オヤジローディのヘタレ奮闘記

ELTE(エリート)のボトルゲージ

スポンサードリンク
   


BOMA REFALE用にELITE(エリート)のボトルゲージを買いました。

ライトグリーンのボトルゲージです。でもよくみるとREFALEのライトグリーンのラインはどちらかと言うとイエローに近い。

いっそイエローのボトルゲージの方が良かったかも。でも、明るくなって派手になったw

ELITE ボトルゲージ


次はシートポストリングだけど、ネット注文しても品切れ、大きなサイクルショップに行っても品切れ。うーん、困った(*´Д`)






携帯式ハイブリッドポンプ

スポンサードリンク
   


ロードバイクに乗る時は予備チューブと携帯式ポンプは必須。ですが、初心者の方で意外と忘れる方いるみたいですね。パンクしたらお手上げです。

さて、最近はCO2で「プシュッ」と楽に空気が入れられる携帯式ポンプがあります。しかし、これ失敗するときもありますw

この時に予備があるか携帯式の手動空気入れがあればいいですが、どちらも持ってないとこれまたお手上げです。かといって2つ持つのは面倒くさいと言う方におすすめなのがこれです。

ハイブリッド空気入れ
TOPEAK [PPM08800] HybridRocket HP トピーク ハイブリッドロケットHP [049522_11_2topek_]

TOPEAK [PPM08800] HybridRocket HP トピーク ハイブリッドロケットHP [049522_11_2topek_]


これ1本で片方はCO2インフレーター、もう片方はハンドポンプとして使えます。米式と仏式のどちらにも対応していますしね。1台2役の便利なミニポンプ。

これはいいと思いますよ。



マレーシアのリゾート地ペナン島

スポンサードリンク
   


さあ、一昨日でマレーシアでの仕事が終わりました。そして昨日の夜9:30に関空に到着です。そのまま大阪に1泊です。

一昨日もまたまた朝7時にホテルを出て、クアラ・ルンプールからペナン島まで飛行機で移動した後、相手の会社に入りました。

この会社はマレーシアでも屈指の会社のようで、高速道路を作ったり、土地開発で高級住宅地を作ったりしていて、いわゆるデベロッパーです。


マレーシアペナン島
その会社の屋上からの風景です。

話は弾みましたが、うちの会社ではとても扱えない大きな案件だったので潔く撤退となるでしょうw

ホテルに帰る時にこの会社の方がショッピングセンターまで連れて行ってくれたので土産物を買いました。その名もガマソープ(GAMA SOAP)。

前回も買って行きましたが、いわゆるナマコの石鹸。ガイド本にマレーシアで大人気というので探してたんですが、通訳の人いわく全然人気じゃないようですw

ガセネタだったんやね(*´Д`)
前回の時もお店の人に聞いても知ってる人がほとんどいなかったし、おかしいと思ったんだよね。(←早く気がつけよw)

でも、このショッピングセンターでは安く売ってました。一緒に行った会社の人と大量に買い込みました。レジでお姉さんは笑ってました。「コノニホンジンタチハナニカンガエテンダ?」と、心のなかではそう思っていたでしょうw

ま、なにはともあれ仕事も全て終わり、お土産もほとんど買ってヤレヤレε-(´∀`*)ホッ

マレーシアペナン島
ホテルの前は海です。さすが有名なリゾート地です。行ってから知りましたけどw
からりとした暑さで割りと過ごしやすいです。でも37℃ありました。

マレーシアペナン島
ショッピングセンターで見かけたイスラム教徒用のお祈りの部屋。

マレーシアペナン島
ホテルの部屋も快適です。

夕方からガーニードライブという有名な屋台街に行って来ました。
ペナン島ガーニードライブ

ペナン島ガーニードライブ
そこでの食事です。どこで食べても似たような味ですw




マレーシア クアラ・ルンプール

スポンサードリンク
   


一昨日は朝早くにシンガポールを出発してマレーシアの首都クアラ・ルンプールに入国。飛行機で50分ほどです。

空港についたら、今回の訪問先の方が空港まで迎えに来てくれてホテルまで移動。チェックインタイムまで間があるので荷物のみ預かってもらって、早速相手先に訪問。ミーティングを済ませてホテルまでまた送ってもらいました。その後の予定は無かったのでフリータイム。

