局タイムは6時間半ほどで、6時間切りはならなかった。まだ猫がいて、近所の農家らしきおじさんに大量にご飯をもらっていたw

150418ビワイチIMG_5997.jpg

それにしてもREFALEはデザインが気に入って買ったのだが、買ったばかりの頃はなんかもっさりして反応が悪くスピードも出なくてどうしたものかと思っていたが、コンポをアルテグラ6700からDURA-ACE 9000に変え、ホイールもBOMAのTH-9というカーボンチューブラーに変えたら激変。かなり走るようになった。最近はベアリングの回転にあたりでも出てきたのかかなり走りやすい。正直今は手持ちのロードバイクの中で一番速いかも。


バイクタイム: 5:42:16
距離: 150.79 km
平均: 時速 26.43 km
最高スピード: 時速 50.05 km
合計時間: 6:30:17
停止時間: 00:48:01
登り: 110 メートル
降り: 72 メートル
カロリー: 3931


御前崎 by REFALE

スポンサードリンク
   


今年の3月28日に毎年恒例の御前崎往復ライドをやった。ロードバイクはBOMA REFALE。昨年は自転車部で走りましたので今回は単独走。なのでちょっと気合を入れて走ってみた。

この時期御前崎方向は追い風。あまり休みもとらずにいつもより速いペースでまずは竜洋海洋公園までほぼノンストップ走行。ここまで45km。時間は1時間40分。平均速度が27.19km/h。自分としてはかなり速いです。

御前崎ライド
竜洋海洋公園のちょっと手前の中田島砂丘で信号待ちの間にパチリ。

休みもそこそこに御前崎に向かって出発。竜洋海洋公園の横を通り抜けてR150を暫く行くと広くて快適な道路に変わる。走行距離が60kmを超えた当たりから追い風に乗って更に加速。ほぼ30km/hオーバーで走り続け、御前崎の手前5キロくらいからは40km/hオーバーという自分的にはありえないスピードでした。いやあ、気持よかった\(^o^)/

帰り道の辛さを敢えて考えずに飛ばし続けて御前崎に到着。ここまで93km。AM7:15に家を出て、御前崎に着いたのがAM10:50という前代未聞の速さ。ここまでの平均速度は
BOMA REFALE in 御前崎
我ながら信じられないスピード。しかし、ここまでで体力はほぼ使い果たし、帰り道を思うと気が重いw

BOMA REFALE in 御前崎
昼飯はあっさり醤油ラーメンだが、思いの外うまかった。コーラは緑茶味のしずおかコーラ。これもまた美味し(^^)b

BOMA REFALE in 御前崎

帰りは行きの強烈な追い風をまともに向かい風として受けるので頑張っても16km/h~25km/h。行きとはうってかわってスローペース。家にたどり着くのはいつになることやら、というよりたどり着けるのかw
適当に休みをとり、写真撮影をしながらのんびりと帰った。

BOMA REFALE in 御前崎

BOMA REFALE in 御前崎
浜岡原発。

自分に課している7つのコースライドはREFALEでは残すところビワイチだけとなった。近いうちにやるつもり。

ちなみに7つのコースとは
伊良湖
御前崎
ビワイチ
秋葉ダム
佐久間ダム
大島ダム
ハマイチ(浜名湖一周)
です。
ALIZEでは先日完遂しました。REFALEはあと一箇所。BURAがビワイチと佐久間ダムの二箇所です。BURAには秘密兵器も買ってある( ̄ー ̄)ニヤリ


ルート: サイクリング
バイクタイム: 7:37:42
距離: 188.73 km
平均: 時速 24.74 km
最高スピード: 時速 52.48 km
合計時間: 10:02:16
停止時間: 2:24:34
登り: 321 メートル
降り: 293 メートル
カロリー: 4637



フライトゲーム

スポンサードリンク
   


フライトゲームはリーアム・ニーソン主演の2014年公開のサスペンス・アクション映画。

リーアム・ニーソンと言えば「96時間」シリーズ。その「96時間」で見せた父親像とは違ったヒーローを演じます。

航空保安官として搭乗した飛行機で何者かから航空保安官専用回線にメールで脅迫をされ、徐々にハイジャック犯に仕立てあげられていく。犯人が誰なのか全く分からず、緊迫感があり秀作です。

リーアム・ニーソンはお気に入りの俳優。デンゼル・ワシントンと同様にリーアム・ニーソンに外れなし、と思ってますが、今回もその通りでした。




7点です(10点満点)


ホイール買おうかな(^_^;)

スポンサードリンク
   


最近また物欲があああ・・・
ホイールが欲しいんだよヽ(`Д´)ノプンプン

って、別に怒ってるわけではありませんw
しかし、自転車雑誌のCYCLE SPORTS誌で3月号と5月号でホイール特集をやっていて、読んだら欲しくなってきた。というのも、この間のALIZEでの佐久間ダムライドがあまりにきつくしかも遅い感じがしたから。

これはきっとホイールが悪いんだ、そうなんだ、そうに違いないと自分を棚に上げて(実際この中華カーボンクリンチャーホイールで昨年の夏にやった天竜川堤防北上ランでは結構速かったw)ホイールを買う理由にしてます。

現在手持ちのロードバイクが5台。これだけ聞くと凄くセレブチックに聞こえますが、もちろん違います。事故によるにわか成り金をきっかけにヤフオクで安くフレームやらパーツやらを買って組み上げていったら増えていた、だけです。

で、ホイールは中華カーボンクリンチャーホイールが2本(意外とよく回ります)、中華カーボンチューブラーホイール、WH-7900-C24-CL、WH-9000-C24-CL、BOMA TH-9、NOVATEC JETFLY(これがまたよく走る)、無名ブランドの軽量アルミホイール(1300g)、WH-RS31があります。

今候補に上がっているのは剛性感が高く加速がいいと評判のフルクラム レーシングゼロとイーストンEA90 SL。それに雑誌インプレで剛性が高く加速、高速巡航ともにハイレベルと評価の高いヴィットリア イリュージョン。あとはロングライドに向いているカンパニョーロ ゾンダ。この4本にノバテック スプリント辺りを狙ってます。

レーシングゼロ


イーストンEA90 SL


カンパニョーロ ゾンダ


ノバテック スプリント

レーシングゼロとEA90SLはちょっと高いのが難点。ヴィットリア イリュージョンは値段は安くて使ってる人もあまりいなさそうで狙い目ですが重量がちょっと重いのと、乗り心地がかなり悪そう。ゾンダは手持ちのホイールが比較的柔らか目が多いのでかぶりそう。ノバテックスプリントはノバテックジェットフライを持ってるからちょっとためらうなあ。実売価格は安くていいけどね。

うーん、悩む。というかそもそも必要かというと今あるホイールでも何ら問題はないw
単なる物欲とも言えるし。どうしたもんか。お金が余ってるなら迷わずレーシングゼロなんだけどなあ。