オヤジローディのヘタレ奮闘記

ビワイチでのゼファー

スポンサードリンク
   


今回のビワイチは新しく手に入れたばかりのニールプライドのゼファーで走りました。前回の記事でアディダス君のゼファーが非常に乗り心地が良くなったと書きましたが、もちろんオヤジローディのZEPHYRも乗り心地がいいです。

手持ちのSYNAPSEに匹敵するほど快適でした。ZEPHYRでは今回はじめて100kmを超すロングライドをしましたが、本当に疲れにくくかつ速い。フレームが適度にしなってペダリングが楽です。ZEPHYRはハイケイデンスよりはトルクを掛けた走りに向いてるので特にヒルクライムはいいですね。

NEILPRYDEのロードバイクはゼファーの他にBURA-SLとALIZE(現在名はNAZARE)もいいですが、個人的にはこのゼファーが一番自分に合ってます。ビワイチでは区間によって30-35km/h巡航をしましたが、いつまでも漕げる感じでした。本当に良いバイクを手に入れたと思います。しかもかなり安く。ラッキーです。

141011自転車部ビワイチ

20141004大平城址IMG_3619.jpg



ZEPHYR(ゼファー)の乗り心地とプロのメンテナンス

スポンサードリンク
   


ビワイチの時にアディダス君がゼファーの乗り心地がよくなったと言っていたので、そんなわけはあるまい、と乗ってみたら本当に良くなっていた( ´ ▽ ` )ノ

タイヤを変えたわけでもないし、ホイールもそのまま。ナゼに?
どうも、ビワイチをやるのでサイクルショップでメンテナンスをしてもらったらしい。それからものすごく乗り心地が良くなったそうだ。ZEPHYRの構成は何一つ変わってないというのに不思議なものだ。

それにしてもこれが本当のゼファーの実力だと思う。自分のZEPHYRはアディダス君のとはタイヤが違ってて肉厚のせいか元々乗り心地がよかったが、アディダス君のゼファーはメンテによって雑誌等のインプレとおりのコンフォート性能になった。それに出足も軽くなっている。プロのメンテナンスってスゲーな-。



GIANT TCR SLR1

スポンサードリンク
   


GIANT TCR SLR1をご紹介します。これはGIANTのバリバリのレースマシンTCRシリーズのアルミフレーム版です。重量は7.7kgとアルミにしては軽量です。

デザインはTCR ADVANCEDシリーズを彷彿とさせます。とにかくかっこいいの一言。乗ってはないのでどんな具合かは分かりませんが、何と言ってもGIANT。裏切られることはないでしょう。

驚きなのは価格。コンポがアルテグラ6800系でホイールがGIANT P-SL1の組み合わせ。これでお値段23万(税抜き)!! コレはすごいコスパですね。脱帽モノです。

GIANT TCR SLR1

そして一つ下のグレードのTCR SLR2は105仕様で17万(税抜き)。これまたすごいです。SLR1もSLR2もそれぞれ2014年モデルから2万円の値下げです。これだけ円安が進んでるのにすごかあ Σ( ̄。 ̄ノ)ノ



第2回自転車部ビワイチ Vol.3

スポンサードリンク
   


アディダス君のパンクを修理して、再出発。10kmほど先のローソンで先行した連中と合流して、一休憩したあとは琵琶湖大橋のたもとの道の駅「びわ湖大橋米プラザ」まで行き、休憩。数名でソフトクリームを食してしばし談笑。それにしても休憩ばかりだなw

141011自転車部ビワイチ
右からアックスさん、オヤジローディ、ヘタリー君、アディダス君、ジャルジャル君、カツオ君。

141011自転車部ビワイチ
パノラマ写真。

141011自転車部ビワイチ
全て琵琶湖大橋の上から。

この後は大津まで行くのをやめて去年同様琵琶湖大橋を渡ってショートカット。ここからは各々のペースで走ることにした。オヤジローディとしては好きに走れて非常にありがたい。30km/h以上で走り続けたのだが、初参加のアックスさんがずっとついてきた。アックスさんの愛車はスペシャライズドのヴェンジ。平坦はともかく登りでも結構食らいついてくる。バリバリのエアロロードのヴェンジで登りはきついと思うんだけどなあ。スゴイ脚力。って言っても自分も大したこと無いから、世間的にはさほどでもないんだろうけど一応自転車部ではスゴイということになってるwww

次の休憩ポイントでアックスさんと二人で待ってたんだけど、みんな意外と来るのが早かった。去年は各休憩ポイントで随分と待った記憶があるんだけど今年はそうでもない。2回めということでみんな慣れてきたかな。

あとはひたすら長浜公園目指して走った。皆がゴールしたのは17:30頃。まったりライドチームがお出迎えしてくれて第2回自転車部ビワイチは無事終了。今年は参加人数も増えて去年以上に楽しかった。来年も是非やりたい。





