オヤジローディのヘタレ奮闘記

BH QUARTZ(ビーエイチ クォーツ)

スポンサードリンク
   


BH QUARTZ(ビーエイチ クォーツ)をミドルクラスのロードバイクとしてご紹介します。

まずBHについてですが、BHは創業は1909年のスペインのメーカーで元々は火器メーカーでした。スチールパイプの加工技術が優れていたために1923年に自転車業界に参入。そして8年後の1931年には、自転車の専業メーカーに転身してます。日本のミヤタも銃火器メーカーでした。

1934年、1935年、1986年、2004年、2006年と5回のブエルタ・ア・エスパーニャ総合優勝をしています。

この「QUARTZ(クオーツ)」はBHの2014年のニューモデルです。

 BH QUARTZ(ビーエイチ クォーツ)
なんかどっかで見たスタイリングです。

FELT Zシリーズ

FELTのZシリーズを彷彿とさせますねw
レースも出来てロングライドにも向いているというコンセプトが一緒なのでよく似た形になるんでしょう。長めのヘッドチューブ、アップライトなポジション。長めのホイールベース。コンポは機械式にも電動式にも対応しています。

インプレを見ると中々ソリッドな乗り味でいながらロングライドもこなせるという万能性が光るロードバイクだそうです。お値段はフレーム価格199,500円です。デザインに好き嫌いがありそうですがお買い得な価格と言えそうです。




PINARELLO MARVEL(ピナレロ マーヴェル)

スポンサードリンク
   


PINARELLO MARVEL(ピナレロ マーヴェル)を気になるミドルクラスのロードバイクとして紹介。

続々と2014年モデルが発表されてますが、昨年、今年とツール・ド・フランスを連覇したピナレロから新しいミドルクラスのロードバイクが発売されました。その名も「MARVEL」です。

「MARVEL(マーヴェル)」は人気モデルだった「FP QUATTRO」の後継バイクでピナレロ伝統のレーシングバイクの名前を復活させました。

正式名は「MARVEL 30.12 THINK2」です。ピナレロはこの「MARVEL」や「DOGMA 65.1」のように数字が名前に入ってることがあります。コレの意味はカーボンの材質のことです。

「MARVEL 30.12」なら30tで12Kという意味です。DOGMAなら65tで1kという意味です。なんかよくわからないですねw

簡単に言えば「t」は数字が大きいほうが、「k」は数字が小さいほうがいいカーボンということみたいですwww

そして「THINK2」の意味は機械式コンポ、電動式コンポのどちらにも対応しているということです。

PINARELLO MARVEL(ピナレロ マーヴェル)

フロントフォークはDOGMA 65.1 THNINK2と同じ形状の「ONDA 2V」を採用してます。エアロダイナミクスを意識した作りですね。トップモデルのドグマに非常によく似たデザインとなってます。ボトムブラケット規格はPF30です。

ライン構成は以下のとおりでフレーム単体の販売はないようです。
アテナ11S完成車 459,000円
アルテグラ11s完成車 439,000円
105完成車 359,000円
ティアグラ+105完成車 299,000円
ティアグラ+105完成車(EZ-Fit) 299,000円

これはちょっとというかかなり気になりますねー。今年のサイクルモードで多分試乗出来るんじゃないかと期待してます。

しかし、この時期は目に毒ですね。物欲が強く刺激されますwww




事故から1年

スポンサードリンク
   


昨年の今日は富士山一周を目論んで富士山の真南側からスタートし反時計回りに走って、山中湖を過ぎて半周ほどした真北側で事故しましたw

早いものでもう1年が経ちました。やった瞬間は大腿部骨折で車椅子か?、と思いましたが幸いに怪我も大したことなく、また長引くこともなくちょっとした事故成金というかロードバイクの修理代と見舞金でロードバイクも増えましたw

