オヤジローディのヘタレ奮闘記

BURA-SLで大島ダム(愛知県新城市)

スポンサードリンク
   


8/18にはBURA-SLで愛知県新城市の朝霧湖にある大島ダムまでサイクリング。


新城の嫁さんの実家に娘を送りがてら、近くの公園に車を移動してBURA-SLを降ろしてレッツゴー。新城市は車が少ない上、道も景色もよくてお気に入りのコース。特に宇連川は水がすごく綺麗で気持ちがいい。

BURA-SL
湯〜湯〜ありーなの裏。宇連川はとにかく水が綺麗。

BURA-SL
鳶が気持ちよさそう。

BURA-SL
大島ダムに到着。

大島ダムには何度も来てるのだが、上りが続いてきついイメージが強い。しかし、BURA-SLならかなり楽に登れた。やっぱりヒルクライムには持ってこい。

さて、大島ダムはいつもダムの上を渡って南側を通るのだが、今回は初めて北側のルートを走った。道が狭くて走りにくかったし、途中で通行止めの看板が。とりあえず自転車なら行けるかもと思ってそのままゲートを越えて走っていった。
BURA-SL

BURA-SL
さらに走ると大きな穴のあいた工事現場。しかし左端に板がかけてあるのでBURA-SLを担いで渡って、さらに進んだら工事とは関係なく、土砂崩れで通行止めw 結局だめじゃんか・・・・orz

130818大島ダムIMG_8535_2.jpg


手前で多くの人が湧き水を汲んでいた。並んでいる人がいっぱいいたけどボトル1本なので先に入れさせてもらえた。ありがとうございます。冷たくて美味しい〜。

帰りは頑張って飛ばしてみましたが、どうにもスピードが維持しにくい感じが拭えない。スピードはちゃんと出るんですけどね。


BURA-SLで船明ダムポタ

スポンサードリンク
   


8/17は午前中に映画の「パシフィック・リム」を観てそれから浜松市市野のイオンに買い物に出かけた。

ついでによく行く船明ダムが近いのでBURA-SLを車に積んで行った。欲しいものは売ってなかったので即座に「あらたまの湯」の近くまで車を移動させてBURA-SLを降ろして船明ダム目指して出発した。

BURA-SL


相変わらず暑いが、時間が4時頃だったので日中ほどではなくちょっと楽。結局船明ダムを通り抜けて天竜川の右岸を走り、適当なところで橋を渡って左岸を戻ってきた。割りとヒルクライムがあるルートだがBURA-SLだとやっぱり楽に登れる。その分平地の巡航は少しスピード不足な感じだけど。

BURA-SL

BURA-SL
相変わらず景色がいい。


合計で40kmほど走って終了。それにしても日が短くなってきたと痛感。そろそろ涼しくなってくるのかな。




新しいヘルメット

スポンサードリンク
   


新しいヘルメットを手に入れました。

これです。
BURA-SL

カラーリングが気に入ったのとエアインテークの口が大きくて涼しそうに見えたから。「MERIDA」のロゴシールが貼ってありましたがはがしましたw

で、かぶった感じは確かに風がよく入って涼しい。汗っかきな自分には持って来いです。ちなみにこのヘルメットのお値段はナント880円。

ヤフオクで買いましたが、送料を合わせても2000円ほどとお値打ちでした。自転車のパーツをヤフオクでよく探しますがたまに安くていいものが手に入ります。やっぱりヤフオクは便利だあ(^^)b

自転車関連のヤフオク







BURA-SLのホイール交換

スポンサードリンク
   


BURA-SLのホイールをキシリウムエリートからNOVATEC JETFLYに交換しました。

BURA-SL


アルミリムでハイトは32mm。なかなか渋いデザインでBURA-SLにあってると思います。NOVATECはハブをOEMで供給してるメーカーだけに値段の割にはよく回るホイールです。重量は前後で実測1520g。カタログ値は1435g。随分と違いますが、まあご愛嬌。海外メーカーなんでこんなもんでしょうw


タイヤはお気に入りのHUTCHINSONのATOM COMPの赤。これで結構派手な感じに仕上がりました。



安くてなかなかいいホイールです。







別府史之とカンチェラーラとシュレク兄弟

スポンサードリンク
   


ちょっとびっくり、というか嬉しいニュース。

「来シーズン、レディオシャック・レオパードからUCIライセンスを移行されるトレックの新チームと別府史之選手が2年契約を結びました。シュレク兄弟やカンチェラーラと同チーム」 

フミがあのカンチェラーラ、シュレク兄弟と同じチームとはね。活躍して欲しいもんだ。頑張れ!





BURA-SLのインプレ

スポンサードリンク
   


この間、少し時間がとれたのでBURA-SLで20kmほど走ってきました。本当はもっと走りたいのですが、日中は暑くてその気になれないし、なぜか時間が上手く取れない。


ところでBURA-SLに乗るなら自分程度の脚力ではもったいない、ということがわかってきました。もっとエンジンを鍛えないとあかんですね(^^ゞ


BURA-SLはおもいっきり踏み込むと面白いです。ちょっと頑張るだけで50km/h位までなら難なく加速してくれます。コレ以上は自分の脚力ではさほど伸びないでしょうが、それにしてもこれは快感(^ ^)b


BURA-SLの剛性が高いという話ですが、今回ようやく実感出来ました。今までよく分からなかったんですが、カチッとした感じを味わうことができました。ある程度スピードを上げないと剛性感もへったくれもないということですねw


BURA-SLは乗れば乗るほど面白くなってきます。25-28km/hくらいでのんびり流せばロングライドも楽そうですし、気合入れて漕ぐとすごい加速です。ヒルクライムは言うに及ばずで、ALIZEとはまた違った万能性を発見しました。すごく楽しいです。




ロードバイク4台乗り比べ

スポンサードリンク
   


8/4(日)に少し時間が出来たので、全く同じコースで手持ちのロードバイクBURA-SL、ALIZE、REFALE、TCR ADVANCED SEの4台の乗り比べをしてみました。


正直、このところ自分が不感症というか贅沢というかどれに乗っても満足せず不満がでます。とにかく楽して速く走りたい、という気持ちが強くてあれこれと気に入らないところばかりに目がいってました。自分の脚力を差し置いてw


というわけで、実際初めて乗った時に感じた各ロードバイクの性能差をもう一度比べなおしてみようと思ったわけです。


それぞれに良さや細かな違いがあります。例えばBURA-SLならヒルクライムが楽、ALIZEは快適で巡航性が高く、REFALEは安定感があってコーナーワークが楽しく、TCR ADVANCED SEは万能です。


しかし、結果はアベレージスピードはどれも殆ど変わらず、という結果でしたwww
結論はやっぱりエンジンを鍛えるのが先ですね。それにそれぞれの持ち味をもっと楽しむべきですね。


ところで秋には自転車部でビワイチをやることに決定しました。参加予定人数は8人、そのうち6人がほぼ素人。琵琶湖一周が約180km。180kmはおろか、100kmも走ったことがない連中ばかりで大丈夫なのかw? まあ、なんとかなるっしょ(^^)b


リタイヤは許さんぞーヾ(*`Д´*)ノ"