オヤジローディのヘタレ奮闘記

SRAM Quickview Garmin(スラム クイックビュー ガーミン)

スポンサードリンク
   


SRAM Quickview Garmin(スラム クイックビュー ガーミン)はGARMINの人気のサイクルコンピューターのEDGE500やEDGE800をハンドルバーにマウントするアイテムです。

GARMIN500をハンドルバーに固定するのにGARMIN500Jに付属していたマウントキャッチを使ってました。しかし、どうも視線が近すぎて使いづらいのとイマイチカッコ悪い。なので以前からこの手のマウントバーが欲しかったのですが、高くて買う気がしませんでした。

しかし、どうしても欲しくなり安いのを探していたところ、見つけたのがこのSRAM Quickview Garmin(スラム クイックビュー ガーミン)です。

SRAM Quickview(スラム クイックビュー)

こんな状態から

SRAM Quickview(スラム クイックビュー)

感じになり、とても見やすくなりました。しかも安い。少し無骨な感じもしますが20gと軽量だし気に入りました。ついでに他の2台にも購入しましたw

だってね、他の製品の約半値くらいなんですよ。オススメです。


SRAM Quickview Garmin(スラム クイックビュー ガーミン)はこちら

ああ、そうそう。ネジの頭が星形の日本では珍しいタイプですが、普通のネジに交換すれば大丈夫です。自分はすぐに交換しました。だって走行中に緩むと専用レンチが必要ですから持ってくのめんどくさいもんね。




CARRERA(カレラ)のPHIBRA2(フィブラツー)

スポンサードリンク
   


最近気になるバイクと言えば、CARRERA(カレラ)のPHIBRA2(フィブラツー)。デザインが奇抜で目立ちそう。個人的にはとてもかっこよく思えますが、嫌いな人は嫌いでしょうね・・・・・・w



このフィブラ2は見た目通りフレームは1100gほどいまどきのフレームにしては重いですが、聞けばヒルクライムに向いてるそうです。ホントかいなw

しかも剛性が高そうに見えるのに意外とコンフォータブルらしいし・・。( ´ ▽ ` )ノホントカナ?


フレームで購入して余っている手持ちのコンポとホイールで組めば、ハイ一丁あがり、てなわけにはいきませんが、欲しいなあ! 今なら2012年モデルが安く出回ってますしね。脚は違いますが、物欲はノンストップのオヤジローディです。


でもさすがにロードバイクだらけになるし、お金も乏しいし。誰かGIANT TCR ADVANCED SEを買ってくれないかな。50万くらいで・・・・・・www


             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |  そんな奴いないお
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |






GIANT TCR COMPOSITE2

スポンサードリンク
   


GIANTのTCR COMPOSITE2をご紹介です。TCR COMPOSITE2はエントリーモデルに位置づけられてますがその実力は侮れませんw

TCRシリーズですからレース向けのロードバイクです。カーボンフレームにブレーキのみテクトロでその他のコンポは105、これでお値段しめて168,000円!
脅威のコスパです。GIANTのコストパフォーマンスにはただただ驚くのみ、です。いや、ホントにw

TCR COMPOSITEの画像はこちら
(こちらはTCR COMPOSITE SEですが見た目は同じです)



さすがにTCR ADVANCEDに比べると車重も走りも重いといえますが、あくまでもTCR ADVANCEDと比べてです。値段以上の性能を有しています。

実際には試乗したことはありませんが、ネットや雑誌のインプレをまとめまると、登りはまずまず、乗り心地は若干固いようですが、乗り心地が悪いということはなさそうです。そこはGIANTですから・・・・。

微振動がTCR ADVANCEDシリーズと比べると若干伝わるみたいです。バランスは良くてコーナーリングは安定してるそうです。


レースのエントリーモデルとしては申し分なさそうですし、ロングライドもこなせます。









キャプテンクロスバイク

スポンサードリンク
   


自転車部ビワイチがあと2週間ちょっとに迫ってまいりました。気が付けば総勢10名という大所帯。しかもろくすっぽ自転車に乗ってない奴も結構いる。どこまでなめとんじゃあヾ(*`Д´*)ノ"