さて、マレーシアは今回で5回目の訪問。しかもほとんどがクアラ・ルンプールだから特に行きたいところもなく、会社の事務員用のおみやげを探しに歩いた。その他の連中には出国前に「世界のおみやげ」で先に買っときました。これ便利っす

結局、これといったものが見つからず(毎回ですけどね、日本と売ってるものがあまり変わらないので)、本店が台湾にあるディン・タイ・ホン(鼎泰豊)でちょっと早めの夕飯にしてホテルに帰りました。

ディン・タイ・ホン
ディン・タイ・ホンは台湾に本店がある小籠包の店。とても美味しくて中華料理好きな自分としては大好きな店です。日本にも名古屋のJR高島屋にあります。他にもあるのかな?

メリアホテル
クアラ・ルンプールでの常宿ホテルのメリアホテル。シンガポールのホテルの4倍くらいの広さです。これでも1泊8000円くらいです。シンガポールのホテルの3/4です。場所もよくて良いホテルです。

以前に来た時に撮った写真です。

ペトロナスツインタワー
有名なペトロナスツインタワー。

アクアリア
その地下にある水族館「アクアリア」。トンネルがすごくて、しかも通路は自動で移動してくれます。ここは必見です。

マレーシア
3回めの訪問の時に出くわした祭りの龍。これは確かクアラ・ルンプールではなかったな。記憶が定かで無いww

これは今回発見した綾波レイ(?)日本のアニメ文化は確実に浸透している模様。
綾波レイ
それにユニクロやら伊勢丹やら日本企業はいっぱい来てます。

翌日も7時にはホテルを出発してペナンへ移動です。







ELITE(エリート)のボトルケージ

スポンサードリンク
   


新しいロードバイクのBOMA REFALEのフレームカラーに合わせてライトグリーンのボトルゲージを探していました。

しかしライトグリーンのボトルケージがってなかなかありません。ようやく見つけたのがこのELITE(エリート)のボトルケージ。



手触りもよくて、なかなかいいです。値段もそこそこですし。



マリーナ・ベイ・サンズ

スポンサードリンク
   


本日は午前中に現地の同業の会社にお邪魔して打ち合わせ。昨年のマレーシアの環境展で知り合った会社です。結構熱が入って昼の1時過ぎまで意見交換会。

当初は午後の予定もあったのですが、先方の都合で出発直前にキャンセルとなり、午後はフリータイムと相成りましたw

というわけで、シンガポールといえば新名所のマリーナ・ベイ・サンズへ行くことに決定!
と、その前にココイチで腹ごしらえ(何故か日本より辛くない)してから出発w

マリーナ・ベイ・サンズ
これが噂のマリーナ・ベイ・サンズ
おお〜、かっこいい。


折角だからスマップの宣伝に出てた屋上の船まで行ってみよう、と登ろうとしましたが入場料が20シンガポールドル(≒1600円)かかります。


ところが屋上の船全体に入れるのはAM10:00とPM2:00とPM9:00の3回だけで、しかも50人限定。先にチケットを買って予約もできますが、PM9:00にまた来る気にはなれません。


行った時間は3時半くらいだったので、とりあえず屋上には登れますが先端部分しか入れないそうです。しかも同じ料金。なのでやめました。


多分ホテルの宿泊客のじゃまにならないように配慮してるんでしょうが、最初から開放しなきゃいいのに。ちなみにこのホテル最低宿泊料金が4万くらいからだそうです。「貧乏人さ、来るでねえ」といった感じでしょうかw


