オヤジローディのヘタレ奮闘記

hulu(フールー)の無料お試し

スポンサードリンク
   


hulu(フールー)の無料お試しでアメリカテレビドラマシリーズの「ハンニバル」を観てます。

fuluとは映画・ドラマ13,000本以上が見放題のサービスです。月額933円(税抜き)です。以前から名前は知ってましたが、この度2週間の無料お試しをやってみました。

結構新しい映画も観れてお得みたいです。普段でも毎月TSUTAYAでDVDを10本ちかく借りてるだけに1000円ほどで観放題はありがたい。

特に「24」シリーズみたいなアメリカテレビドラマは長いですから、fuluはいいです。得しそうですw
ちなみに「ハンニバル」のマッツ・ミケルセンがいい味出してます。




FELT Z2 DISC

スポンサードリンク
   


FELT Z2 DISCです。前回の記事に引き続きグラフィックにおもしろみのないドイツブランドですw

FELT Z2 DISCは前回ご紹介のCENTURION GIGADRIVE DISC4000によく似てるようです。高剛性で加速がよくスタビリティ、ハンドリングともよくコンフォート性はそこそこ。そっくりです。お国柄なんでしょうかw

冗談はさておき、FELTのZシリーズといえばコンフォート系(エンデュランス系)ロードとして知られてますが、実際良く目にする評価は剛性が高くコーナーリングはシャープでヒルクライムもいけて、乗り心地はまずまずといった評価です。オヤジローディはFELT F5に乗っていたことがありますが、F5はとても乗り心地がよくてコンフォートバイクと言っても通るほどでした。その他のFシリーズもレースモデルながらプロが使うトップモデルのFRD以外は結構な乗り心地がいいようです。

そう考えるとオールラウンダーのFシリーズに対してZシリーズは存在意義がどうなんだろうかと思ってましたら、ラインナップがずいぶん減って今やカーボンだとZ2 DISCとZ5だけになりました。対するFシリーズはFRD、F1、F2、F4、F5、F7とあります。Zシリーズはそのうちディスク搭載モデル専用になるかもしれませんね。

ただ、Z DISCのフレームは税抜き168,000円と驚きの価格です。コスパがいいです。
画像はこちら
FELT Z2 DISC



CENTURION GIGA DRIVE DISC4000

スポンサードリンク
   


CENTURION GIGA DRIVE DISC4000のご紹介です。こちらもロードバイクインプレッション2015で好評かなディスクロードです。センチュリオンといえばオヤジローディはクロスバイクのCROSS LINE Ultimate XT-Vを持ってます。たま〜に乗ってますw

さて、CENTURION GIGA DRIVE DISC4000ですが見た目以上に加速がよく剛性が高めだそうです。ハンドリングもよくて良いバイクのようです。ただ快適性はそこそこみたいで、コンフォートバイクほどではないです。どちらかと言うとレース向けのエンデュランスロードみたいですね。

画像はこちら
CENTURION GIGA DRIVE DISC4000

センチュリオンはドイツのメーカーですが、ドイツブランドらしくシンプルなグラフィックですwww



CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD ULTEGRA DISC

スポンサードリンク
   


ロードバイクインプレッション2015の中で高評価&気になったロードバイクをご紹介していきます。

一発目はディスクブレーキ搭載モデルのCANNONDALE SYNAPSE HI-MOD ULTEGRA DISCです。オヤジローディも乗っているCANNONDALE SYNAPSE。オヤジローディのは2013年モデルですが、このSYNAPSEはとにかく乗り心地がよくヒルクライムも平坦路も速い。全てにバランスがいい最高のロードバイクと思ってます。

CANNONDALE SYNAPSEは昨年、更に高性能になったSYNAPSE HI-MODが発表され、春先にはペーター・サガンがクラシックレースで大活躍したモデル。そして今年からそのSYNAPSE HI-MODにディスクブレーキが搭載されました。しかも HI-MODはディスクモデルのみになったという潔さ(その他のSYNAPSEはSYNAPSE CARBONとしてラインナップされてます)。

写真はこちら
CANNONDALE SYNAPSE HI-MOD ULTEGRA DISC

さて、ブレーキをキャリパータイプからディスクタイプに変えるのは簡単そうで意外と大変なようです。剛性やハンドリングが大きく変化するそうで、最適化するのが難しいということです。そんな中このCANNONDALE SYNAPSE HI-MOD DISCは相当にいいらしく、このロードバイクインプレッション以外でも素晴らしい評価です。元々、高評価なところに持ってきてディスク化が上手にできてるようですね。