皆さんもくれぐれも事故にはお気をつけ下さい。本当に「注意一秒怪我一生」とはよくいったもので、運が良かっただけだとつくづく思います。これからも事故に注意しながら自転車ライフを楽しみたいと思います。

全然関係ないですが、怪我一生と打ったら最初は「毛が一生」と変換されました。こちらもそう願います(^_^;)



サイクルライト

スポンサードリンク
   


相変わらず暑い日もありますが、なんだかんだと秋らしくなってきて随分と日が短くなりました。秋分も知らない間に過ぎてた感じで、夜の時間のほうが長くなってます。

そんなわけで、日が落ちるのが早くなっただけに、割りと早い時間でもサイクルライトを点灯しなければならないシーンが増えてきますね。私はなるべくライトは点けたくないので夕方は走らないようにしてます。と言っても日中でもトンネルなどではサイクルライトを点灯します。

そこで皆さんはどんなサイクルライトを使っているでしょうか。自分も自転車用ライトを付けているロードバイクもありますが、光量が大きいものはかなりでかくなって、イマイチカッコ悪いので別のライトを使っています。

それは「CREE」という会社のライト。アメリカの会社で軍事用のLEDなどを製造してます。安くて強力なハンディライトを作ってます。ヘタレローディが使っているのがコレ。

コンパクトですが、結構明るいです。

最近手に入れたものはちょっと大きいですがさらに強力で随分と遠くまで光が届きます。
☆超大人気!!Ultrafire CREE XM-L T6 1600LM 5モード LED懐中電灯【メール便不可!!】
ナント、1600ルーメン。明るいですよ。

その他のCREE(自転車用)ライト

で、これらのライトをハンドルライトホルダーを使ってハンドルにセットすればコンパクトで強力なハンドルライトとして使えます。


ちょっとわかりづらいですが、こんな感じにまとまります。
IMG_9086.JPG
CREE サイクルライト



中々のオススメだと思うんですけど・・・・w




NEILPRYDE ZEPHYR(ニールプライド ゼファー)

スポンサードリンク
   


NEILPRYDE ZEPHYR(ニールプライド ゼファー)を気になるミドルクラスとしてご紹介します。

ZEPHYRは2014年モデルのブランニューロードバイク。
ニールプライド ゼファー


ヘッドチューブが長く、シートステーが大きく湾曲しており、さらにオフセットしたフォークエンドや後方につきだしたリヤエンド、そしてホイールベースも若干長めに取られているので明らかにロングライド向けのコンフォートモデル。

しかも単なるコンフォートモデルではなく、NEILPRYDEはパリ〜ルーベのような荒れた路面でも最大のパフォーマンスを発揮できることをコンセプトに開発されたレースモデルとアナウンスしてます。

雑誌のインプレを読むと見た目通り安定感、快適性が高いロードバイクだそうです。完成車はホワイト基調で、フレームセットは画像のようなブラック基調のカラーリングです。

お値段はフレームセットで¥273,000。
完成車はアルテグラ6800仕様で¥388,500です。

自分はNEILPRYDEのALIZEとBURA-SLに乗ってますがどちらも本当にいいロードバイクだと思います。だからこのZEPHYRも期待大なんですけどね(^^)
乗ってみたいです。今年のサイクルモードには多分出てくるでしょうから、今から試乗が楽しみです。




ビワイチ最終回

スポンサードリンク
   


自転車部ビワイチ走行会の最終回です。

さて第六休憩ポイントの道の駅「びわ湖大橋米プラザ」は結構な賑いで、みんなでのんびりと談笑。最初はここでレストランで昼食の予定でした。先にコンビニで食べちゃったのでここは、ちょっと休憩したら出発です。トータルで予定より遅れること40分。

さほどの遅れではないですが、みんなかなりの疲れてきている。だからそのまま南下してびわ湖の最南端の大津を通るルートを、急遽びわ湖大橋のショートカットコースに切り替え。それでもゴールまであと40kmほど。みんなびわ湖大橋の登り坂にビビりながら出発w


