オヤジローディのヘタレ奮闘記

Cyclemeterとチャリトモ

スポンサードリンク
   


サイクリング時にサイクルコンピューターを使ってますが、並行してiPhoneでのアプリも使ってます。走行中のデータはサイクルコンピューターを見てますが、自分の位置や道順を確認したい時にアプリが便利です。

サイコンとアプリのデータは微妙に違いがありますが、どちらも便利です。自分の使っているサイコンはGARMINのEDGE500J。1個で3台までの自転車が登録できますが、現在ロードが5台ですのでGARMINを2個使用してます。ロードが多いのは嬉しいのですが、その分アクセサリやパーツも必要となって高くつきます。当たり前ですがw
いい加減3台位に絞ったほうがいいのでしょうがどれも気に入ってるしねえ。

閑話休題、Cyclemeterというアプリを使ってますが最近自転車雑誌で見かけたのが「チャリトモ」。Cyclemeterにはない機能があって面白そうなんですが、1台の自転車しか登録できません。Cyclemeterなら何台でも登録できるので、ロードごとに走行距離とか平均速度とかのデータが取れて自分にはこちらのほうが便利です。「チャリトモ」にはチーム登録機能や、走行距離などのランキングがあって違った楽しさがありそうです。
サイコンアプリ
Cyclemeter


サイコンアプリ
チャリトモ


でもなあ、最近歳のせいか新しいものが面倒くさいんだよなあw
機能的にも今のままで「Cyclemeter」を使うつもりです。



Kabuto ゼナード

スポンサードリンク
   


KabutoのゼナードはKabutoの新しいヘルメット。エアインテーク面積がレジモスに比べ15%アップしてよりクーリング効果を高めてます。

Kabutoのヘルメットは日本人の頭の形に合わせて開発されているだけあってかぶってる時のシルエットが海外メーカーのヘルメットよりはかっこ良く見えますw

あとはどのモデルも軽くて扱いやすい。しかし、KOOFUのWG-1を購入した直後にゼナードが出てしまい、なんか損した気分ですw






FELT F1

スポンサードリンク
   


今回はFELT F1のご紹介です。FELT F1はFELT社のレーシングモデルのFシリーズのトップモデル、でした。今はFRDというモデルがあってセカンドグレードになってます。

FRDはプロも使用している生粋のトップグレード。その下とは言え、FRDが出る前まではプロも使ってたので高性能なフレームです。


これはF5ですが形は全く同じです。

自分はF5に乗っていたことがありますが、基本的FELT Fシリーズは癖のない乗りやすいラインです。全ての性能のバランスがよく、誰にでも合うと思います。F5は柔らか目で乗り心地もかなりよくてコンフォートモデルにも引けをとらない乗り心地でした。

F1は雑誌のインプレ等をみるとこれでセカンドグレードとは思えない性能だそうです。ただ高剛性なので乗り心地はF5とはいかないでしょうけどね。値段も結構お値打ちです。デザインはシンプルでスッキリとしていて色も地味目でドイツブランドらしい質実剛健という言葉がぴったりのモデルです。一度試乗してみたいもんです。


フレーム価格が税抜きで268,000円。安いと思います。




ORCA OMP

スポンサードリンク
   


ORCA OMPのご紹介です。ORCAシリーズはORCA GOLD,ORCA SILVER,ORCA BRONZでしたが、2015年からはトップモデルのORCA OMRとコンフォート系のORCA OMPになります。

ORCA OMP

デザインがいいですね〜。フレームカラーも4種類あっていいです。元々、高性能なORCAシリーズですが新型になってOMRとOMPで味付けを変えてきました。よりレース志向ならOMRですが、ロングライドを好むホビーライダーならORCA OMPです。

今まではORCAには興味が全くなかったんですが、今回のモデルチェンジで一度乗ってみたくなりました。どっかで試乗会やってないかなあw



ロシアルーブルの下落と原油安

スポンサードリンク
   


たまには真面目なお話を(^_^;)

原油の急激な下落とウクライナに関する経済制裁でロシアのルーブルがかなり安くなっています。ロシアの中央銀行は、通貨の価値を守るために政策金利を年10.5%から17.0%へと大幅に引き上げました。同様にノルウェーやメキシコの通貨も下げ足を速めています。

しかし、何故にここまで原油が安くなっているのか。ひとつはシェールガスの台頭、ひとつは世界的な経済の失速、そしてOPECの足並みが揃わないこと、などが挙げられてます。OPECが減産に踏み切らない理由はサウジアラビアがシェールガスに対向するためと言われてます。

理由はよく分かりませんが、日本にとっては短期的には原油安はありがたい話ですが、このまま原油安が続けば産油国始めその他の資源国まで景気が悪化していきます。アベノミクスへの逆風にならなければいいですけどね。



LAPIEERE AIRCODE(ラピエール エアーコード)

