オヤジローディのヘタレ奮闘記

NEILPRYDE ZEPHYRで大島ダムライド

スポンサードリンク
   


9/27はNEILPRYDE ZPHYR(ニールプライド ゼファー)で新城市の桜淵公園から大島ダムまでのライド。ゼファーによる実走は初めて。

140927大島ダムIMG_3560.jpg

140927大島ダムIMG_3562.jpg

この日はあまり時間が取れなかったので2時間ほどのサイクリングとなりました。さて、ゼファーに乗った感想はというと、以前自転車部のアディダス君のゼファーに乗った感想通りです。ゼファーはコンフォートバイクと言いながら、乗り心地は硬めですw

140927大島ダムIMG_3573.jpg

140927大島ダムIMG_3582.jpg

140927大島ダムIMG_3583.jpg

140927大島ダムIMG_3593.jpg
3回連続で大島ダムw ここは車は来ないし静かで景色がよいし、程よいヒルクライムでお気に入りのコースです。

正直、手持ちのSYNAPSEと比べたらかなり固めと言えます。SYNAPSEの乗り心地はとにかく極上。最高の乗り心地です。SYNAPSEの乗り心地を知っているだけにどうしてもゼファーは硬く感じてしまう。

SYNAPSEと比べなくても、自分の持っているロードバイクで言えばBOMAのREFALEに近い。ちなみにREFALEはBOMAのHPによれば「BOMAレーシングフレームの中核を担う・・・・」とあります。つまりオヤジローディ的にはゼファーはレーシングモデル。しかもコンフォートと言うよりオールラウンドモデルだと思う。

登りは結構いけそうな感じです。また、ゼロ発進こそ若干もたつく感じがありますが反応性はいいと思います。キビキビとよく走ります。

今回ははじめからついていたWH-RS31という鉄下駄ホイールにビットリアのザフィーロの28Cタイヤというもっさり系の組み合わせ。クイックレバーとカセットとチューブ、タイヤをセットした状態で前後で3480gという重さ。
これを38mmハイトの中華カーボンとHUTCHINSON ATOM COMPの組み合わせに変えようと思ってます。同じ条件で前後で2030gと、なんと1450gもの軽量化となります。ちょっとは走りが軽くなるんじゃないかと・・・・。
ちなみに那須ブラーゼンの選手はゼファーのことを「リアルレーシングモデル」と言ってます。

140927大島ダムIMG_3595.jpg
このミルクがまた美味しいんだなあ(^^)

140927大島ダムIMG_3597.jpg
何故か秋口にしか店頭で見かけない板チョコアイス。これまた美味ですw

ああ、そうだ。途中でフロントをインナーに落としたらアウターに戻らなくなりました。しょうがないので手でチェーンをアウターに載せかえた。これがホントのマニュアル変速だなwww

家に帰ってから見てみたらワイヤーが緩んでました。買ったばかりなのになあ。もう少しちゃんと整備しといてほしいね。



LAPIERRE PULSIUM 500 FDJ CP(ラピエール パルシウム)

スポンサードリンク
   


LAPIERRE(ラピエール)の新エンデュランスロード PULSIUM 500 FDJ CP(パルシウム 500 FDJ CP)。

トップチューブとシートチューブの接合部が二股という一風変った形状のフレーム。ここにエラストマーが内蔵されていて振動吸収を高めています。

独特のフレーム形状は好き嫌いがはっきりしそうです。ちなみにオヤジローディは好みではありませんw

PULSIUM 500 FDJ CP



さようなら中華FOIL

スポンサードリンク
   


さようなら、中華FOIL (^_^)/~

中華FOILを自転車部の社外部員のメンバーになるべくお値打ち価格で譲りました。この中華FOILのフレームに亀裂が入っていることを話したので、もし手放すときは声を掛けて下さい、と言われてました。

実際はトレーニングマシンとして使っていて手放す気は無かったですが、ほかならぬメンバーの頼みで信頼できる人だし、当然大事にしてくれるだろうし、ということでフレームだけでなく丸ごと譲ることにしました。