しょうがないので中のショップエリアに行って来ました。
マリーナ・ベイ・サンズ


高価なブランドショップばかりが軒をつらねてます。ブルガリ、その他諸々(ブランドに興味がないので省略w)。何気にパテックフィリップ(腕時計のブランドね)があったので、ウインドウの中を覗いたら125,000シンガポールドルの値札。日本円に直すと1000万以上です。ここも「貧乏人さ来るでねえ」だったね。当たり前だけどw


1000万といえばこのマリーナ・ベイ・サンズの中にスーパーカーのフェラーリ458スパイダー(オープンカー)とランボルギーニ ガヤルドスパイダーに試乗できるところがあります。30分で5,6万くらいかな。


帰りながら少し離れたところから撮りました。
マリーナ・ベイ・サンズ
iPhoneの新機能のパノラマ撮影です。


近くにパルコがあったので寄って来ました。さすが日本のパルコです。庶民の味方です。マウスを日本に忘れたので買いました。9.9シンガポールドル。およそ800円です。かっこいいので気に入ってますwww


さてそろそろ帰ろうか、と外を見たらすごい雨。亜熱帯特有のスコールというやつです。傘を持ってないし、持ってても役に立ちそうもないくらい凄い降り方です。スコールなのでしばらく待てばやむだろうとスタバでジュースを飲んでのんびりと待ってました。予想通り1時間くらいでやみました。


明日は朝早くにマレーシアに飛びます。なんかこんな話を書いているとエリートサラリーマンのようです。当然全く違いますwww。


マリーナ・ベイ・サンズ
これは朝、通訳の人が飲んでいたロンガンコーンと言う飲み物です。コーンのつぶが入ってます。甘い飲み物だそうです。






シンガポールとマレーシアに出張

スポンサードリンク
   


昨日からシンガポールとマレーシアに出張です。夕方にシンガポールのチャンギ国際空港に到着。
シンガポール


暑い、暑すぎる〜
しかも多湿。まるで名古屋の夏だあぁぁぁ。

ま、それはおいといて今日は移動だけなのですぐに街を散策。

シンガポール
こういった高いビルがちらほら。


シンガポール
ホテル近く。こうやって道路にテーブルと椅子を出して食事するところが多いです。


シンガポール
近くのデパート。月曜というのに賑やかですw


シンガポール
モスバーガー発見。値段は日本より高め。



シンガポール
わかりづらいですが、ココイチも発見。こちらも少し高め。

適当に歩いて、店のおばちゃんに呼ばれて入ったお店。けっこう客引きに弱いですw

シンガポール
火鍋。こちらは鍋の真ん中に仕切りがあって2種類の味が楽しめます。
唐辛子をたっぷり入れました。これが悲劇の始まり

スープの味は5,6種類あって自分たちはチキンスープとスパイシーカリー味。
具はビュッフェ方式なので好きなものを選んで、好きなだけ入れれます。野菜、きのこ類、肉類、魚介類、麺類、豆腐や油揚げ、得体のしれない乾燥した何かw などなど。楽しいです。

火鍋が煮立ってきたら適当に具をぶち込んで食べます。美味しいです。特にチキンスープが美味しかった。辛いのは結構いけるので調子こいてたら唐辛子が気管支の方に入りかけてむせる、むせる


いやあ、きつかった。しかも最後に唐辛子をつい噛んで食べちゃったら口の中が火事です。ビールを飲んでも収まらないので、帰りがけにアイスを買って食べました。パルフェのようなアイスでしたが、日本で買えば120円くらいのが、何と350円くらい! シンガポールって物価たけーな〜


シンガポール
ホテルの部屋。ひとりで使いますが、この狭さ。このホテル4つ星なんですが、日本のビジネスホテルのほうが快適で広い。これで12000円くらいです。


ホテルマンもタクシードライバーもイマイチ愛想ないしね。予想と全然違ってシンガポールもやっぱり中華圏だね。








TCR ADVANCED SEで田舎道をポタリング

スポンサードリンク
   


3/24は夕方になってからTCR ADVANCED SEで我が家から南東方面をポタリング。

豊橋市のかなり東側にすんでいますが、さらに東側は山でその辺りを適当に走りました。
結構、田舎で葦毛湿原とういう有名な湿地帯があったり、山の方に入ると立派なお寺さんがあったり、ちょっとした冒険気分を味わえます。