とは言わずに、「みんな頑張ろうねー。遅れたら置いてくねーw」といいつつビワイチの日を待ってます。


ところで、我社の自転車部キャプテンは専務です。会長命令によりキャプテンになりました。ちなみに自分は部長です。その専務がビワイチ用の自転車を組み上げたとクロスバイクをわざわざ会社に持ってきてくれてお披露目会。皆で試乗しました。


サドルにまたがりペダルを踏み込むと素晴らしい加速。これはいい。一漕ぎ目は大したことはないが、ふた漕ぎ目からギュンと飛び出す感じ。気持良か〜


しかし、よく見ればアルミのクロスバイクで結構重そう、というより何か色々と付いている。聞けば、今度のビワイチ用にアシストモーターをわざわざ組み込んだスペシャルバージョン。本人曰く体力がないのでインチキする、とのことw


しかし、ビワイチはおよそ180km。バッテリーは持たないでしょう、と言うと四つ持ってる、だって。


準備良すぎw
いっそ、原チャリか車で後ろからアシストカーのようについてきてもらった方がいいような気がするけど・・・・・www




KUOTA KURAROの性能は?

スポンサードリンク
   


久しぶりに気になるロードバイクを書きます。

今回は先日の記事で我が自転車部部員のT君のニューバイクとして紹介したミドルクラスのKUOTA KURARO(クオータ クラーロ)です。まだ納車されてませんので私が昨年のサイクルモードフェスタ in 大阪で試乗した時の感じを交えて書きます。

KUOTA KURARO


KUOTA(クォータ)は2001年に登場したイタリアのバイクブランドです。モノコック構造のカーボンフレームの製造に長けていると言われてます。新しいブランドですが、すでに高性能なロードバイクで人気を博しています。

ラインナップはヒルクライムマシンのKOM、万能性能のK-UNO、高性能なエントリーモデルのKHARMAなどなど。2014年はレーサーマシンが多いKUOTAでは珍しいコンフォートバイクのKIRAL(キラル)とそのシクロクロス仕様のKHYDRA(キドラ)も発表されてます。


そしてこのKURAROですが、名作と言われたKEBELの後継機でプロサイクリングチームの宇都宮ブリッツェンのメインバイクです。宇都宮ブリッツェンは国内最高峰のシリーズ戦である「JBCFロードシリーズ(全日本実業団自転車連盟主催)」や、国内の「UCI(国際自転車連合公認)レース」を走っている強豪チームです。KURAROはそれくらいの高性能なロードバイクということですね。


エアロバイクですのでそれなりのフレーム重量ですが、ヒルクライムも結構いけるそうです。ブリッツェンのクライマーの堀選手も使ってるくらいですからかなりの上り性能でしょう。自分が試乗した際も反応の高さ、発進加速も鋭さにびっくりしました。それでいてロングライドもこなせる万能性が光るマシンです。


デザインに関しては好みがありますが、個人的にはかっこいいと思います。そして驚きなのがお値段。これだけの性能でフレーム価格が199,800円とお値打ち。

完成車でも
   412,000円(税込)アルテグラDi2完成車
   320,000円(税込)アルテグラ完成車
   268,000円(税込)105完成車

といい仕事してます(古いなw)

自分の持っているALIZEに性能も価格もよく似た感じです。ALIZEの方が若干乗り味が柔らかめな感じで乗り心地が良い感じがします。T君のバイクが納車されたらちょっと借りてみようかと・・・・・。でも身長が15cmも違うからなあ・・・・・・orz。


このKUOTA KURAROは個人的にはかなりオススメのロードバイクです。










BURA-SLで豊橋市白須賀ポタリング

スポンサードリンク
   


8月31日はBURA-SLで静岡県西部から豊橋市白須賀の辺りをポタリング。本当は浜名湖一周か天竜川加工の竜洋海洋公園まで走ろうかと思っていたのだが、天気が心配だったので短距離にした。


