オヤジローディのヘタレ奮闘記

SYNAPSEの完成

スポンサードリンク
   


ようやくSYNAPSEが完成しました。今週中には完成させる、と言われ続けて4週目にして出来上がったw

コンポはアルテグラ6700。クランクのみFSA SL-Kコンパクト。ホイールはリヤがSRAM S30AL RACE。フロントも同じにしたかったのだが、事故で破損したためヤフオクで探したら同じSRAMのS27AL COMPが手に入ったのでそれにした。

シートポストはREFALEから付け替えたコブルゴブラー。完全にロングライド仕様。ペダルはTIMEのi-click racer2。重量はペダル込みで7.75kgと手持ちのバイクでは最重量。

今は主に自宅のローラー台に使ってますが、ちょっと外を走った感じではやっぱりロング向き。軽やかさは感じませんが、乗り心地はすこぶるイイです。今まで手に入れたロードバイクの中では一番いい。そのうち長距離を走ってみて感想なぞ書きます。


CANNONDALE SYNAPSE

CANNONDALE SYNAPSE



REFALEで2時間耐久レース

スポンサードリンク
   


「ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル」2時間耐久レースでは、ALIZEにするか、REFALEにするか、BURA-slにするか最後まで迷ってましたが、結局今年一番乗ると決めているREFALEにしました。

其の際にREFALEのシートポストをコブルゴブラーから普通のカーボンシートポストに変更。なかなか精悍な感じになってカッコ良いw

さて実際にレースでREFALEを使ってみた感想ですが、一言で言えば、思った以上に走れた。今までの感じから発進加速がイマイチに思えたんで、コーナーでの立ち上がりで遅くなると予想してましたが、現実はそんなことはなく加速も思い通りに出来たし、反応もよくて走りやすかった。

ホイールはBOMAのTH-9。3本ローラーではもっさりした感じでイマイチだったんですが、レースでは使いやすく、加速のよさはこのホイールの影響も大きかったでしょうね。

BOMAが言うにはREFALEはBOMAのレースマシンの中核を成すロードバイクだそうです。どうもそのとおりのようですw

今回のレースでREFALEが更に気に入りました。レースで充分使えます。足りないのはエンジンです。すみませんm(_ _)m www




2時間耐久レースの結果

スポンサードリンク
   


3月16日に「ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル」の2時間耐久レースに自転車部で出場しました。以前、記事をアップしましたがその結果なぞ・・・・。

このレースはその名の通り、2時間でどれだけ走れるかというレースです。我々はチーム制のレースにエントリーしたので、1チーム3名以下でコースの長さは3.4km。

我々は3名×2チームで参加。チームは速い者順で決め、自分はS.T君とS.Tさんとのチーム。もう一方はK君とY君と社外部員のOさん。ちなみにOさんはミニベロで参加。この時点で早々とあきらめモードw

交代は何回でもOKですが、全員最低1週はしなくてはなりません。最後の15分間は交代できませんので、交代時期を間違えると最終走者はかなり周回しなければならなくなります。

我々は2周交代でいくことになり、自分は3番目(一応エースだそうですw)を走ることになりました。レースは初めてなんで緊張するかとおもいきや、走りだしてしまえば熱くなりますwww

思ったより速いペースで走れた思います。結果は我々が18週を2h04m21sで37チーム中25位。18週のうちS.T君とS.Tさんが、2周+2周+1周の5週ずつ。自分は2周+2周+4周の8周。最後は4周連続でしたが、結構やれるもんですね。平均時速が交代もひっくるめて28.6km/h。もう一方のチームが15周を2h00m55sの最下位w 平均時速が24.5km/h。

まあ、初参加ということで交代のタイミングやICタグの受け渡しの不手際などでもう少しタイムが縮めれたと思います。あとは体力が問題ですなあ。皆体力なさすぎwww

2時間耐久レース

2時間耐久レース



2月の走行距離

スポンサードリンク
   


今年の目標走行距離は年間7200km。つまり月間600kmです。これは実走とサイクルトレーナー合わせての距離です。

2月は
実走 143.43km、
サイクルトレーナー 594.28km、
合計 737.71km

ちなみに1月は
実走 208.27km
サイクルトレーナー 453.53km
合計 661.80km

今年のこれまでの走行距離 1399.51km

ちょっと実走が少ないです。もう少し外を走りたいのですが、寒いのとイマイチ時間が取れないので3月以降頑張らないと。


ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル 2時間耐久レース

スポンサードリンク
   


本日は「ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル」の日です。2時間耐久レースです。

結果はどうなることやら。頑張りますo(^▽^)o



ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバルVol.2

スポンサードリンク
   


いよいよ明後日にせまった「ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル」の2時間耐久レース。先述したとおり自転車部で3名×2チームの参加です。

そこでどのロードバイクで出場するか迷ってます。
レースマシンのREFALEかロングライド向きのキャノンデールシナプスか、それとも手持ちのバイクでもっとも速く走れるエアロロードのALIZEで出るか・・・・・。

まあ、ALIZEにしとけば無難なんですが、折角なんでBOMAの中核を成すレースマシンと言われているREFALEも試してみたい。いやいや、いっそ新しく手に入れたシナプスで出ようかw