センチュリオンクロスラインならフロントがサスペンションでタイヤも35Cとちょっと太め。だからかなりのダートでも走れます。でもTCR ADVANCED SEは28Cだし、元はロードバイクだからあまり無理せず一応オンロードを走りました。

楽しかったわーい(嬉しい顔)

葦毛湿原界隈
夕方からようやくお陽様が顔を出した。綺麗な夕日。

葦毛湿原界隈
もう少し後なら桜が見事だろうなあ。


葦毛湿原界隈

葦毛湿原界隈
花王株式会社の関連らしいけど、きれいな小庭園と言った感じ。梅の花も咲いていた。

豊橋市は適度に街で自然が豊かで海にも面していて住みやすいいいところです。
ここに引っ越してきてよかったといつも思います。



BOMA REFALEの感想

スポンサードリンク
   


昨日は会社の面々と50km(自分は自走も含めると86km)ほどではあったが、初サイクリング。ALIZEではなくて前日に組み上がったばかりのBOMA REFALEで走った。


BOMA REFALE
構成はコンポはアルテグラ。ホイールはDURA-ACE WH-7900-C24-CL、ハンドルはノーブランドのカーボンのウイングタイプのアナトミックハンドル、サドルはお決まりのタイオガ スパイダーツインテール。シートポストはDixnaのアルミ。ステムはよく分からないブランドの軽量アルミステム。タイヤはパナレーサーRACE TypeL light。



BOMA REFALEに乗った感じをインプレしまーす。

まず、他のREFALE乗りの方のブログをちょこちょこ読んでみたが、最初の踏み出しが軽い、という感想が結構あって、自分もそう感じた。スッと言う感じで漕ぎ出せる。


その他には適度なしなりを感じられる。このREFALEについては評価がまちまちで、硬いと言う人と、硬くないと言う人とに分かれているが、自分には調度良い、程よい硬さだと思う。このしなりが結構気持ちよくて、ALIZEのようにハイケイデンスでくるくるペダルを回すより、ちょっと重めのギヤで踏み込んだほうが楽しい感じだ。踏み込むたびにスッと前に出る感じ。


BOMA REFALE


乗り心地はかなりいい。ただ、フロントは割りと振動吸収性がよいのだが、リヤは結構バンピングしてしまう。ギャップを乗り越えた時にフロントが通過する時は適度にいなしている感じなんどけど、リヤが通過する時は後輪が結構はねる。この辺りはALIZEの方がしなやかだ。



ヒルクライムと言う程の上りはまだやってないが、上りには向いてるようだ。多分同じBOMAのVELNOの方がヒルクライムに向いてると思うが、REFALEも意外といけそう。


ホイールはDURA-ACE WWH-7900-C24-CLを履いているが、リムハイトの高いホイールなら巡航性もさらによくなると思う。中速域が気持ちのいいロードバイクで、全体的に値段の割に良いフレームだと思う。


その他に特徴的なのはコーナーリングが楽しいロードバイクということ。今まで乗ってきたどれよりもコーナーが簡単に回れる。自転車サイトのバイクインプレッションにも書いてあるけどそのとおりだった。


BOMA REFALEはレースにも使えそうだし、ロングライドもイケる万能型のロードバイク。その分特徴がないとも言えるかな。でも、癖がなくて乗りやすくて気に入ったw

BOMA REFALE














BOMA REFALEのシェイクダウン

スポンサードリンク
   


昨日は会社の自転車部(と言っても全部で5人ほど)の3人で新城市のこんたく長篠という鳳来牛で有名なレストランまで昼飯を食べにサイクリング。なんともゆるいサイクリングに出かけました。自転車部初のサイクリングですw