第2回自転車部ビワイチ Vol.2

スポンサードリンク
   


さて、気を取り直して再出発、といきたいところですが走行不能になったTCR ADVANCED SEを車で回収しなければなりません。タバティー君が長浜公園まで車を取りに戻ることに。始まってすぐだったのが逆に幸いしたというべきか・・・。

現場にはノッチさんと自分が残ることに。TCR ADVANCED SEを回収したのが50分後。そこからタバティー君と二人で先行組を追いかけることになりました。

50分も経っていたので、かなり離れてるだろうと思い飛ばしました。タバティー君は平地が速い。重いギヤでぐいぐい踏んで進みます。30〜35km/hで走ったら15kmも行かないうちにまったりライドチームに合流。残りの連中に携帯で連絡を取ったらどうも道を間違えたようですぐそばにいるみたいw

まったりライドチームは完走する気はなく、数十キロで終わってあとはのんびりと観光などする予定のチームなのでここで分かれて、再びタバティー君とのふたり旅。

第2回自転車部ビワイチ

141011自転車部ビワイチ

141011自転車部ビワイチ
しばし休憩

この後15km走ったところで「道の駅 しんあさひ風車村」で残りの連中と合流。しかし、アディダス君の姿が見えない。パンクしてチューブ交換したのだがそれも調子悪くて、結局サポートカーに回収されてこちらに向かってるとの話。自分がアディダス君を待ってパンク修理をすることになり、他の連中は出発することに。ここでタバティー君は所用で離脱。お疲れ様でしたw

to be continued・・・・・



第2回自転車部ビワイチ Vol.1

スポンサードリンク
   


2014年10月11日は第2回自転車部ビワイチ。幸いに台風と台風の合間の晴天に恵まれました。AM5:30に長浜公園に集合。今回は初参加4名を含む総勢14名の参加。14名のうち1名は所用で途中離脱の予定。

さて、相変わらず出発前はバタバタして、やれあそこが調子悪いだのここがおかしいだのとワイワイやって実際に出発したのは6:20頃w

141011自転車部ビワイチ
いい天気です。気持ちよか-\(^o^)/

最後尾を走っていたんですが、12kmほど走ったところで・・・・
141011自転車部ビワイチ
どうした?どうした?

どうも、停車した先頭に後続が3台ほど突っ込んだ模様。うちノッチさんのTCR ADVANCED SEがディレイラーハンガーが折れて走行不能に。いきなりのトラブルw

かわいそうなことに、結局1日サポートカーのドライバーになってしまいました。いきなり出鼻をくじかれた感じ。どうなることやら

to be continued・・・・・

MERIDA SCLUTURA(メリダ スクルトゥーラ)CF 905

スポンサードリンク
   


MERIDA SCLUTURA(メリダ スクルトゥーラ)CF 905のご紹介です。

このSCLUTURA(スクルトゥーラ)CF 905というロードバイクはかなりの高評価ですね。私の行きつけの自転車屋の息子さんがこのMERIDA SCLUTURA(メリダ スクルトゥーラ)の上級グレードのフレームに乗ってて、借りて乗らせてもらったところ、驚きのパファーマンスです。踏み出しが軽い!加速が鋭い!それでいて硬さをあまり感じず乗りやすかった。

その下位グレードですが、雑誌やネットのインプレでは軒並み高い評価を受けています。乗りやすく速いようです。

このSCLUTURAはお値段もお手頃。MERIDA SCLUTURA(メリダ スクルトゥーラ)CF 905はクランクがFSA ゴッサマー(だと思う)、コンポがアルテグラ、ホイールはフルクラム レーシング コンプというちょっと重めのホイール。この構成でなんと¥265,714(税抜き)という超お値打ち価格。あまりMERIDAに乗ってる人を見かけないので、人と違うバイクでかつ高性能なロードバイクをお探しならこのSCLUTURAはオススメです。

MERIDA SCLUTURA(メリダ スクルトゥーラ)CF 905



ZEPHYR(ゼファー)でヒルクライム

スポンサードリンク
   


10月4日は少し時間がとれたので静岡県の「あらたまの湯」のそばまでZEPHYRを車で運んで20km強を走りました。

このあたりは比較的アップダウンが多いエリアでゼファーのヒルクライム性能を見るには良いルートです。出発場所は大平城跡のすぐそば。走りだして暫く行くと「あらたまの湯」の前の結構な斜度の坂があります。時折10%を超えます。距離は短いですが疲れますw

20141004大平城址IMG_3622.jpg

この日はかなり体調が悪かったのですがZEPHYRはやっぱりヒルクライムは結構いけますね。この後もアップダウンを繰り返し、走行距離24kmほどで登り400m。初めて走るコースでしたが走りごたえがありましたw

時折15%くらいの坂もありヒーヒー言いながら登りましたが、ゼファーはトルクを掛けて踏み込むと適度にしなる感じがして登りやすい。かなりのクライム性能だと感じました。こういったしなる感じもやっぱりREFALEに似ています。