しかし、実際に上ってみるとそれほどでもなかったらしく皆あまりバラけることなく中間の展望ポイントまできました。

1309129自転車部ビワイチIMG_8789.jpg
びわ湖大橋から


1309129自転車部ビワイチIMG_8793.jpg
びわ湖大橋から


1309129自転車部ビワイチIMG_8792.jpg
びわ湖大橋から



天気が良くてしかも見晴らしがいい。絶景、絶景。湖面に白いヨットが映えます。みんなで記念撮影もして第九休憩ポイント(第七と第八休憩ポイントは大津の方面なので飛ばしました)へ再スタート。

ビワイチ


快適に坂を下って湖岸沿いの道に出て走ります。結構ゆっくり走ったつもりですが、大分バラけてしまい、先頭と最後ではかなりの差がつきました。長命寺そばの信号が第九休憩ポイント。最後の休憩ポイントですが、ここで最後の部員が到着したのが25分後。だいぶ疲れてるねw

ビワイチ

皆が集まったところでゴールに向けて最後の走行です。ここからもゆっくり走ったつもりなんですが3分もすると後続が見えなくなったので、最後だし好きなように走るか、ということでスパートしました。

ここからも30km/hオーバーペースで走りました。車が少し多いのを除けば道もいいし走りやすかった。途中で二股の交差点にでたので、細い湖岸沿いの左側の道へ入りました。ここは去年も走ったところ。去年と同じ所で記念撮影しました。

1309129自転車部ビワイチIMG_8800.jpg

1309129自転車部ビワイチIMG_8796.jpg

ビワイチ
去年のビワイチ

去年はTCR ADVANCED SEで走っていてここまでで180km。かなり膝が痛くてへばってました。この時は240kmを走りました。未だに自分の最長距離。

そんなことを思い出しながら、ゴールの曽根沼湖畔緑地公園まではあと数キロ。曽根沼湖畔緑地公園近くまで来て記念撮影。

1309129自転車部ビワイチIMG_8810.jpg
いい感じの公園です。

行きとは違う方から入ろうとしたら途中で砂利道になってしまい、結局引き返すことに。別の入口から公園内に入りました。

1309129自転車部ビワイチIMG_8815.jpg

公園内を走ってスタート地点の駐車場へゴォォォォォォル。一番乗りだあ\(^o^)/
部長の意地を見せれて幸せですwwww

しかし、道中みちくさをしたのでその後は思ったよりも早くみんなゴールしてきた。2番目は意外や意外、メタボ専務。モータアシスト付きお手製クロスバイクとはいえ、途中で車を運転してもらったりしながらでも100km位は走った。普段の運動嫌いを見てるだけによく頑張ったと思います。聞くところによるとバッテリーが切れかけてたので急いで走ったそうですw

そして続々と帰ってきて最後の一人がゴール。みんな無事に150kmを走りきりました。初めての長距離サイクリングで150km完走は凄いな。150kmを走りきったメンバーが自分も含めて6名。思ったより多い。みんなを見て思いました。これだけ根性のある若い連中がいてしばらくは我が社も安泰だなwww

ひとりずつ記念撮影をして、休憩しながら帰る準備をして帰路に付きました。養老SAで夕飯を食べ、無事に会社へ着きました。自転車を下ろしたりして後片付けをして解散。充実した最高のビワイチでした。本当に楽しかった。今まではほぼ一人で走ってきたけれど、気の合う連中と走るのがこんなに楽しいとは。車を貸してくれた会社とみんなに感謝です(^^)

IMG_8356_2.jpgみんなで記念撮影


今度は日本一つながりで富士山一周でもやろうかなwww



ビワイチVol.3

スポンサードリンク
   


第四休憩ポイントの「びわ湖こどもの国」までおよそ80km。30分ほど遅れて最後尾の連中がやってきました。予定からは40分ほどの遅れ。しかし、初めてで、しかも最初から30分遅れてることを思えば頑張ってると言えます。