こんたく長篠

自分と一人はロードバイク乗りだが、最後の一人は初ロードバイク。自分が譲ったクロモリロードでの参加。

言い出しっぺの自分が先頭を走ることに。後ろを気遣いながら目的地に向けてGO!
本宮山の近くを通るルートだが、普段は仕事で車で通ってるのだが、自転車で通ると意外と起伏が激しい。車じゃこういうことは分かりにくい。


途中休憩をはさみながら1時間半ほどで「こんたく長篠」に到着。ちょうど昼時でタイミングがバッチリw
自分は「鳳来牛のハンバーグ定食」、残りの二人は「とりから定食」と「とろろ定食」を注文した。なかなかに美味しかった。
こんたく長篠
鳳来牛のハンバーグ定食



こんたく長篠
こんたく長篠の近くの豊川上流。水がすごく綺麗


しばらく談笑して帰路につく。今日は行きは凄い向かい風だったが、帰りもなぜかすごい向かい風。行きより凄いw

なので帰りは道中で結構バラけてしまった。それでも初心者のT君は初めてとは思えない走りで頑張ってついてきた。結構疲れたと想うのだが、彼はかなり楽しかったらしく、はまりそうな雰囲気。いい傾向だw

次回は4月くらいにやりましょう、ということで解散。いやあ、多勢で走るのも楽しいもんだなあ。

こんたく長篠
これがREFALEです。

REFALEのインプレは後日アップしますね。




REFALEが完成

スポンサードリンク
   


昨日の昼にサイクルショップに電話してBOMA REFALEの組立状況を聞いたら、ようやくアルテグラのクランクが入荷したとのこと。

本日の夕方までには仕上げてくれるそうだ(^^)

明日の土曜日は会社の人と自分の3人でサイクリングなのでREFALEが間に合ってよかった。初乗りだあ。どんなふうかな。インプレを後日書きますね。



小学校の卒業式

スポンサードリンク
   


昨日は小学校の卒業式。うちの娘は来年なんだが、PTA役員として出席してきた。やっぱり感動するなあ。

PTA活動も3年続けたけど今年で終わり。どうせなら来年までやって娘の卒業式に関わばよかったかな。

でもまあ、我ながら3年もよくやったと思う。自分がPTA活動に関わるとは夢にも思ってなかった。

ただ、やってみてわかったけど、知りあいがたくさん増えてよかったし、思ったほどは大変じゃなかった。いい思い出になるね。




BOMA REFALEとエクステンザ ビコローレ

スポンサードリンク
   


BOMA REFALEの完成が今週末くらいになりそう。アルテグラのクランクの入荷が一週間遅れるからだそうだ。

さて、今度のREFALEは白と黒とライトグリーンでまとめる予定。

そこでタイヤ。とりあえずはパナソニックのPanaracer(パナレーサー) RACE type Lをそのまま使用するけど、できればライトグリーンのタイヤがいい。

で、探した所何種類かあって良さげなのがこれ。


エクステンザ ビコローレ(EXTENZA BICOLORE)

写真ではブルーに見えるが、グリーンだそうw

エクステンザと言えば定評のあるタイヤで、しかも運良くグリーンがあってラッキー。いずれはこれにしようかと思っている。もしくはこのミシュラン プロ4 サービスクルスか。


今のタイヤはほとんど使ってないから、勿体無いのでまだまだ先になるだろうが、どうせなら見た目にも拘りたいからね。




ALIZEで「サンテパルクたはら」

スポンサードリンク
   


3/16の土曜日はいい天気だったので伊良湖岬へサイクリング。なんだかんだで10:00になってしまったがNEILPRYDE ALIZEで出発。

かなりの強風だがALIZEは向かい風に本当に強くてスイスイw
相変わらず乗り心地はよくて、快適に走れる。


サンテパルクたはら
ここは白谷海浜公園。南国ムード漂う植物。


サンテパルクたはら
パノラマ撮影した白谷陸上競技場。立派な競技場。高校生が沢山走ってたが、みんな速い(@_@)