スポンサードリンク
   


LAPIEERE AIRCODE(ラピエール エアーコード)です。これもかなり気になってます。これはデザインもいいですがそれよりもその性能に惹かれます。

実際は試乗もしたことがないので分かりませんが、雑誌やネットでのインプレでは軒並み高評価ですし、ドグマやマドンのハイエンドと比べても安いのに性能は同等と言っているサイクルショップのオーナーもいます。

LAPIEERE AIRCODE(ラピエール エアーコード)

とにかく一度乗ってみたいロードバイクです。



CANYON Ultimate CF SLX

スポンサードリンク
   


CANYON Ultimate CF SLXのご紹介です。かなり気になってますw

CANYON Ultimate CF SLX
カッコイイ。

直線基調の好きなデザインです。CANYONは代理店を持たず、インターネット直販でのみスポーツ自転車を販売するスタイルをとっているドイツブランド。プロチームにも供給をしていて、2014年はカチューシャの他に新たにモビスターにもバイク供給しています。そしてそのモビスターのナイロ・クインターナがジロ・デ・イタリアを制しています。

ハイエンドモデルですが、値段はミドルクラスです。トッププロが使ってる割には安く、これ本当に良さげです。感じとしては平地もいけるヒルクライムマシンのようですね。うーん、欲しいwww




インターステラー

スポンサードリンク
   


映画「インターステラー」を観てきました。映像がとても綺麗です。時間の関係でIMAXで観れなかったのが残念です。

ストーリーとしては「相対性理論」や「事象の地平線」とか「ワームホール」、「ブラックホール」など宇宙現象と物理学が出てきてちょっとわかりづらい部分がありますが、とても面白かった。単に映像美を誇るSF映画ではなく難しい宇宙の現象を親子愛、人間模様を絡めたいい作品です。さすがに鬼才クリストファー・ノーランです。

観てない人はオススメです。できればIMAXがいいと思います。

クリストファー・ノーランの作品です。「バットマン ダークナイトシリーズ」や「プレステージ」、「メメント」、「インセプション」など大ヒット作、話題作ばかりです。






インターステラーの原作です。




腕時計

スポンサードリンク
   


最近、また腕時計が気になりだした。10年位前に一時はまっていて安い腕時計を結構集めていた。当時気に入っていたのはGUIONET(ギオネ)という無名のブランド。その頃は定価12万円とありながら実売価格は1万くらいだった。しかし、デザインがすごく気に入って色違いを何個も集めた。今も1週間毎にはめ替えて使っている。


久しぶりに楽天を覗いたら、このギオネのフライトタイマーが大人気だそう。コレの色違いを6個ほど持っているw

その他にはカシオが気に入っていた。G-SHOCKではなく同じG-SHOCKシリーズのMR-G。

これはMR-Gの8100タイプ。自分のは生産が終わっている8000。これはいかにもメカっぽくてお気に入り。

あとはこれまたカシオのオシアナスマンタとエディフィス

オシアナスマンタは厚さが薄くてデザインもいい。最近の腕時計は厚みが16mm以上のものもある。ちょっと厚すぎるよなあ。


エディフィス。MR-Gはもとよりオシアナスシリーズと比べても安い。しかも高品質。自分のはウレタンバンドだがエディフィスは重厚感があっていい。

最近欲しいのはブルガリ・ブルガリかタグ・ホイヤーのリンクかフォーミュラ1かカレラ。

リンククロノ。かっこいい。


ブルガリ・ブルガリ

タグ・ホイヤーもブルガリも高いよねえ(^^;)





タイヤ考 Vol.3

スポンサードリンク
   


前回の記事にも書いた現在のクリンチャータイヤの在庫
・HUTCHINSON ATOM COMP 2セット
・ミシュラン PRO4
・コンチネンタル GP4000S
・パナレーサー RACE L EVO2
・シュワルベ アルトレモ
・ビットリア Diamante Pro ラジアル3
・ビットリア オープンコルサ CX2
・ブリジストン エクステンザ RR1-SL
・サーファス セカレーシング

この中でサーファス セカレーシングはトレーニング用に使うつもりなので外しますが、期待してるのが

・ビットリア Diamante Pro ラジアル3
・ビットリア オープンコルサ CX2
・ミシュラン PRO4

の3本。Diamante Pro ラジアル3はラジアルタイヤでしかも安い。実売価格がATOM COMP並みの値段(2本セットで6000円前後)ですのでコスパに優れていそう。オープンコルサCX2はチューブラーのCORSA CX2のクリンチャーバージョンということで期待大です。ミシュランPRO4は言わずと知れた定番中の定番。その他のクリンチャータイヤも定番ということで購入しました。

ちなみにビットリアのオープンコルサはチューブラーのコルサと製法が全く同じで最後の工程でクリンチャー化してることでオープンタイプのコルサという意味でオープンコルサと言ってるそうです。またビットリアではオープンコルサをクリンチャーと言わずにオープンチューブラーと呼んでます。