今回はBURA-SLにALIZEに履かせている38mmハイトのカーボンホイールをつけて走ってみた。若干踏み出しが軽いような気がするし、なによりも多米峠が最短記録。今までは同じBURA-SLの5分9秒だったのが今回は5分3秒ともう少しで夢の5分切りというところまできた。


カーボンホイールのおかげかどうかは微妙なところだけどねw
ただしJETFLYが前後で1520gほどでこのカーボンホイールは前後で1250gと270gも軽量だから上りには有利に働いたとは思う。

NEILPRYDE BURA-SL

タイヤは同じHUTCHINSONのATOM COMPで同じなので交換しなかった。だから色がへんちくりんな組み合わせ。端から見たらおかしなロードバイクだwww


結果的にはNOVATECのJETFLYと大きな違いを感じられなかった。もしカーボンホイールで走りが劇的に変われば購入する予定だったのだが、このままJETFLYで走ることにした。


もう少し走りこまないと分からないな。



GIANT TCR ADVANCED2のご紹介

スポンサードリンク
   


今回の気になるミドルモデルはGIANTのTCR ADVANCED2です。


GIANTは言わずと知れた世界最大の自転車メーカーで、自社でカーボン原糸からフレームを作れるという稀有なメーカーです。プロチームにもバイクを供給してて、最高の品質とコストパフォーマンスのブランドです。



そして今回紹介するTCR ADVANCED2はレースモデルのセカンドグレード。トップグレードはTCR ADVANCED SLというシリーズで、セカンドグレードがこのTCR ADVANCEDシリーズです。


TCR ADVANCED2の画像はこちら


フレーム価格が21万です。そして驚くのが105仕様でホイールはGIANTオリジナルのGIANT P-SL1のTCR ADVANCED2の価格。これで239,400円!


フレーム価格にわずか3万弱プラスするだけで105仕様のロードバイクが手に入るわけです。正直コレを買っておいて暫く乗って、物足りなくなってきたらホイールやコンポのアップグレードをすればお気に入りの高性能マシンになります。


自分は2011年モデルのTCR ADVANCED SEに乗ってます(事故してトレーニング用に特化させてます)。めちゃくちゃいいバイクです。ヒルクライムは速く、若干リヤがバンピーな感じがありますがロングライドもこなせて(実際に自分の最長記録の240kmでも難なくいけました)、そして反応が高く加速がいい。巡航性能もかなりのハイレベルで速度維持が楽です。まあ、ぶっちゃけ言うと値段からすれば最高のバイクと言えます。それがさらに進化したのが今のTCR ADVANCEDシリーズ。


独特のスローピングのデザインが気に入ればオススメです。買って損はしないと思います。








KUOTA KURAROの購入

スポンサードリンク
   


新しいロードバイクのKUOTA(クオータ)のKURARO(クラーロ)です。

これです。
KUOTA KURARO
KUOTAのKURARO。見た目もかっこいい高性能なエアロバイク。


と、言っても自分が買ったのではありません。さすがにへそくりは底をついて、今まさに東三河の水がめ宇連ダムの貯水率と同様に危機的状況になってますからw


これは自転車部のT君のニューバイク。T君にお薦めしてたのはTREK MADONE5.2、ANCHOR RL8、GIANT TCR ADVANCED2でしたが、本人が色々と調べたり試乗したりした結果、KURAROに辿り着きました。いい選択だと思います。実はKURAROもオススメなんですが扱っているところを知らなくて敢えて言ってませんでした。


正直、自分も去年のサイクルモード大阪で試乗した際に、MADONEと今乗ってるALZIEとこのKURAROを次回の候補車に挙げてましたから。


KURAROはデザインもよくて、加速性も高くてよく走るいいロードバイクです。納車は9/8頃だそうです。これでビワイチに挑戦です。正直寄せ集め(さらに2名増えました)の自転車部なので本格的なロードバイクに乗るのはT君を含めて3人。ちょっとはましになってきたかwww