ビワイチ

初参加の連中は全員初心者で、その上初めてのサイクリングでいきなりビワイチだもんなあ。正直よく来る気になったもんだw
みんなかなりヘロってますが、大したもんです。


この「びわ湖こどもの国」で休憩すること40分。11:20頃に出発。予定より50分遅れです。そして次の休憩ポイントへ。しかし、第五休憩ポイントまでは国道で車も多いし道も狭くて結構危険でした。みんな疲れてるしね。


道中でコンビニを発見。なかなかコンビニがないのと、だいぶバラけていたのでここで小休止をとって皆を待つことにしました。結局それに昼時なのでこのままここで昼食となりました。


自分は普段サイクリング中はあまり食べません。しかし、若い連中は疲れてると言いながらがっつり食べてました。若いって素晴らしいwww


そして第五休憩ポイントへ向けて再出発。ここからは車の殆ど走っていない安全なルート。コンビニでしっかりと休んだので、第五休憩ポイントではほとんど休憩せずに第六休憩ポイントの道の駅「びわ湖大橋米プラザ」へ向かいました。


ここで自分のTCR ADVANCED SEを貸しているH.M君がかなり遅れだしたので、自分が併走して部長としてしっかりとアドバイスをしてやりましたw


二人して遅れて第六休憩ポイント。「びわ湖大橋米プラザ」。ここはびわ湖大橋のたもとにあります。ここまで110km。よくぞ来たもんだ。

1309129自転車部ビワイチIMG_8787.jpg

1309129自転車部ビワイチIMG_8786.jpg



1309129自転車部ビワイチIMG_8788.jpg


続きます。



エリート Velodrome TRAVEL TRAC 3本ローラー

スポンサードリンク
   


3本ローラーを新しくゲット。今までは会社の人が3本ローラに乗れないというので無期限で借りていたものです。

ずっとじゃ申し訳ないんで新しく購入して、借りていた3本ローラーは返却しました。
ELITE(エリート) Velodrome TRAVEL TRAC 3本ローラー


これはヤフオクで安く手に入れました。
定価はいくらか知りませんが、多分2万円以上はするでしょうね。それが7000円で手に入りました。庶民の強い味方ヤフオク!

これからもお世話になりたいと思いますm(_ _)m

ちなみに現在はこんな3本ローラーが出品されてます。


ビワイチVol.2

スポンサードリンク
   


ビワイチその2です。


第一休憩ポイントを順調に通過して、しばらく走っているとK.Y君がこともあろうかパンク(−_−;)
さすがイニシャルがK.Yなら性格もKYな男。ランドナーでタイヤが650X1・3/8という太いタイヤ。それがパンク。一番パンクしそうもないのになあ。やっぱKYだわw


なんてことを言いながら他のメンバーには先に行ってもらい、自分が残ってチューブ交換をした。ここで役に立ったのがサポートカー。一応CO2ガスを持っていたが、サポートカーに積んであった空気入れが使えたのでラッキー。便利だな〜。


チューブ交換も済み再出発。この時点で皆に遅れること30分。ここからちょっと飛ばして快調に行きたかったところだがKY君が遅れ気味。そりゃ、ランドナーじゃあきついわな。


ビワイチ
橋の上で小休憩。

小休憩をして暫く行くと道の駅。ここでトイレ休憩。K.Y君には良い休憩になったようで、しかもコーヒーをおごってくれました。意外と気が利くなw
ビワイチ
余裕綽々の自分(^^)v

ビワイチ
バテ気味で遠慮がちに映るK.Y君w


ようやく第二休憩ポイントに到着〜。しかし、すでに他のメンバーは先に行ってました。ここでK.Y君と走っていて気になっていた、K.Y君のサドル高を直した。どう見ても高そうに見えたのでのでサドルをちょっと下げてやった。そしたら楽になったそうだ。ここからまたK.Y君とのふたり旅。