中華FOIL

ちなみにコンポはSRAMのFORCE、ホイールはフロントがSRAM S27AL COMP、リヤがSRAM S30AL RACE、サドルはスパイダーツインテールもどき(すわり心地は本物とあまり変わりません)とまずまずの構成だと思います。

この部員は中華FOILを塗り替えてオリジナルバイクにするそうです。早速他の部員にばらしを頼んだそうですw
どんな風になるか楽しみ。



NEILPRYDE ALIZEとSPECIALIZED ALLEZ

スポンサードリンク
   


ちょっと前にALIZEの名称変更の記事を書きました。→ALIZEがNAZARE?

これ、自分としてはALIZEという名称自体が一般的すぎて全くかぶった名前の自転車があるんだと思ってましたが、実際はSPECIALIZEDが難癖をつけたんですね。スペシャライズドのALLEZ(アレー)と字並びが似ているとして訴訟すると抜かしてたそうです。この程度のことは日常的にあるし、そもそも意味が全く違うのにねえ。

スペシャライズドはいっぺんで嫌いになってもうた。いつかはROUBAIXに乗ろうかと思ってたけどね。もういいや。けちくさいメーカーだ。



DEROSA PLANET

スポンサードリンク
   


DEROSA PLANETは人気モデルR838の後継モデルです。R848からR838、そしてこのPLANETと割と早いタイミングで切り替わってます。

R848が出た当初は従来のDEROSAファンからは酷評されてましたね。R848はDEROSAがこだわっていた本国生産から初の台湾生産にしたモデル。だからこそ従来のファンからは本国生産だからこそのDEROSAなのに、と嘆きの声とも怒りの声ともつかぬ批判が出てました。乗り味もDEROSAらしくないとも言われてました。

個人的には特にブランド志向がありません。デザインが気に入り、値段と性能が折り合っていればどのブランドでも構わないので初めてR838を見た時は(丁度ロードバイクに興味を持った頃にR838が出てたような)カッコイイと思ったし、ちょっと欲しいとも思いました。

さて、このPLANETは105仕様で税抜き318,000円です。個人的にはR838のデザインよりPLANETの方がすっきりしていてシャープな感じがしていいですね。性能はDEROSAらしいかどうかはDEROSAのモデルには一度も乗ったことがないので分かりませんし、比較のしようもないのですが台湾生産とはいえDEROSAだからやっぱりいいんでしょうね。

ちなみにこのPLANETという名称は以前のアルミモデルに使われてたようです。

画像はこちら



NEILPRYDE ZPHYR(ニールプライド ゼファー)

スポンサードリンク
   


NEILPRYDE ZPHYR(ニールプライド ゼファー)を買っちゃいました(^^ゞ

元々ニールプライドのファンでゼファーも非常に気になっていて、ヤフオクでずいぶんと安かったので思わずポチってしまいました。自分のは完成車のため色は白。でも自分としては黒のロードバイクばかりなのでこの白が気に入っていた。

本日9/20に届く予定です。あ〜、早く乗りたいw

NEILPRYDE ZPHYR



コンタドールがブエルタ・ア・エスパーニャ優勝!

スポンサードリンク
   


アルベルト・コンタドールがブエルタ・ア・エスパーニャ2年ぶり3度目の優勝を飾りました!

終わってみればアルベルト・コンタドール。あの強いコンタドールが帰ってきた。ここぞという勝負どころで力を発揮して見事に優勝。

これで公式にはツール・ド・フランス2回とジロ・デ・イタリア1回、そしてブエルタ・ア・エスパーニャ3回の合計6回のグランツール優勝。まさしく大チャンピオン。

ちなみに今年はツール・ド・フランスを制したヴィンチェンツォ・ニーバリも試乗6人目の3つのグランツール完全制覇を達成しています。

しばらくはアルベルト・コンタドール、ヴィンチェンツォ・ニーバリそして2013ツール・ド・フランスの優勝車で2014ブエルタ・ア・エスパーニャで2位に入ったクリス・フルームの3人が中心になるんでしょうね。