でも、出るからにはちょっとでもいい成績を取りたいからALIZEかなあ。



ええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル

スポンサードリンク
   


愛知県豊橋市で行われるええじゃないか豊橋サイクルフェスティバル。3/15,16の両日に開催されます。

3/15は豊橋競輪場で試乗会や競輪選手による模擬レースと3/16のレースのコース説明と受付があって、3/16はレース。このレースに自転車部で出ることになりました。

ついに初レースです。ロードバイクに乗り始めて2年半。レースに出ることはなかろう、と思っていたらひょんな事で実現しました。

ことの成り行きは同業他社の社長がこの企画に絡んでいるそうで、会社に協賛金の申し入れがあり、ついでに自転車部で出てほしいとのことでした。そこで参加となったわけです。

我々が出るのは2時間耐久レース。3名×2チームです。さてさて素人集団でどれだけ頑張れるというのかw
乞うご期待( ´ ▽ ` )ノ



ホイールテスト

スポンサードリンク
   


先日、手持ちの3つのホイールをテストしてみました。ホイールはBOMAカーボンホイールTH-9とNOVATEC JETFLY(アルミホイール)と中華カーボンホイール。重量はそれぞれ1400g、1460g、1250g。


方法はBURA-slとREFALEにそれぞれのホイールを付けて3本ローラーをやってみました。。装着しているタイヤはチューブラーのTH-9にはVittoria STRADA、JETFLYにはHUTCHINSON ATOM COMP、中華カーボンホイールにはエクステンザ ビコローレです。

何故こんなことをしたかと言うと、どうもBOMAのカーボンホイールTH-9とBURA-slの相性が悪いのか、TH-9そのものがイマイチなのか、それともタイヤのせいなのか、なんかペダリングが重いのです。

ちなみにBURA-slもREFALEもコンポはDURA9000です。テスト方法はそれぞれの組み合わせで5-10kmほど3本ローラーを漕いで、平均速度とペダルの軽さの体感度で比べるという、大雑把なものw
まずはいつもの組み合わせのBURA-slとBOMA TH-9から。

なんか粘る感じがして、ペダリングが重い。タイヤのせいじゃないかな、とは思うんですが、それにしても重い。

次にBURA-slとJETFLY。あとは順番にREFALEと中華カーボンホイール、REFALEとTH-9、BURA-slと中華カーボンホイール、REFALEとJETFLYと行いました。


その結果、JETFLYのペダリングの軽さがどちらのロードバイクでも際立ってました。平均速度も他の組み合わせより4-5km/hほど速い。BOMA TH-9と中華カーボンホイールはどちらのフレームでもあまり変わりませんでした。平均速度もどっこいどっこいです。

結局、BURA-slにはJETFLYを付けることにして、REFALEには同じBOMAのTH-9にしました。見た目がかっこいいしね。

本当はタイヤくらいは同一のもので試さないとダメでしょうから、今度は同一タイヤ(ATOM COMP)で試してみたいと思います。それにタイヤの差もみてみたいですね。ビコローレは練習用でHUTCHINSON ATOM COMPはサイクリング用に使ってます。

BURA-slにJETFLYを付けて外を少しだけ走ってみましたが、硬い感じがいいです。この間試乗したマドン7にそっくりでした。加速が素晴らしかったです。やっぱ固いアルミホイールの方がBURA-slのようなロードバイクには合うみたいです(^^)



CANNONDALE SYNAPSEの2013年モデル

スポンサードリンク
   


先日ヤフオクでCANNONDALE SYNAPSEのフレームセットを落札しました。年式は2010年モデル化と思っていましたが、よく調べたら2013年モデルでした。

これに余っているFSA SL-Kクランクとアルテグラ6700のコンポ、SRAM S30AL RACEのホイールで組んでいる最中です。

完成はこんな感じになります。クランクは写真と同じFSA SL-Kです。
CANNONDALE SYNAPSE

SYNAPSEはキャノンデール初のカーボンロードです。ロングライド向けのモデルですが、本国アメリカでは人気が高いらしいです。しかし、日本ではイマイチですね。キャノンデールと言えばCAADかSUPER SIX EVOですもんね。

ネットでもシナプスに関するインプレ記事はほとんどなくどんな感じかわかりません。ただし、2014年モデルは怪童サガンがクラシックレースで使っていて、いい成績を収めてますのでひょっとしたら売れるかもしれません。

このSYNAPSEを含めてロードバイクは4台となりました。
エアロロードのALIZE、
ヒルクライムマシンのBURA-sl
レースマシンのBOMA REFALE(レースには出ませんけどね)
そしてロングライドのSYNAPSE
です。