快適さは言うに及ばず、反応性、加速性、スタビリティ、ハンドリング等々ハイレベルにバランスよく整っているバイクです。一度試乗してみたいもんです。

オヤジローディのSYNAPSEです。DURA-ACEのホイールと相性ばっちりです。
CANNONDALE SYNAPSE



ロードバイクインプレッション2015

スポンサードリンク
   


ロードバイクインプレッション2015が知らぬ間に発売されてました(^_^;)

例年この時期なんですが、今年は「Bycicle Club」に広告が載ってなかったような。慌てて先日買ってきました。今年は58ブランド86台です。相変わらず今中大介さんが社長を務めるインターマックスの取り扱いブランドのバイクが多いのが玉に瑕w

まあ、それでも結構参考になるし知らないロードバイクも分かるしで毎年楽しみにしています。まだ全部は読んでませんが「CERVELO R2」の評価が高いです。自分はCERVELO R5なら乗ったことがありますが、フツーにいいロードバイクでしたwww 
R5はとても高いロードバイクなので当り前ですが、R2はRシリーズにおいてはエントリーモデルの位置づけです。それがかなりの高評価。乗ってみたいですねー。


ロードバイクインプレッション2015


過去のロードバイクインプレッション

ロードバイクインプレッション2014



ロードバイクインプレッション2013


過去のロードバイクインプレッションも結構参考になりますよ。



ノッチさんのMADONE4

スポンサードリンク
   


ノッチさんのマドン4が生まれ変わりました。

昨年の自転車部ビワイチの時に仲間内で5台玉突き事故が発生。その時にノッチさんのTCR ADVANCED SEも破損してしまいました。

しかし、保険をかけていたので保険金がおりました。そのお金で新しいフレームを注文しましたが、納期がナント約1年!

しかし、1年も先ではその間ロードバイクがない。それを知った行きつけの自転車ショップの店長さんが店にあった2008年製のマドン4のフレームで組んでくれました。しかもかなりお値打ちに。

試乗させてもらいましたが、どうにもこれがもっさりしていてイマイチ。まあ、マドン4というとロングライド向けのしっとりとした乗り味が売りなのでこんなものかと思っていたら、リアホイールのクイックレリーズが少し曲がっていたらしくてノッチさんが交換したら、漕ぎ出しが軽くなり、かなり楽に進むようになりびっくりしてました。ちょっと試乗させて欲しいですw

これと同じフレームです(多分)
マドン4 2008



STAGES POWERというパワーメーター

スポンサードリンク
   


少し前の記事で書いたパワーメーターは「STAGES POWER」という名前でした。

非ドライブ側のクランクの内側にセットされてますが、センサー単体では販売しておらずクランクに取り付けた状態で売ってます。つまりクランクごと交換ということになります。それでも安い。しかもこの「STAGES POWER」はチームスカイが採用しています。

Stages Powerは片側のクランクアームのひずみゲージで測定された値を仮想的に左右のパワーとして算出しているそうで、仮想出力計算式は次のような計算式です。

P2*((Fav*9.8*L)*(R*0.1047)

P(w):ワット
Fav(kg):回転毎の平均力
9.8:重力加速度
L(m):クランク長
0.1047:定数


ま、こんな小難しい計算式は覚えなくてもいいですがちょっと気になります。ブルートゥース4.0とANT+で通信できます。スマホやANT+対応のサイコンでゼロリセットできるそうです。電池もCR2032。重量はセンサー単体で20gと軽量です。

気になるお値段は
デュラエース(9000/7900) 99,000円
アルテグラ(6800/6700) 89,000円
105(5800/5700) 79,000円
FSA BB30/BB386EVO 79,000円

他のパワーメーターと比べると安いですね。しかし、このSTAGES POWERは左右のバランスやそれぞれの出力は計測できないようです。ロングライドメインでレースには気まぐれで出ている自分には出力の大きさがどうかよりペダリング効率の方が気になるから、パイオニアペダリングモニターのほうがやっぱりいいかな。






中華軽量アルミホイール

スポンサードリンク
   


先日の自転車部伊良湖岬ライドに乗ったCANNONDALE SYNAPSEに履かせているのはノーブランドの中華軽量アルミクリンチャーホイール。22mmハイトで前後で1300g。ハブはPOWER WAY。