トンネルのところまで来ましたが手前が結構な坂です。自分にはなんてことのない距離ですが、K.Y君には相当きつかったようです。

ビワイチ
強がってみせるK.Y君w


この坂でK.Y君は更にヘロヘロにw
トンネル手前でしばし息を整えてからトンネルを抜け、お待ちかねのダウンヒル。道はいいし、車は来ないしでかっ飛び〜。


更に進んで再度琵琶湖に出た。ここからびわ湖の西岸を湖岸沿いに走るのだが、やっぱりK.Y君は遅れがち。身長が同じなので見るに見かねてヘタレローディのALIZEを(嫌だけどw)貸してやった。代わりに自分がランドナーに。実はこのランドナーは自分がK.Y君にあげたものなので久しぶりに乗る。


これで25km/hくらいで走った。遠慮せずにもっとスピード上げてもいいぞ、と言ったのだがこれが限界だったようだ。そしてようやく第三休憩ポイント。しかし、ここでも皆は待ってくれてなくて先に行っていた。


ビワイチ
第三休憩ポイントにて


サポートカーは待ってくれていたが、ドライバーに「二人に追いつかれないようにそそくさと行ったよ(実は嫌われてる?)w」と聞き、俄然ヒートアップwww


しかし、速く走りたいのだがK.Y君がかなりへばっている。そこでサポートカーに乗るように勧めた。元々、ランドナーなのでビワイチはかなりきついはず。本人も素直に乗ってくれたので、ここから一人で好きなように走った。



第四休憩ポイントの「びわ湖こどもの国」までは22〜23kmほど。15分遅れを挽回すべく30km/h以上でずっと走りました。琵琶湖の西岸の道は車も少なく、道もよくしかも信号がまったくないし、無風状態。好きなようにALIZEで走れる。第四休憩ポイントで追い付くつもりだったが、5kmくらい手前で全員抜き去ってやった。第四休憩ポイントへは一番乗り。ザマーミロ( ̄^ ̄)ゞ ← 大人げないw


ビワイチ
皆をぶち抜いて上機嫌w


いい気になったところで続きます。



第三回自転車部走行会 ビワイチVol.1

スポンサードリンク
   


2013年9月28日はかねてより計画していた第三回自転車部走行会。初の遠征でびわ湖一周のいわゆるビワイチをやりました。

9月27日の仕事終了後、8名で彦根まで車で移動して前泊。翌朝4:30に社外部員2名とホテルから15分ほど離れた琵琶湖岸近くの曽根沼湖畔緑地公園へ向けてホテルを出発。


真っ暗闇の中、道に迷いながら集合時間の5:00に到着。無事社外部員のお二人も合流して、自転車を下ろし、色々とセッティングしてたら出発予定時刻のの5:30を過ぎて5:55にようやくスタート。いきなり30分ほどの遅れですが、こんなもんかなwww

IMG_8356_2.jpg
出発前に記念撮影




今回は社外部員のお二人は完走する自信がないそうで、といより完走する気が元々無い、ということなので車に自分の自転車を積んでを交代しながらビワイチに参加したり、車を運転してもらうことになりました。いわゆるサポートカーみたいな感じです。これはありがたい。

さて、今回は自分はALIZEで走ることにしました。巡航が得意な上結構登りも楽な万能エアロロード。空は抜けるような青です。みんな勢い良く走りだしましたが結構寒い。すぐに近くのコンビニで水を買いがてらアンダーシャツを着る。

ビワイチ


本当に物凄くいい天気です。琵琶湖が台風の影響もなくなって水がとても綺麗です。先週までは水が濁ってたそうです。

ビワイチ




ビワイチ
豊公園

順調に第一休憩ポイントの豊公園に到着。
遠くに豊臣秀吉の出世城として名高い長浜城が見えます。さて豊公園を出発して順調にいってましたが、ここでトラブル発生!!


続きますw