サンテパルクたはら
渥美湾をバックに。内湾なので風が強い割には波が荒くない。


さて、伊良湖岬へ行く気だったのだが、夜はPTAの打ち上げ会。どうもこのまま伊良湖岬まで行くと時間が足りなくなるような気がしてきたので、「サンテパルクたはら」に進路変更。


「サンテパルクたはら」は伊良湖岬へ行くときのお約束の場所で必ずと言っていいほど寄る。ここは娘が小さい時によく来てたところで非常に思い出深い所。
サンテパルクたはら



ここからは大人しく、南下して太平洋側を走る。この辺りは交通量が少ない上に道が綺麗でALIZEは快調に距離を稼ぐ。


途中から北上して「万場調整池」に到着。ここはクリテリウムが行われる所で、みんな平均40km/h以上で40分くらい走るそうだ。一回参加を考えたけど、とてもじゃないけど自分には無理w
サンテパルクたはら



初めて来たけど、レースにはもってこいの場所だ。このあとは適当に走って帰宅。結構疲れた(´Д`)


走行距離が75km。平均時速が21.43km/h。
事故以来、なんか疲れる。あまり長距離を乗れないなあ。








BOMA REFALEはまだかいな

スポンサードリンク
   


BOMA REFALEが完成した、と言う連絡がちっとも来ないヾ(*`Д´*)ノ"

まだかな〜。早く乗ってみたいんだけどなー。

「果報は寝て待て」と言うけど自分はやだなw
待つの嫌いだし。食事に行って混んでて3分待たされるだけで他へ行くくらい気が短いのに。

でも、最近はオヤジになってちょっと我慢強くなってきた。5分なら待てるw


話がそれてしまったが、そろそろ電話が来るはずなんだが。待ち遠しい。






気になるロードバイク FELT AR5

スポンサードリンク
   


今回の気になるロードバイクはFELT AR5。



このAR5はエアロロードというロードバイク。自分が持っているNEILPRYDE ALIZEと同じタイプ。

このエアロロードはその名の通り特に空力性能に注力して作られたモデル。FELTは他社に先駆けてARシリーズのエアロロードモデルを作った、いわばパイオニア。



当然、平地巡航に向いていてトライアスロンやTT用のロードバイク。







FELT AR5



ALIZE

こちらは自分のALIZE。




2013年モデルのFELT AR5はブラックにオレンジというあまり見かけないカラーリングで精悍でかっこいい。エアロロードは空力を考えて、フレームチューブを正面から見てなるべく薄くするため横剛性が低くなる。それを補うためにカーボンの積層を増やすので自然重くなる。



このAR5もご多分に漏れずF5に比べるとやや重め。また値段も高め。近年はトライアスロンやTT人気を反映してか、各社からエアロロードがたくさんリリースされているが、最近の流行りはカムテール理論。翼断面ながら後ろ側をスパっと切り落としたチューブ形状。自分のアリーゼもそうだし、TREKの新型マドンも取り入れている。この方が空力に優れているそうだ。



今後エアロダイナミクスがもっと研究されて、レースモデルとエアロロードの垣根がなくなっていくかもしれない。

















キャットタワー

スポンサードリンク
   


我が家の愛猫ミルクのためにキャットタワーを買った。

キャットタワー

しかし、全く遊ばないw
全長最大260cm  突っ張り式 ネコちゃんタワー キャットタワー/ネコの家/猫タワー/爪とぎ
こんな感じなるはずだったんだがorz

無理やりのせてみた。
キャットタワー
この後速攻で降りてた(´・ω・`)

キャットタワー
カーテンレールの上の方がいいらしいwww




気になるロードバイク FELT Z5

スポンサードリンク
   


今回は前回に引き続きFELT。F5と並ぶ人気ロードバイクのZ5。

FELT Z5はロングライド向けのロードバイク。当然アップライトなポジション。しかし、プロの中にはエンデュランスレースでこのZシリーズの最上位機種であるZ1を使うプロもいるくらいだから、アップライトで楽なポジションだが、レースにも使えるスペックを持っている。