普段、長距離ライドにはWH-7900-C24-CLを使ってますが、今回は前回のポタリングに続きこの中華アルミクリンチャーホイール。前回が良かったので結構気に入ってます。

CANNONDALE SYNAPSE

CANNONDALE SYNAPSE

これがよく回るし、登りも楽だし、送料も含めて4万円とコスパが抜群。固めだけど振動吸収性が高いシナプスとの相性もいい。シナプスはアルテグラ6700なので10速だけど、もちろん11速対応。自分でステッカーを作って貼ったので知らない人にはちゃんとしたメーカーのホイールに見える。無論ローディにはバレバレだけど(^_^;)

でも、ブランドに拘る人ならともかく自分は性能が良ければあまりこだわらないのでこれは大正解だった。
以前買った中華カーボンフレームもよかったし、現在BURA-SLで使っている中華カーボンチューブラーホイールもなかなかいいし、中華恐るべし。



自転車部伊良湖岬

スポンサードリンク
   


1/31は自転車部の走行会。今年初のライドでした。行き先は伊良湖岬。今回は初参加が2名。そして自分とアディダスくんの計4名の小規模走行会。

白谷海浜公園に9:30に集合してそれぞれの自転車をチェック。今回のお供はCANNONDALE SYNAPSE.10:00頃に出発。今回初参加の2名の自転車は借り物。自転車部にある余剰ロードバイクで走りました。1台はGIOSのクロモリロード。もう一台はアルミフレームのカーボンバックとカーボンフォークのノーブランドロードバイク。こちらはクランクの回転がちょっと渋い。

走行距離は60km弱と少なめでしたが、風邪が強くしかも海岸に近いのでとにかく寒かった(-_-;)
そんな中クロモリロードに乗ってるH田君が速いΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

自転車部伊良湖岬
手前の激坂を登り切ると絶景(^^)

伊良湖岬手前の15%超えの坂も全く遅れず付いてくる。普段からバスケをやってるみたいで体つきは細マッチョ。速いだろうとは予想してましたがこれほどとは。現時点で同じロードバイクに乗せたら自分より速いだろうな。ついに部長交代の時がやってきたかw
それともいっそ入部は認めずに部長を続けるかwww

もう一人のH川君も体幹がしっかりしてそうで軸がぶれずにきれいなペダリングをするし、3月の豊橋の耐久ロードレースに出してみるか。こちらのH川君はロードバイクを買う気満々。メンバーが増えるというのはいいことだ。社外部員も含めてこれで16名かな。結構な大所帯になってきた。

バイクリンク: http://cyclemeter.com/03e848b44eab0c70/Cycle-20150131-0946
インポートリンク: http://share.abvio.com/03e848b44eab0c70/Cyclemeter-Cycle-20150131-0946.kml
バイクタイム: 2:37:35
停止時間: 2:58:57
距離: 59.26 km
平均: 時速 22.56 km
最高スピード: 時速 54.03 km
登り: 177 メートル
降り: 161 メートル
カロリー: 1272


わんにゃんドーム2015

スポンサードリンク
   


昨日ナゴヤドームで開催されていた「わんにゃんドーム」に2年ぶりに行ってきました。

可愛らしい犬や猫がいっぱいいて癒やされました。我が家には柴犬もどきの「チャチャ」と雑種猫の「ミルク」がいます。どちらも可愛いです(^_^;)

ドッグランデビュー

ミルク

そんな中、保護犬、保護猫のNPO法人が出展してましたが、子猫から成猫まで何匹かいました。みんな可愛くてもう一匹飼いたいところですが、猫を飼いだしてから娘の猫アレルギーが発覚してこれ以上は増やせない。

しかし、保護状況が書いてあったのですが「ブリーダーからの保護」というのがあって、どういうことか確認したらもういらないから引き取ってくれ、と言われて引き取ったそうです。本当に無責任なヾ(*`Д´*)ノ"

猫といえど生きてるんだから最後まで責任持って対応すべきだろうが。こういう輩は本当に腹が立つ。しかし、保護依頼をしただけまだマシか。ちょっと前に山中に多くの犬が捨てられていた事件があったが、酷い話だ。あれよりはいいと思うが、動物愛護法はどうなってるのか。もっと刑を重くして最低でも懲役10年位食らわせればいいのに・・・・・。ブリーダーに対する法整備も進めてもっと厳しくすべきだと思う。