GIANT DEFY ADVANCED

スポンサードリンク
   


GIANT DEFY ADVANCEDがモデルチェンジしてかっこ良くなりました。GIANTは塗装もいいしデザインはいいし性能は高いしでお奨めのブランドです。

さて、このDEFY ADVANCEDですがいさぎよく全てDiskブレーキ仕様になりました。

画像はこちら→GIANT DEFY ADVANCED SL

思い切りましたね。エンデュランスロードとはいうもののGIANTのロードバイクはおしなべてレース向けです。多分乗り心地は他のエンデュランスロード(ルーベ、ドマーネ、シナプス、インフィニートCV等々)ほどには良くないかもしれません。しかし、反応性の高さやキビキビした感じはGIANTならではないでしょうか。



KUOTA KOUGAR(クオータ クーガー)

スポンサードリンク
   


KUOTA KOUGAR(クオータ クーガー)は手頃な価格ながらレースにも使える高性能で人気だったKURARO(クラーロ)の後継モデルです。KURARO(クラーロ)は宇都宮ブリッツェンがメインで使ってたほどの性能ですが早くもモデルチェンジで名前も消えます。

実際、KURARO(クラーロ)には私も乗ってみたことがありますがクオータらしいキビキビした反応で乗りやすく楽しいロードバイクです。一時次のロードバイクの候補にしてたこともあります。

さて今度のKUOTA KOUGAR(クオータ クーガー)は見た目がさらにシャープでエアロチックになってかっこいいです。ちなみにエアロチックと書こうとしてタイプミスでエロチックとなってしまったことはお笑い草ですw

今度のサイクルモードで試乗できないかな。KUOTAだけに期待が持てます。ところでこのKUOTA KOUGAR(クオータ クーガー)はコストパフォーマンスは抜群です。
フレームセット:税抜き190,000万円
105完成車:税抜き289,000円
アルテグラ完成車:税抜き348,000円
アルテグラDi2完成車:税抜き463,000円

これは期待大ですね、

画像はこちら



SYNAPSEで船明ダム

スポンサードリンク
   


9月6日はCANNONDALE SYNAPSEで船明ダムまでライド。本当は秋葉ダムから佐久間ダムまで抜けようと思ったのだが、あまりの暑さにへばってしまい途中でルート変更。

しかし、それにしてもSYNAPSEは乗り心地がいい。今回はシートポストをスペシャライズドのコブルゴブラーからノーマルのカーボンシートポストに変更して走ってみた。それでも乗り心地はいい。多分ホイールがWH-7900-C24-CLというのも大きいと思う。SYNAPSEのフレームとWH-7900-C24-CLは相性抜群のようだ。

多米峠をちょっと気合を入れて登ってみた。かなりいいタイム。上りも結構いけるのがSYNAPSEの特徴。快適にいつもの撮影スポットの引佐の清水橋まで走る。

SYNAPSEで船明ダム

撮影をしたらすぐに出発。はままつフルーツパーク前を抜けてこれまたいつもの撮影スポットの大平城址まで。なかなかいいペースだ。

SYNAPSEで船明ダム

SYNAPSEで船明ダム

ここから「あらたまの湯」へ行くのだがこの前の坂が結構キツイ。10%を超えるところもある。
SYNAPSEはこういった急な坂道は苦手なようだ。5%くらいまでなら楽にいけるのだがそれ以上の勾配になるととたんにペースダウンした。さすがにヒルクライムマシンのBURA-SLのようにはいかないねw

さて、この辺りから暑さにへばりだして失速。かなりスローペースになってしまった。えっちらおっちらと船明ダムまで。

SYNAPSEで船明ダム

SYNAPSEで船明ダム

暑くてかなりへばってきたので船明ダムから秋葉ダムへは諦めて南下して帰ることにした。あとは適当に走って休憩を何度か挟みながらのんびりと帰った。最近なーんか体力がないような。年なのかなあ。