タイヤ考 Vol.2

スポンサードリンク
   


さてさて、色々なタイヤを試してみたくなってヤフオクで安いのを見つけるたびにポチってますw
気がついたらクリンチャータイヤの在庫がかなりの数になってました。

HUTCHINSON ATOM COMP 2セット
ミシュラン PRO4
コンチネンタル GP4000S
パナレーサー RACE L EVO2
シュワルベ アルトレモ
ビットリア Diamante Pro ラジアル3
ビットリア オープンコルサ CX2
ブリジストン エクステンザ RR1-SL
サーファス セカレーシング

それ以外にもタイヤを付けたままの予備ホイールもあって
パナレーサー TYPE L
ビットリア ザフィーロ28C(これは使わないと思います)

さらに5台のロードバイクについてるのが
ALIZE パナレーサー RACE A EVO2(中華カーボンホイール)
BURA-SL コンチネンタル スプリンター(チューブラーの中華カーボンホイール)
ZEPHYR ATOM COMP(中華カーボンホイール)
REFALE ビットリア コルサCX2 EVO (BOMA TH-9)
SYNAPSE ATOM COMP(ノーブランドの軽量アルミホイール)
(こうやって改めてみると中華カーボンホイールばっかやなあ ε-(´∀`*)ホ-)
こんなにあってどうするんだ? しかもそのうち2台はチューブラーだしねえw
チューブラーはチューブラーで4セットもあるし。使い切るのに何年かかるんだろうかwww

ま、それはさておいて(おいとくんかい Σ( ̄。 ̄ノ)ノ w)
ATOM COMPはいつも使ってるのでわかります。一応これを基準に考えていこうと思ってます。
基本めんどくさがり屋なので付け替えるのは気が向いた時だけだと思いますので結構時間がかかりそうです。しかも本格始動は3月頃なのでまだまだ先ですねw



タイヤ考 Vol.1

スポンサードリンク
   


前回も書きましたが、奥の深いタイヤ選び。

オヤジローディが使ってるタイヤはクリンチャータイヤならほぼHUTCHINSON ATOM COMPとパナレーサーのRACEシリーズ。それ以外にはEXTENZA BICOLORE(エクステンザ ビコローレ)とSECA RACINGを試しましたが、EXTENZA BICOLORE(エクステンザ ビコローレ)は走行感が重く、グリップも頼りない感じがしてすぐに外して自転車部の部員に譲りました。

SECA RACINGも暫くの間使ってすぐに外しましたが、こちらは実走では乗り心地もほどほどによく、走行感は軽いというほどではないですが悪い印象はありませんでした。いずれトレーニングタイヤとして使うつもりです。

現在5台のロードバイクに乗ってますが、そのうち2台はチューブラーです。チューブラーは当初はタイヤのはめ方の練習もかねてコスパに優れたトレーニングタイヤのビットリアのストラーダを使ってましたが、当たり前ですがどうにも走行感も漕ぎ出しも重い。なので同じビットリアのコルサ EVO CX2に変えました。これがまた乗り心地はいいし、転がり抵抗も軽く軽快に走れます。本当にタイヤ一つでこうも変わるもんだと目からウロコでした。実際REFALEの平均スピードが2km/hほど上がってます。

冬になり外を走る機会も少なくなりますが、来年はいろんなタイヤを試してみたいと思ってます。まずはクリンチャータイヤからですが、ただいまコンチネンタルGP4000S、ミシュランPRO4、パナレーサーRACE L EVO2とATOM COMPの在庫を持ってます。少しずつ試してみてインプレや感想を書きたいと思います。



タイヤでどう変わる?

スポンサードリンク
   


最近、SYNAPSEで使っているノーブランドの軽量アルミクリンチャーホイール(24mmハイトで前後で1300g)。これに履かせていたタイヤをSURFAS SECA RACINGからHUTCHINSON ATOM COMPにしました。

このSECA RACINGは実走ではそうでもないんですが、3本ローラーをやるとどうも粘っこく走行感が重い。それをATOM COMPにしたところやはりATOMは走行感が軽い。3本ローラーでの平均速度が5km/hほど上がりました。

しかし、タイヤによってこうも違うんですね。チューブラーでもヴィットリアのストラーダからCORSA CX2にしただけで劇的に走りが変わりました。足回りというのは奥が深い。ホイールとタイヤの組み合わせ自体無数にあり、その組み合わせで随分とロードバイクの印象も変わってしまう。今まではクリンチャータイヤと言えばATOM COMP一辺倒でしたが、ちょっと色々と試してみたくなりました。



WH-9000-C24-CL入手(^^)v

スポンサードリンク
   


WH-9000-C24-CLをヤフオクでポチッとなw

現在BURA-SLには中華カーボンホイールがついてます。1280gでノバテックのハブのチューブラータイプ。値段の割に非常によく回るいいホイールです。が、物欲に負けて思わずポチってしまいました。

BURA-SL用にそれなりのホイールが欲しかったのもあるんですが、自分の脚力ではBURA-SLはやはり固い。すぐに足に疲れがきます、だから剛性がありながら乗り心地もいいWH-9000-C24-CLはBURA-SLにバッチリのような気がします。ヒルクライムにも使えて、意外と高速巡航も出来る万能ホイール。BURA-SLに付けるとどんな感じになるか楽しみです。