SYNAPSEは自宅でのトレーニング用にするつもりですが、折角なんでロングライドでも使ってみたいです。今年のビワイチにはコレを使おうかな。


スペシャライズド試乗会

スポンサードリンク
   


3/1はカミハギサイクル緑店のスペシャライズドの試乗会に行ってきました。

スペシャライズド試乗会

試乗したのはS-WORKSのROUBAIX SL4とTARMAC SL4、そしてVENGE ELITEの3車種。

まずはROUBAIXに試乗。正直こんなものかな、という感想です。確かに加速もいいし、乗り心地もなかなかいいし、コースにちょっとした上り坂が有りましたが、ヒルクライムもそこそこ楽だし。良いバイクです。それにカッコイイし。でもなんかピンときませんでした。

スペシャライズド試乗会

お次はVENGE ELITE。これは固かった(−_−;)
路面からの突き上げがすごくて、しかも若干もっさりしていて加速はイマイチ感がありました。これはちょっとだめだったなあ。しかし、見た目はROUBAIX同様グッド(^^)b

そして、TARMAC SL4。これもVENGEとまではいきませんが、路面からの突き上げがすごかった。しかし、さすがに加速はかなりいい。ルックスもカラーリングもかっこいい。

スペシャライズド試乗会

そして最後にもう一度ROUBAIXに乗りました。何でかというと、同じコースなのにTARMACとVENGEはすごく路面の状況を拾っていましたが、ROUBAIXはそこまで感じなかったのでもう一度比較のためです。

やっぱりROUBAIXは振動吸収性に優れています。さすがにゼルツダンパーとコブルゴブラーシートポストです。かなり乗り心地がいい。スペシャライズドならルーベが自分に一番あっているようです。しかし、S-WORKS ROUBAIX SL4が88万円。ちょっと手が出ません。


それにしてもカミハギサイクルの皆さんは応対が丁寧で知識も豊富で素晴らしかった。もうちょっと近けりゃいいんだけどなあ。車で1時間以上はちょっと・・・・・(-_-;)




テンションメーターとフレ取り

スポンサードリンク
   


先日テンションメーターを購入しました。そこで、早速DURA-ACEのWH7900-C24-CLのテンションをチェックしました。まずは振れ取り台にセット。

m-IMG_1784.jpg

それから左右のスポークを1本ずつチェックしていきます。 m-IMG_1767.jpg

このテンションメーターはスポークを挟み込んでスケールのメモリを読むだけ、とお手軽。 まずリヤホイールをチェックしてみましたが、昔やったフレ取りが悪かったのかテンションはメチャクチャ。しかしフレはほとんど無し。

結果はこちら

右(フリー側)
1 7.8 16.2
2 9.5 16
3 3.3 16.3
4 11.8 16
5 5.6 15.1
6 10.2 17
7 7.8 14
8 6.3 18.3
9 11 14.4
10 7.8 15.8
平均 8.11 15.91
MAX 11.8 18.3
MIN 3.3 14


平均値を取ってこの値に近づくように、なるべく同じくらいのテンションになるようにテンションメーターでチェックしながら1本1本スポークを張ったり緩めたり。悪戦苦闘した結果がこちら

右(フリー側)
1 6.3 16
2 9.3 13.1
3 6.8 13.1
4 7.3 15.1
5 6.5 13.5
6 6.8 13.8
7 7 12.5
8 4.9 15.8
9 9.8 14
10 7.5 12.8
平均 7.22 13.97
MAX 9.8 16
MIN 4.9 12.5


なかなか思うようにテンションを揃えられなかったが、それでも修正前よりはましになりました。フレもほぼ変わらず。しかし、コレ以上はダメでした。片方を張るともう片方も貼り直さないとフレが出るし、結構難しいし、根気も必要。次はもっと上手にやれると思いますが疲れたので終了。ちなみにフロントもやりましたが、こちらはほぼ差がなく問題はありませんでした。ちょっとは走りが良くなるかな。





BURA-sl in 福津峠

スポンサードリンク
   


BURA-slのコンポがSRAM FORCEからDURA9000に変更となりました。ただしブレーキは変わってません。お金がなかったので。それにSRAM FORCEのブレーキはかっこいいし。

早速翌日に試乗です。新城市の大原調整池の方へスタート。さてSRAM FORCEからどう変わったかというと、変速性能はいいはずなのに調整が甘いのかイマイチシャキッとしない(−_−;)

REFALEのコンポをアルテ6700からDURA9000に変更した時のような劇的な変化はありません。まあ、この日は相当な強風で、追い風の時は50km/h以上出るし向かい風や突風が吹いた時はふらついて走ることさえままならない状況だったからなんとも言えませんけどね。

BURA-sl in 福津峠

新城の大原調整池の辺りからは適当に流して、福津峠に出た。ここは久しぶり。T字路を右折して三ヶ日IC方面へ向かう。
BURA-sl in 福津峠

この後三ヶ日ICまで出て浜名湖の東側を走って帰宅。するつもりだったのだが、あまりのすごい風に煽られまくって危なかったので、最短で帰ることにした。走りがどうこういう状況ではなかったですw

それでもDURAに変更したというのは気分的にいいもので満足はしてます。もう少し暖かくなったら距離の長いヒルクライムもやってみたいです。BOMAのTH-9のカーボンホイールの性能もはっきり掴んでないしね。巡航はどうなのか、ヒルクライムはどうなのか。この先色々試してみないと。

BURA-sl in 福津峠