いやいや、同じ年令の中日ドラゴンズの山本昌があれだけ頑張ってるんだから、歳だなんて言っててはダメだな。精進が足らんなwww




BIANCHI INFINITO CV(ビアンキ インフィニートCV)

スポンサードリンク
   


今最も気になるロードバイクのひとつ。BIANCHI INFINITO CV(ビアンキ インフィニートCV)のご紹介。

このCVの意味はカウンターヴェイルですが、カウンターヴェイルって何?
カウンターヴェイル(CounterVail)とはマテリアル・サイエンス社と共同開発した振動除去システムのことです。特許らしいです。だからこの技術はビアンキしか使えません。

カーボン素材に混ぜ込んで成形するそうです。その結果従来のカーボンフレームに対して75%の振動吸収性がアップしてるとのこと。ところで従来のカーボンフレームって何を指すのでしょうかw

こういった比較ってさもすごそうに聞こえますが、比較対象が曖昧なことが多くよくわからないですねえ。まあ、それを差し引いてもかなり振動吸収性が高いようです。

YOUTUBEに実験結果


素晴らしい振動吸収性です。実際今年のツール・ド・フランスの第五ステージの魔の石畳のコースでベルキンプロサイクリングのラース・ボームがこのINFINITO CVを駆って優勝してます。

デザインもかっこよくてコレ欲しいですw
でも、エンデュランスロードならCANNONDALE SYNAPSEがあるしなあ。これもかなり気に入ってるし。でも欲しい。楽天でちょっと安くなってますね。う〜ん、買っちゃおうかな(どこにそげなお金がwww)



BLACKかWHITEがいいですね。個人的にはビアンキのチェレステカラーはどうも好きになれないw



ALIZEで竜洋海洋公園から秋葉ダム160kmライド Vol.2

スポンサードリンク
   


竜洋海洋公園で一休みした後はそこから20kmほどは天竜川堤防沿いを北上。堤防沿いは道もよくてフラット、信号も殆ど無く、車も少なく、そしてこの日は無風。つまりこの堤防で30k/h巡航できれば日頃のトレーニング効果が少しはあると言えます。

景色はいいし、車が少なくて本当に巡航に向いてる道路です。ちょっと暑いのが玉に瑕ですが。
天竜区に入ると車の渋滞がすごかったのでペースダウンしました。ここまでの22kmの平均速度は30.3km/h。自分としてはいい数字です。ちょっとは進化してるみたいです。

ここからは車も信号も多くて暫くの間のんびりと走りました。また道がよくなってきたので少し頑張りましたが、だいぶへばってきていて堤防沿いほどはスピードを出せませんでした。

道中の船明ダムでは勢い良く放流中でした。連日雨がよく降ってましたからねー。
140813 ALIZE 竜洋海洋公園_秋葉ダム

秋葉ダム到着〜
140813 ALIZE 竜洋海洋公園_秋葉ダム
秋葉ダムも勢い良く放流中

140813 ALIZE 竜洋海洋公園_秋葉ダム

140813 ALIZE 竜洋海洋公園_秋葉ダム

暑いのはあまり得意ではないので秋葉ダムから自宅まではのんびりと走行。最後はかなりヘロヘロ状態で無事帰宅。久しぶりの160kmはきつかったw


ALIZEで竜洋海洋公園から秋葉ダム160kmライド Vol.1

スポンサードリンク
   


名称使用が止められてNAZAREになってしまったALIZE。そのALIZE(NAZARE)で久しぶりに走りました。今年はREFALEメインなのでALIZE(NAZARE)は本当に久しぶりです。ロングライドとなると去年の9月28日のビワイチ以来です。ほぼ1年ぶりですw

今回は天竜川の堤防を走りたくてまずは天竜川河口の竜洋海洋公園を経由して天竜川を北上して秋葉ダムまでのコースにしました。

さてまずは竜洋海洋公園を目指して多米峠アタック。お盆という最も暑い時期なので無理せずゆっくりと登りました。かなり遅かったw

浜名湖に出てR1まで南下。R1と別れて更に南側を中田島砂丘まで。中田島砂丘までの7kmほどは平坦、信号なし、車少なしの非常に走りやすい道路。気持よく快走して天竜川まで来た。
140813 ALIZE 竜洋海洋公園_秋葉ダム