FELT Z5

2013年モデルはモデルチェンジをしていてさらにかっこよくなってます。

コンポは信頼のシマノ105。ただしBB30を採用しているのでクランクのみFSA GOSSAMARを使用している。フロントが50/34Tのコンパクトを採用。またリヤも11T-32Tと超ワイド。道路状況に応じて楽なギヤが選べます。F5より良いホイールが最初から付いている。もちろnその分F5よりちょっと高いw


Z5はロングライドに向いてますが、意外とレースでも使える性能で、ヒルクライムも結構いけるという話。ロングライドメインならF5よりもこちらのZ5の方がオススメだと思う。






気になるロードバイク FELT F5

スポンサードリンク
   


自分が最初に買ったロードバイクは2011年の8月の終わり頃に手に入れたFELT F5。

ロードバイクについての知識もあまりないまま、値段とかっこよさでネットで購入。FELT F5が届いた時は本当に嬉しくて、しかも乗ってみてあまりの軽さと速さに驚いた。 FELT F5は乗り心地がよくてロングライドでも疲れない良いバイク。割りと発進加速がよくて初心者には持って来いだと思う。

FELTでロード初心者におすすめするなら、このFELT F5、かZ5。フェルトのラインアップの中でも特にコストパフォーマンスが高いと思われる。


FELT F5(2013年モデル)

さて、今回は自分も乗っているF5について書こうと思う。FELT F5はレースモデルだが、レースを始めとしてオールラウンドに使えるロードバイクといっていいと思う。ヒルクライムもそこそこいけるし、振動吸収性も高く乗り心地もいいのでロングライドも得意。


ただし、ヘッドチューブは短めでトップチューブが若干長めなのでポジションはレーシーで前傾がきつ目になる。


自分はハンドル上のブラケット(ブレーキレバー)の位置を若干上に寄せたので比較的アップライトにしてある。代わりにステムの高さはそのままにして見た目をあまり変えずにポジションをいじった。

自分のF5は2011年モデルで、重量はノーマルで7.9kg(ペダルレス)ほど。ホイールが前後で2200gという重量級なので、現在はTOKENのC30Aという前後で1590g(実測値)のホイールにしている。5万円程度だが、よく回ってなかなかにいい。コスパは高いと思う。この状態で7.3kgほどと簡単に軽量化できる。


TOKEN C30A


あとはクランクをFSAのSL-K lightにして、コンポも事故したTCR ADVANCED SEからSRAMのFORCEを移植したので現在はペダル込みで7.3kgほど。ペダルが320gなので、ペダルレスなら6kg台とかなり優秀な数字。

FELT F5 ブラック
FELT F5


FELT F5のコンポは安心のシマノ105で、クランクはBBがBB30ということでFSA GOSSAMERがついている。実売価格も2013年モデルで19万を切るくらいかな。結構お買い得なロードバイクだと思う。FELTの主力バイクだから買って損はしないと思う。









好きなメーカー、気になるメーカー

スポンサードリンク
   


さて、今日は自分が好きな自転車メーカーと気になるメーカーを書こうかと。ロードバイクが基準。


まず、好きなメーカーだが、FELT、BOMA、NEILPRYDE、GIANT、TREK。基本、自分が所有してるバイクメーカーばかりだ。TREKはマ ドンが欲しいからw


気になるメーカーはピナレロ、KUOTA、SPECIALIZED、WILIERあたりかな。単純に一度乗ってみたいバイクがあるから。


現在はNEILPRYDE ALIZE、BOMA REFALE(組み立て中)、FELT F5(結構パーツを入れ替えてある)、TCR ADVANCED SE(事故に遭ってからフラットバーロード(クロスバイク化?)に改造)、センチュリオンクロスラインの5台。


ちょっと前まで10年くらい前に買ったルイガノのツーリングロードがあったのだが、同じ会社の息子さんに譲った。大事に乗って貰えるとうれしいのだが。