この日はホイールをWH-RS31から前後で1250gの中華カーボンクリンチャーホイールにして、タイヤはHUTCHINSON ATOM COMPに変更しました。凡そ1.5kgほどの軽量化。乗り心地がずいぶんと良くなり、SYNAPSEとまでは言いませんが、かなり近づきました。これなら疲れずにロングライドもいけます。

今回はちょっとおもしろい試行をしてみました。いつもiPhoneをトピークのスマートフォン ドライバッグでロードバイクに付けますが、これの向きを変えて前面を向くようにしてビデオ撮影してみました。思った以上にうまく撮れました。バッテリーをつなげばかなりの距離を撮れますね。あとで観ると結構面白いですよ。ま、延々と続くので退屈な部分も多いけどねw

20141004大平城址IMG_3619.jpg



間もなく自転車部ビワイチ

スポンサードリンク
   


10/11は自転車部のビワイチです。今年は総勢14名の予定。今回は長浜城から朝5:00出発で反時計回りのコースです。

しかし、今回はまったりライドチームとガチライドチームに分かれます。まったりライドチームは40kmほど離れたまきのというところで船に乗って長浜まで戻る予定だそうです。あるいはまきので引き返して80kmライド。あとは長浜あたりで遊んでガチライドチームを待つそうですw

ま、楽しければいいのでそれもアリですね。それよりも晴れるといいけどなあ。ちなみにオヤジローディはZEPHYRでの参加です。




FELT AR5

スポンサードリンク
   


FELT AR5です。エアロロードというカテゴリーはFELTが先駆けと言われてます。そのFELTのエアロロードのARシリーズのエントリーモデルのご紹介です。

FELT AR5

サイクルイベントの試乗会で試乗したことがありますが、競輪場のレース場が試乗コースだったので当然路面は非常に滑らかで他社のどのロードバイクに乗っても乗り心地が良かったので、正直良くわかりませんw

走りも道が良いせいかどれも同じように加速して違いがわかりませんでした。ただ、その時に乗ったSCOTT SOLACEに比べると若干乗り心地が硬かったように思います。同じエアロロードのGIANT PROPELに似た感じでした。

個人的な感想は、「かっこいい」この一言につきます。



SYNAPSEの振動吸収性

スポンサードリンク
   


この間自転車部のアディダス君のゼファーに乗りました。以前にも乗せてもらったことがあるんですが今回は自分のSYNAPSEとの違いを見るために乗り比べてみました。

ゼファーがヤフオクで安く出てた上に値下げ交渉もあって、ダメ元でお願いしたかなりお得な金額で購入出来ました。ただし自分のはSサイズ。アディダス君のはMサイズで自分のゼファーが届くまでにとりあえずSYNAPSEを基準に乗り比べ。

まずはアディダスくんのゼファーです。本当は同じサイズで比べないとダメなんですが、アディダス君のゼファーのフレームサイズは自分には1サイズは大きいです。

ゼファーは踏み出しか軽く相変わらずのキビキビした反応で加速性能はいいです。ですが、意外と路面状況を拾ってコツコツきます。ホイールはWH-6800、タイヤはパナレーサー RACE L EVO2です。

次にSYNAPSEです。同じ道を同じような速度で走りましたが、明らかに乗り心地が違います。SYNAPSEの方が乗り心地がかなりいい。ホイールはWH-7900-C24-CL、タイヤは一つ前のパナレーサーLです。ホイールの差もありますが、それを差し引いてもSYNAPSEの振動吸収性は高いと思います。

加速性は若干ゼファーの方がいいように思いました。ちょっとした緩斜面の坂がありましたが上り性能は大差なさそうです。どちらもいいロードバイクです。でもどちらかというとSYNAPSEはコンフォートという感じですが、ゼファーはオールラウンダーっぽい感じです。

CANNONDALE SYNAPSE

CANNONDALE SYNAPSE

ゼファーに比べると形状がシンプルなフレームです。かっこいいと思いますが、ゼファーのデザインも好きです。どちらもかっこいいです。




タイオガ スパイダーストレイタム(TIOGA spyder stratum)

スポンサードリンク
   


タイオガ スパイダーストレイタム(TIOGA spyder stratum)はプラスチック製のメッシュ構造で座り心地の良さと軽量さで人気のスパイダーシリーズの最新モデルです。メッシュが2層構造になってさらに乗り心地がアップしてるようです。


カーボンレールモデル 120g


クロモリ中空レールモデル 190g

このタイオガ スパイダーストレイタム(TIOGA spyder stratum)は2種類あってカーボンレールの120gタイプとクロモリレールの190gです。価格差はおおよそ7000円です。10g千円ですw

自分はスパイダーツインテールを愛用していてすべてのロードバイクにスパイダーツインテールを付けてます。このスパイダーツインテールにしてからはお尻の痛みがほぼなくなりました。

SYNAPSEにこのタイオガ スパイダーストレイタム(TIOGA spyder stratum)を付けてみようかと・・・。さらにコンフォート性がましてロングライドの強い味方になりそうです。


こちらはスパイダーツインテール。