第一目的地の竜洋海洋公園に到着。ここまで約48km。
140813 ALIZE 竜洋海洋公園_秋葉ダム

さすがに暑い。ここで水分補給としばしの休憩。少し体を冷やして次の目的地の秋葉ダムに向かう。やっぱALIZE(NAZARE)は乗ってて楽しい\(^0^)/





中華FOILのFD台座修繕

スポンサードリンク
   


ちょっと前に中華FOILのFD台座の補修をやったと記事を書きました。その後ほんのしばらく使えましたが結局FDが変速しなくなりました(:_;)

しかし、デザインが大変かっこいいし乗り味もなかなかにいいのでなんとか修繕しようと考えました。そして思いついたのがコレ↓
中華FOILフロントディレイラー

スチール製のメジャーを加工して、それでFDを台座に止めているネジとボトルケージの止めねじで連結して台座が亀裂の部分でしならないようにしました。結果非常に調子よくフロント変速が行えるようになりました。我ながら上手に直せたと自画自賛です(`・∀・´)エッヘン!!





呪われたBURA-SL

スポンサードリンク
   


公開をし忘れたので載せます。1年前の話ですw

9/14の土曜日はBURA-SLでちょいと走ろうと出かけました。午前中は用事があったので昼からの走行。夜は飲み会でしたので往復で100kmほどの天竜川下流の竜洋海洋公園まで。

走りだして毎度の多米峠アタック。距離にして1.6km、斜度が6%くらいの手頃な登りです。毎回タイムを測ってますが、今回はジャスト5分。過去最高です。あと少しで念願の5分切りが出来そうです。さすがBURA-SLです。登りはとにかく楽ですねー。

そして多米トンネルを越えて下りです。正直一度下りのコーナーでコケてからはちょっとビビリが入りますw
そのまま下らずに車の殆ど来ない道にルート変更してのんびりと下りました。だからBURA-SLの下り性能はわかりませんwww。悪くはなさそうですけどね(^^)

そしてまた若干のヒルクライムをしたところで、サドルが動き出したのでネジ締めしようと止まって降りたら、サングラスの左目レンズがポロッと落ちたあΣ(゚Д゚)

えええ〜、何故に???

よく見るとフレームの中央左側がフレームが割れてる。サングラスといえど度入りなので無しでは走れない。だから引き返すことに・・・・・orz

なーんか、BURA-SLに乗るとなんだかんだあって100km以上のロングライドが一度もできてない。呪われてるのかwww




REFALE大島ダムライド

スポンサードリンク
   


過日の8月2日にREFALEで大島ダムまで90kmほどライド。これだけの距離は6月のBURA-SLの250km以来という体たらくぶりw
まあ、暑いのと土曜日が結構雨で走れなかったので仕方ないっちゃあないんですけどね。

今回はREFALEのタイヤを練習用タイヤの定番ビットリアストラーダからビットリア コルサEVO CX2に変更しての走行。その乗り味はというと「乗り心地がいい!」。そんでもってころがり抵抗がストラーダに比べて軽い。
140802 REFALE 大島ダム

いやあ、良いタイヤをつけるとこうも違うのかw
ストラーダだと乗り心地はまずまずなんだけど、なんか粘っこい感じがして走行感に軽快さが無かったんだよねえ。トレーニングタイヤだから当たり前なんだけどね。

そんなこんなで大島ダムまで行って阿寺の七滝方面へ抜けて90kmほど走りました。そういえば去年は水不足で大島ダムもかなり水位が下がってましたが、今年はそんなこともなく普通でした。
140802 REFALE 大島ダム

140802 REFALE 大島ダム

140802 REFALE 大島ダム
自販機で売っていた牛乳。甘くて美味しかった!

140802 REFALE 大島ダム

140802 REFALE 大島ダム

この日はコルサEVO CX2のお陰で楽しく走れました。